ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デスルーラ


ヨミ: デスルーラ
掲示板をミル!
74カキコ!

デスルーラとは、ゲーム仕様を利用して、わざと死亡することで素的地に移動するテクニックである。


概要


タイムアタック制限プレイ動画で見られる用である。元々はドラゴンクエスト制限プレイの用

ルーラとはドラクエシリーズに出てくる行ったことがある町に一で戻ることができる呪文である。ドラクエシリーズではの最中に全滅しても所持が減るだけで、途中手に入れたアイテムはそのまま手元に残る。この仕様を利用し、ボス撃破・アイテム入手などの的を果たした後、わざと全滅する事によって町まですぐ帰還する方法をデスルーラと呼ぶ。同義デスリレミトがある。尚、リレミトダンジョンから脱出する呪文である。
こちらも単にダンジョンから脱出するためのリレミト的な場合と、イベント等で前の町に戻らなければならない場面で一気に長距離を戻るルーラ的な場合があるが、あまり区別されることはない。

ドラゴンクエストに限らず、死ぬとイベントの進行はそのままで一定場所に戻る処理がされるゲームであれば使用される。普通プレイで使用する例は希有であるが、TASや一部のRTAでは良く使用されている。


FFシリーズでは使えない


逆にFFシリーズでは、全滅したらFF6FF11を除きやり直しとなる為、「帰るまでが遠足」等と言われたりする。FF6に関しては、キャラの強さのみ維持で前回セーブした状況に戻ると言う特殊状況の為この的で使われる事はい。

同様に、ゲームオーバーすると最後にセーブした状態からやり直しになるタイプゲームでは使用できない。

FF11での扱い

一方FF11では、戦闘不能になると自宅(ホームポイント)へ帰還できるようになるので同様の的で使われる事がある。ただし、戦闘不能に与えられる罰則(デスペナルティ)は少なからずあるため、デスペナルティが免除・低減されるような場合を除いてあまり使われない。
一例を挙げると、忍者アビリティ「微がくれ」がある。このアビリティダメージを与える代償に戦闘不能になるのだが、その際デスペナルティいことから忍者限定の帰還手段として重宝されている。

近年では帰還用アイテムの低価格化・各マップ間のワープサービス充足などによって移動・帰還手段に困らない状況となっている。そのため、この手段が使われることは更に少なくなっている。


その他の場合


ゲームオーバーになることでイベントの進行をそのままに長距離を移動するというもの以外でも、死亡処理の例外的性質を利用して高速移動するような類似のテクニックがデスルーラと呼ばれることがある。

ロックマンなどのタイムアタックプレイで使われる小技として、ショートカットのためのバグ技を応用して通常ありえない場所でミスをし、本来たどり着いていない場所からリトライするというものをデスルーラと呼ぶ。制御が難しいためか、TAS動画以外で使われることはあまりない。

また、信長の野望革新では寡兵で出している武将をすぐに退却させたい時、敵軍に特攻してわざと壊走させ待ち時間ゼロに戻すという技があり、これもデスルーラと呼ばれる。こちらは人や南蛮商人が来訪しそうなのに大名が戦場にいる時などに使われる。使いどころが限定的な上に、討ち死したり捕縛されたりする危険が付きまとうので好んで使用する動画は少ない。

スーパーロボット大戦シリーズでは、精神コマンド「復活」を使用する事でデスルーラが可ワープさせたい味方をわざと自爆MAP兵器で撃墜し、最前線へ先行していたユニット精神コマンドを使用することで隣に復活する、というもの。復活を修得するキャラクターは非常に希少な上、そもそも近年の作品では「復活」が登場しなくなってしまったが、第4次スパロボスパロボFといった旧作での解きでは活躍する。

アーケードゲーム機動戦士ガンダム 戦場の絆」では、狙ったタイミングで撃破されることで、リスタートして的地へ素く移動することをして使うことがある。
自身が撃破されることで自軍のコストは減るが、それによって自軍拠点を防衛、あるいは敵軍拠点を破壊することで、結果的にプラスを生める場合などに使われる。
(ただし、あまりにもく撃破される敵や味方を揶揄して使われる場合もある)


関連動画


ドラクエではないが、非常に効率的なデスルーラの使用が行われている動画なのでここで紹介する。


■sm5147[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/03/06 15:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ