ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デトックスジャパン


ヨミ: デトックスジャパン
掲示板をミル!
529カキコ!

あデトックスジャパンとは、ニコニコを中心に使用される言葉である。以下の意味がある。

  1. 動画サイトSNSなどで護関連のプロパガンダ動画投稿する者たちの合言葉
  2. および彼らのグループ名または呼称

概要


ニコニコで使用されているデトックスジャパン(Detox-JAPANとは、ニコニコから生したプロパガンダ活動をす言葉である。略称は「DJ」または「SAC-DJ」だが、口では「デトックス活動」と呼ばれている。部外者からは「デトックスジャパンという団体」として知られている。

ニコニコなどで活動していたボウズプロパガンダー以下ボウズP)によって2011年01月26日頃までに提唱された。デトックスとは英語で解(体内に溜まった素を排出)するという意味で、「日本に溜まった不利益をもたらす人物・団体・国家などを排除し、日本を浄化(デトックス)して行こう」という活動である。

2011年11月09日、提唱者であるボウズP事法違反(医療機器の許可販売)により逮捕されることとなった(執行猶予付き有罪判決で保釈済み)。提唱者自身が道徳を破る素の一部であったという皮な結果となっている。

元々は酔っ払いボウズPが始めた政治雑談。それ以上でもそれ以下でもかったのだが、悪乗りして仲間を作ってそのまま護活動へシフトしていった。しかし個人・団体としての実績は皆無なため、護団体(または集団)を名乗る出会い系サークルと化している。

福島県福島市内に「デトックスジャパン株式会社」という関連の商品を扱う会社がある。いわき市在住のボウズPによって名称を流用したのではないかという疑惑があったが、デトックスジャパン株式会社が商標登録していないため商法上の問題はない。


用語解説


Detox-JAPAN

i.合言葉としてのDJ
メンバー動画の最後にカメラに向かってを差し、「デトックスジャパン」と言って録画を終えることが通例。逮捕を理由に辞めた者、継続する者と二者に分裂している。
ii.グループとしてのDJ
ボウズプロパガンダーコミュニティ」は元々はボウズP応援するのが的だったが、自然とデトックス活動の場としてシフトしていった。ただし後述するSACを理由に「デトックスジャパンは団体ではない」としている。論調は基本的に右寄りまたは保守寄り、反左翼や反リベラル嫌韓嫌中などで共通している。

SAC (Stand Alone Complex)

SACを標とし、全体主義のような集合的な活動ではなく、賛同する者達が個々で判断・活動し、日本にとって最善を追求していくという考え方(独立した個人の集団)である(イメージとしては踊る大捜査線 THE MOVIE 2のテロリスト側の組織系統(スター))。したがって本人達はグループに所属しているという意識を全く持っていないと思っているようである

元ネタ攻殻機動隊。ただし作品内でのSACの意味は「孤立した個人たちが(結果的・最終的に)集団行動をした様子」であり、計画的に起こせるものではない。そのため、ボウズPまたは支持者が誤用して使い続けているようである。また仮に機させるにも、メンバー全員が他メンバーの足を引っらない程のが必須だが、各々のプロパガンダーのにどのようながあり、どの分野に長けているかは一切不明で、本当にSACとして機した(活動できていた)かどうかは疑問である。

SACは「旗頭(オリジナル)なき模倣者」という意味も含む。しかしSACとは名ばかりで、多くのプロパガンダーたちはボウズPというオリジナルを模倣した形式サングラスの着用)であった。当のボウズPテキサス親父を連想させる形式だったため、新たにプロパガンダーとして活動するほど模倣(コピー)を繰り返すことになる(模倣せずに個性を確立させれば別だろうが)。また、ボウズPが実質的なリーダーとして機しており、一部の支持者からは崇拝されることもあったため、多分木の組織の中で横つながりがあったに過ぎない。

活動が(ニコニコを中心に)表立つようになってからは差別など過な発言が立ち始めてきたため、「好きな作品を汚すな」「攻殻機動隊が誤解される」とい批判されるようになる。

SACの問題点

独立した個人の集合体」と謳っていたため、責任所在がハッキリしない。個人の責任として動画投稿を続ける者、(実質上のリーダーである)ボウズPの著名性に依存している者、保身に走る者などがいる。


歴史


当初はボウズP個人による政治批判的とした動画投稿され、同じくして日本政治の在り方に不満があったニコ厨を中心に支持されていた。その動画毒舌的な辛口批評で、支持者からは「痛快だ!」といった評価であったものの、既にネット上で検証された情報ボウズP動画内で読み上げるだけに過ぎなかった。サングラスを着用していたこともあり、「イメージが悪い」といった批判が出ていたが、この頃は支持する意見のほうが強かったため、流れるように消え行っていた。

しばらくした頃に「ボウズプロパガンダーコミュニティ」が設立される。元々はボウズP動画を楽しむファンのためのコミュニティではあったが、後に提唱された「デトックスジャパン活動」の集い場となっていった。同時期にSACも提唱され、ボウズPより「君も一緒にデトックス活動をやらないか?」という具合で仲間を募っていた。そして現在知られているデトックスジャパンの基礎が出来上がった。

「新しい政治論者の登場」といった形で多くの視聴者コミュニティへ参加していた。この時のコミュニティは「批判があれば掲示板に書き込んで欲しい」「工作員コメントは見つけ次第削除します」とされていた。書き込みは応援アンチの他、丁寧な批判もあった。しかし次第に丁寧な批判までもを即座にアンチ認定するようになっていき、コメント削除に加えてコミュニティ強制退会にされてしまうユーザーが続出した。結果として大百科掲示板2ちゃんねるアンチを大量に生み出すことになってしまう。

コミュニティ内ではにきよプロパガンダー(以下きよP)等が、護活動と称した書き込みで盛り上げていた。大百科ボウズプロパガンダー」の掲示板では当時のきよPによる書き込みが現在でも確認できる。きよPを始めとした初期のプロパガンダー等はボウズP動画スタイル(自分を撮影して政治について話す)以外にもサングラス着用まで模倣してしまったため、当初からあった「イメージが悪い」という批判が徐々に増え、同時に「怪しい集団」として認識され始める。

仲間は増えつつあったが、ボウズP保守論者としての、およびデトックスジャパンの護活動としての評価はいままでいた。ボウズPは他の有名保守論者地方政治家などと理矢理共演しての売名行為を、その他メンバーボウズPを含め他者・他団体が催する抗議デモに便乗する以外に積極的な活動がかったためである。ただし個別のプロパガンダー達の活動がある場合はこの限りではない。そのため、全てのメンバーを一つのレッテルとしてまとめて批判をすべきではない。

仲間同士での関係が強くなるに連れ、アンチ問答用で敵と見做して工作員在日朝鮮人といったレッテルを貼るようになっていった。この頃には既に「国旗を振ることで評価を得ようとする集団」と化していた。その後は愛国や護といったこと以上に意見が合わない意見を敵認定するまでの時間が短くなっていたため、アンチどころか日本人までもを敵認定してしまう。その途中でよその保守系団体「プラウドジャパンネットワーク」の関係者を在日認定してしまい、名誉毀損で訴訟されてしまう。これを期にデトックスジャパンのメンバーバラバラになってしまった。また、この訴訟騒動の渦中にボウズP覚醒剤常習犯へ注射器を販売していたことが発覚、逮捕されることになった。この逮捕がデトックメンバー全に破綻させることになった。

逮捕後はボウズPと決別する者と、「デトックス活動を恐れた反日側による逮捕」という陰謀論としてボウズPを擁護する者で分裂し始めた。特に後者の擁護が支離滅裂だったため、デトックスジャパンがカルト化したようである。

2012年3月になってからボウズPの判決が決定、「復活する」と本人からのツイートがあるが、今のところその様子はない。


検索妨害問題


動画で扱っている内容が「政治」であっても、「エンターテイメント」「日記」などのカテゴリー動画投稿することが増えてきたため、検索妨害として各方面からの批判がある。カテゴリーの他、話題理やり絡ませてからのタグロックなども。

以下は妨の具体例。

日記
日記を装った政治プロパガンダ。単純に日記動画として投稿するプロパガンダーもいる。
エンターテイメント
確かにエンターテイメントだったのかもしれない。
その他
分類のしようがないことを理由に使用。
DJ
一般的に知られるDJDisc Jocky)などに偽装。デトックスジャパンへの変更を推奨。
SAC
攻殻機動隊関連の動画に偽装。SAC-DJへの変更を推奨。
パチンコ
パチンコ批判動画で使用。純パチンコファンパチンコではないファン)への妨行為で不満続出。
キムヨナ/フィギュアスケート
キムヨナの判定疑惑を扱った動画で使用。同上。

「毒素」とされるもの


基本的に反日売国に繋がる活動、およびそれに加担する人・組織がそれにあたる。以下に例を挙げる。

  1. 反日活動家反日団体・売国政党売国議員
  2. 放送局、新聞社、出版社など、メディアによる反日行動・情報操作
  3. それらに加担している企業の行動・組織(移民政策誘導をしている経団連など)
  4. パチンコサラ・売暴力団反日に加担する一部芸など
  5. 日本を狙い打つ犯罪行為、またはそれらを企てる集団(強盗、窃盗、強姦殺人、偽など)、
  6. 国家権侵行為

がこのように提起したかは一切不明。


具体的な行動


  1. 動画投稿
  2. 電凸電話抗議
  3. メール抗議
  4. 注意喚起ビラ作成・配布
  5. ネットなどで情報収集
  6. 口コミで知人に伝える

同上。1.以外の具体的な行動があったかは不明。

近頃の抗議デモでデトックスジャパンTシャツサングラスと共に着用して参加する者たちを撃することができる。


デトックスジャパンのメンバー


(校正予定)

2011年11月14日以降のメンバーである。ボウズP逮捕後から新たに活動を始めだすものもいるため、全メンバー把握することは困難である。

また、メンバーにはボウズPの悪行を批判する者と擁護する者で分裂(閥?)している可性がある。そのため、メンバーかそうでないかと区別するのは困難である。検証を重ねてめてグループ分けする必要がある。

過去には「プロパガンダー一覧」記事が編集される予定であったが、上述した理由もあり、実現しなかった。

サングラス着用者。確認次第修正。

逮捕後の各プロパガンダー動画があれば掲示板リンクを書きこんで下さい。

プロパガンダーご本人たちから直接情報を提示していただければ幸いです。


活動中およびデトックスジャパンを継続使用するメンバー


ボウズP逮捕後もデトックスジャパンとして活動を継続する者。および逮捕後から活動し始めた者。


次へ»
最終更新日: 12/05/26 01:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ