ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デイヴィッド・モイーズ


ヨミ: デイヴィッドモイーズ
掲示板をミル!
18カキコ!


llll''''llll,,   ,llll,   ll,   lll 'lll' lll''''llll,,     ,llll,   llll, ,,,ll'''''ll,,, 'll,  ,,ll' ll'''''''''  lll''''lll,,    'llll' lll''''lll,,      ,llll, llll   'lll  ,lll' lll,   ll, ,lll' llll lll   'lll     lll'll, ll'lll lll'   lll,  'll,,ll''  lll,,,,,,,,  'lll,,,,,,     llll 'lll,,,,,,,      ,ll' 'll, llll   ,lll ,ll'''''''lll,   lll,lll'   ll llll   lll'     lll 'll,ll' lll 'll,,   ,lll   lll   lll     ,,,  ''lll     lll ,,,  ''lll     lll'''''''lll, 'llllllll''''  ll'   'll  ''l''   'llll' 'llllllll''''     ll' 'l' 'll   '''llll''''    ll'   llllllllllll ''''lllll'''     lllll '''llllll'''    lll'   'lll lll'''''''''' ,,ll'''''lll,,  ,,lll''''lll,, ''''''lll'''''' ,lll''''''lll,,  ,llll,   ll     lll        ,,lll''''lll,, lll''''''''' llll,,  lll lll' ll   ll, ,lll''''lll, lll,,,,,,,, ,lll   'lll lll   'lll   lll   llll,,,,,,,lll'  ,lll' lll,  lll     lll       ,lll   ,,ll, lll,,,,,,,,  ll''ll,, llll lll lll  llll 'llll,,,,,, lll     'll,,   ,ll' 'll,,   ,lll   lll  llll   'lll ,lll''''''lll, lll     lll       'lll,  ''llll lll     lll 'll,llll lll lll   llll ,,, '''lll, 'll     ''''llll''''   '''llll'''    'll'  'lllllllllll'' ll'    ll llllllllllll 'llllllllllll     ''lllll'''ll' lllllllllll' ll   'lll' 'llll' '''llllll'''  '''llllll'''



デイヴィッドウィリアム・モイーズ(David Wiliam Moyes, 1963年4月25日 -)とはスコットランド・グラスゴー出身の元サッカー選手で、現在監督として活動している。

2002年から2013年までイングランドプレミアリーグエヴァートンFC監督を務めており、限られた予算でエヴァート
ンで達成した実績などに対してアレックス・ファーガソン、アーセン・ヴェンゲルケニーダルグリッシュなどから賞賛を得た。


選手としてのキャリア


モイーズは、現役時代、センターバックとして540試合以上に出場し、キャリアを開始したスコティッシュ・プレミアリーグセルティックFCではリーグ優勝を経験している。その後はイングランドスコットランドクラブを渡り歩き、プレストンノースエンドFCで現役を引退1998年に同クラブ監督に就任した。


監督としてのキャリア


フットボールリーグ・ディヴィジョン2(実質イングランド3部)で降格の危機していたチームガリー・ピーターズより引継ぎ揮を取った。彼はキャリアの大半を選手としてよりも導者として費やしており、22歳の時にコーチグランセンスを取得している。1997-98シーズンは降格を免れ、1999-2000シーズンにはディヴィジョン2で優勝し、監督として初のタイトル獲得と共にクラブをディヴィジョン1昇格へと導いた。昇格初年度にはリーグ4位、プレミアリーグへの昇格プレーオフ進出など結果を残している。


エヴァートンの監督


2002年3月に、ウォルタースミスの後任として、プレミアリーグエヴァートン監督に就任。

2002-03シーズンは、モイーズが始めてフルシーズン揮を執ったシーズンであり、監督たちの投票で選ばれる年間最優秀監督に選ばれた。2003-04シーズンには、成績が思うように振るわず、クラブ史上最低の勝点3917位でシーズンを終了し、降格を免れただけで終わってしまったシーズンとなってしまった。その後も、トマシュ・ラジンスキ、トビアスリンデロート、ウェイン・ルーニーなどがクラブを去った。ルーニーの自叔伝から抜し、モイーズがルーニークラブから出て行くようにし、メディア情報を漏らしていたと明らかにしていたが、モイーズはルーニーが謝罪し、賠償を支払うことに同意する示談が成立するまで、名誉毀損であると訴え続けたなどの事件があった。しかし、そんな混乱の中、エヴァートンシーズン開幕前の予想を覆す快進撃を続け、4位でシーズンを終え、モイーズは2度となる年間最優秀監督賞を受賞した。

その後の2009-10シーズンも、年間最優秀監督に選出され、元マンチェスター・ユナイテッド監督アレックス・ファーガソンの後任補と度々、噂されていた。

2008-09シーズンには、2009年1月19日に行われたFAカップ準決勝で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦し、PK戦の末、下し1995年以来となる決勝に導いたが、決勝で、チェルシーに1-2で敗れた。


マンチェスター・ユナイテッドの監督


2013年5月9日、サー・アレックス・ファーガソンの後任として、マンチェスター・ユナイテッドFC監督に就任する事が発表された。契約期間は6年。

就任後初のタイトルマッチとなったコミュニティシールドではウィガン・アスレティック(2部)を下し、監督としてはプレストンでの3部優勝以来のタイトルを獲得。
しかしその勢いを維持する事はできず、リーグ戦では開幕6試合で3敗を喫するなど過去24年間で最悪のスタートを切った。その後もチームの不調は尾に尾を引いてメディアサポーターからはバッシングが相次ぎ、大契約の就任1年にして解任をめるが上がる事態に至っている。

何故モイーズは非難されているのか?

2014年を迎えてもユナテッドの低迷とモイーズへの強当たりは留まる所を知らない。ニコニコ動画においてユナテッドの試合やハイライト動画を見ると彼へのバッシングや嘲笑、ネタにするようなコメント立つ。しかし、このような動きは内に留まらず、海外ネット上でも彼をネタにするコラ画像が多数出回り、Twitterでは#MoyesOutなるハッシュタグが誕生するなど散々な扱いを受けている。
「何もここまでかなくても・・・」「まだ1年だしこれから」「結果を出せない選手にも問題がある」といった擁護の意見も少なからず見られる中、何故ここまでモイーズユナテッドは非難を浴びているのか。その要点を以下にまとめる。
 

~ 単調な戦術 ~

彼はエヴァートン時代から前方に大きく蹴り出す、クロスボールを多用するといったダイレクトな戦術を好む監督として有名であり、マンチェスター・ユナイテッド就任後もそのスタイル継続しているが、戦果はイマイチである。また、中戦に特化している攻撃選手が不在にも関わらずひたすらクロスを上げ続けるという非効率的な戦い方は、リーグ最高峰の選手であるオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーイングランド代表FWウェイン・ルーニーを生かし切れていないというも多い。
クロスの本数が70本をえながら勝利を掴めなかったフラム戦後リーグ最下位に沈む対戦相手の監督からは「守りやすい」と一両断された。
 
 ~ 不可解な采配 ~

基本的に選手交代は上手くいかない。選手交代後の失点はもはや形式美である。その不可解な采配の代表例をあげさせていただく。

2013年9月1日 リバプール戦(away) 1-0 

ルーニーフェライニを負傷で欠き、多くのメディア香川のスタメンを予想していた・・・が、ベンチ外。代わりに出場したのは大ベテランギグス、本職がCFのウェルベックであった。案の定、バイタルエリアを使わない戦術を見破られ、ボールを持たされてしまいチャンスを作れず敗戦。終了後のコメントでは

々が支配していた。」

2013年9月22日 マンチェスター・シティ戦(away) 4-1 

同じライバルチームでもあり、2期連続で優勝争いを繰り広げたマンチェスターシティとのダービーマッチファン・ペルシーを負傷で欠くユナテッドであったがそれ以外はベストメンバーでもあった・・・が結果は残な惨敗。しかしながら結果以上に疑問を抱かせたのは采配であった。後半開始々に4-0となりながらも、1人しか交代させず(ヤング→クレバリー)、負けているチームベンチで座って眺める姿に多くのファン激怒した。

2013年9月28日 ウェスト・ブロムウィッチアルオン戦(home) 1-2

日本ファンの多くがモイーズへの疑念を持った試合であろう。左のサイドハーフ先発した香川ポジションを放棄するビュットネルアンデルソンなどのスペースを埋めつつ、チャンスを演出していた。しかしながら、後半開始時にルーキーであるヤヌザイを投入し、左サイドの守備が崩壊し2失点で敗退した。後半ベンチに戻ってきていなかったため、この采配には多くのファンBBCの解説ですら「怪でもしたんだろう」と推測していたが、試合後の監督コメント


「怪ではない。後半変化をもたらそうとした」 

 たしかに変化は起きた。

筆者が日本人のため香川に関することが中心だが、他にも多数存在する(スパニッシュスタイル「クレバリー」の重用、マタ加入後のバレンシアへの冷遇etc...)代表例だけでも多く存在するので、随時追記してほしい。
 

~ 偏向的な選手起用 ~

一貫したクロス信望のスタイルに加えて偏向的な選手起用も立ち、サイドハーフではイングランド代表MFアシュリーヤングエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアのように縦に強いドリブラーを並べる事が多い。
ここまでは単に監督の好みの問題で済む話であるが、結果が伴っていないにも関わらず固定されたメンバーを起用し続け、その傍らファーガソン体制時に一定の活躍を見せたメキシコ代表FWハビエルエルナンデス日本代表MF香川真司らの起用を頑なに見送り続けているため、ワールドカップを控えた各ファンのみならず現地のサポーターメディアからも懐疑的なが上がっている。
一方での移籍市場では、ライバルチームチェルシーFCからスペイン代表MFフアン・マタをクラブレコードの移籍で獲得し立て直しを図るも、上記の戦術にマッチしていない事もあって移籍に見合ったを発揮しているとは言い難い。また、兼ねてから補強ポイントに挙げられたディフェンスラインは手付かずであり、リーグ戦後半に突入してもなお不安定な試合が続いている。
 

~ 不名誉な記録 ~

赤い悪魔」として世界に名をかせる名門クラブであるマンチェスター・ユナイテッドで数々の栄と記録を作り上げてきた前任者のサー・アレックス・ファーガソン。その後任ともあって期待やめられる結果もそこらのクラブとは較にならない中で、デイヴィッド・モイーズは就任後わずか半年で幾つかの不名誉な記録を達成している。英公共放送BBCスポーツ専門チャンネルESPNらが掲載したものが、次の通り。


次へ»
最終更新日: 15/05/29 20:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ