ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デビットカード


ヨミ: デビットカード
掲示板をミル!
52カキコ!
曖昧さ回避 この記事は広義でのデビットカードについて記述しています。
日本独自のサービスについては「J-Debit」を参照してください。

[画像を見る]

デビットカードとは買い物をした際、その代銀行口座から即座に引き落とされるタイプカードのことをいう。
デビット英:Debit)とは、簿記で「借方」のことである。

海外では、買い物で日常的に用いられてきた小切手チェック)の代用として普及した面もあるため、チェックカードと呼ぶこともある。実は海外においては、クレジットカードでの決済よりもデビットカードでの決済の方が多かったりする。

概要

現代ではリアル店舗でのキャッシュレス決済、ネット店舗でのオンライン決済が普及しているが、その決済手段の役はクレジットカードである。しかしながらクレジットカードの利用はあくまでも「ツケ」(後払い)による購入、要するに「借」であり、そのシステムを好ましく思わない人もいた。

また、クレジットカードは発行する際に審があるため、規模の小さい自営業者やフリーター無職高校生融関係でトラブルを起こしたことがある人など「信用度が低い人」は取得しにくいところがあった。そしてこれらの「クレジットカードを取得できない人」は、ネットショッピングでカード決済ができないなど不便を強いられるケースが存在した。

しかしデビットカードはそれが生んでいる不便の多くを解消することになった。

クレジットカードと同じ支払いができる】
VISA」や「JCB」などブランドマークが付いたデビットカードは、クレジットのものと同じ決済システムを利用しているため、クレジットカードに対応している店舗であれば大体が利用可である。
カードがない】
クレジットカードの場合は「安定した収入のある方」が対となるため審があるが、デビットカードの場合は審は行われない。そのため、無職フリーター学生、年寄り、借のある人、といった機関から見て「信用度の低い人」などでも取得することができる。
【年齢制限が低い】
クレジットカードは一般的に「18歳以上」が原則だが、デビットカードの方は「中学生を除く15歳以上」が原則対となるため高校1年生から取得できる。「中学生を除く」の文言が入っていない機関もあるため、ければ中学3年生からでも取得できる可性がある。
【口座の残高以上に支払われない】
デビットカードでの支払いは自分の銀行口座に直結しており、即座に代の引落処理を行ってもらえる「即払い」であるため、クレジットカードのような後払いの請(ツケ)が発生しない。よって、その「ツケ」が溜まって後で支払いに困るような事態も起こらないことになり、「ツケ」や「借」を嫌う現義の人にとっては使いやすいカードといえる。
※ただし例外もある。下部のデビットカードに関する各問題を参照。
【キャッシュレスで安全に買える】
財布に大量の現を入れていく場合、大きくかさばる上に、盗まれたり落とした場合はそのまま使われてしまうため、損失はそのぶん大きいものになる。
しかしカード一枚を持っていくだけなら、もし落としたり盗まれてもカード会社に連絡してカードを止めれば不正に引き出される可性を抑えることができる。会計の時にも暗番号やサインだけで支払いが済むため、自分のお金を大量に持ち歩くことなく買い物が可になるのである。 日本ではあまりこの恩恵を感じにくいが、実は海外では強盗や窃盗が非常に多く、アメリカブラジルなどでは「路上で財布を出しているの方が悪い」とまで言われるほど治安が悪い。そのため海外カードを用いて暗番号かサインによる決済を行うのが一般的であり、日本のように高額の紙幣を大量に入れて持ち歩く方がむしろしいケースである。

海外における普及


アメリカでは15歳以上の70%以上が保有しておりデビットカード、ネット銀行で発行相次ぐ 魅力と特徴紹介 (オリコンニュース 2016年04月11日 09時00分)[外部]サブライムローン問題などのショックによりクレジットカードよりも較的安全な支払いが行われるデビット決済へのシフトが強まっているという。

中国ではクレジットカード周りの環境整備が進んでいないという理由もあってクレジット決済よりもデビット決済の方がより身近なものとなっており、銀聯ブランドでのデビットカード発行枚数が50億枚と非常に多い(2015年末時点。銀聯クレジットカード5億枚と合わせて合計55億枚に達する)。

クレジットカード自体がすでに多く出回って飽和状態に近いため、デビットカードは新たな市場となりうると期待しているところもある。ビザ・ワールドワイド・ジャパンSME(中小企業)を対としてビジネス用・法人向けデビットカードを設けており、2013年時点でのリサーチにおいて潜在的な市場規模は34兆円にも達するという試算を出している「Visaデビットカード」は個人向けクレジットカードに匹敵する市場規模に? (payment navi 2013年2月18日8:00)[外部]


日本国内における普及


また、上記概要メリットにより、日本国内でも2010年代に入ってからブランドデビットカードを発行する機関が増え、急速に普及が進んでいる。“今ひとつ”のデビットカード 普及に工夫凝らす (テレ朝news 2016/10/21 11:57)[外部]

カードビジネス関連の専門誌「カード・ウェーブ」、および電子決済サービスの調やコンサルティングを専門とする電子決済研究所(株)の試算によると、デビットカード市場7300億円(2015年)から1兆4200億円(2020年)に上昇するだろうとしており2020年の国内電子決済市場は82兆円を突破 電子決済比率は30%へ プリペイドカード決済の市場規模は16兆円に迫る (@PRESS 2015.06.01 15:00)[外部]矢野経済研究所(株)では内のデビットカード市場に対する調から、2015年度は取扱ベース8905億5000万円で、2016年度は25%以上増の1兆1193億円まで拡大すると見込んでいる。15年度のデビットカード国内市場規模は8,905億5,000万円 16年度は前年度比25.7%増の1兆1,193億円まで拡大 (Yahoo!ニュース 10月9日(日)8時13分)[外部]

2017年5月日本銀行が出した報告書によると、2016年時点でのデビットカード全体の決裁件数は前年度40%近く上昇し1億件を突破、決裁額も15%増の8921億円に達している。そのうち、銀行キャッシュカードに標準でついている「J-Debit」の決済件数は5年連続で減少しているが、逆に、ブランド付帯のデビットカードブランドデビット」の決裁件数が大幅に伸びており、初めて「J-Debit」の決済件数をえたことが明らかにされた。決済1億件突破 クレジット提携で利用増 (毎日新聞 2017年5月8日 23時34分)[外部]デビットカード決済、初の1億件突破 16年度日銀調べ (日本経済新聞 2017/5/1 12:31)[外部]

デビットカードの決済は全体のカード決済額のうち2%に過ぎず、依然クレジットカード90%ちかくを占めているが、日本銀行はこれからさらにデビットカードが普及していくと見ている。


ビジネスデビットカードの普及


近年はさらに、Visaを始めとする各ブランドが、個人向けのデビットカードだけでなく事業者・法人向けのデビットカードの発行を急速に増やしている。 個人事業主向けJCBブランド付きデビットカード発行開始(楽天銀行) (Payment Navi 2017年11月20日)[外部] みずほ、法人向けVISAデビットカード発行 (日本経済新聞 2017/11/9)[外部] 「りそなビジネスデビットカード」の取扱開始(りそな銀行/埼玉りそな銀行/近畿大阪銀行) (Payment Navi 2018年4月27日)[外部]

これまでは会社から支給された額が現であるか、もしくは社員が現地で現を支払い領収書を後日精算する形になっていた。しかし全てそれらは現であり、どれだけ使われたのかという把握や、使途が本当に適正だったのかが判別しにくいというのが課題になっていた。

しかし、ビジネスデビットカード法人向けの口座に紐付いたカードを社員に持たせることで資の流れを一元管理することができる。社員はビジネスデビットを用いて支払いを行うことで経費や仕入資の支払いを即時決済で行えるようになる。また、現を払う必要もなく、その精算を後から行う手間もなく、領収書を持ち帰るだけで済むようになる。

また、企業側としても、社員がカードを使うことで使用履歴が残るのでどういう使用がされたのか利用明細の照会をすることができ、資の流れを把握できると共に、利用限度額にカードごとで制限をかけることができるため、不当な散財、ムダ使いを抑えることができる、というメリットがある。


モバイル向けデビットの普及


2018年みずほ銀行などがすすめているスマホ向けのアプリで、実物のカードがなくてもアプリ上から通信などで支払いを行えるようにするというもの。現どころかカードの現物すら要らないという、もう一段階進んだキャッシュレスの決済である。今後、カードに変わる新たな決済として期待されている。日本においてのケース海外ではすでに日本以上にキャッシュレスが進んでおり、とくにデビットカードであったはずの中国では、策で普及させてきた銀聯カードがウィチャットペイ(WeChat Pay / 微信⽀付)やアリペイ(Alipay / ⽀付宝)などのスマホ決済サービスに圧倒され始めており、現物のカードでの決済すら古くなり始めている。 みずほ銀行、スマホだけで決済可能なJCBデビットカード発行へ (マイナビニュース 2018/02/14)[外部] Visaの目指す決済の将来像は? デビットカードやデジタル決済でさらなるキャッシュレス化を促進 (Payment Navi 2018年4月20日)[外部]

デビットカードの種類

日本デビットカードには、大きく分けて「J-Debit」と「ブランドデビット」の二種類がある。

2000年代より普及しているのは日本デビットカード推進協議会が導で普及させていった「J-Debit」だが、2010年代以降はクレジットカードの決済システムを利用した、ブランド付帯のデビットカードブランドデビット」の方が急速に伸びていき、2016年度のカード決済額でJ-Debitを逆転して以降はブランドデビットのほうが流となっている。

ブランドデビット
[画像を見る][画像を見る]
J-Debit
[画像を見る]
支払のタイミング 原則として利用とほぼ同時 原則として利用とほぼ同時
支払方法
  • 1回払い
  • 1回払い
限度額 額と同額
(利用制限も可
額と同額
(利用制限も可
決済システム クレジットカードと同様 日本独自のシステム
加盟店数 4000万[※1] 45万店
カード発行機関 数十行 1300行
海外での利用 ×
海外での現地通貨調達
為替手数料がかかる)
×
利用可時間 24時間 機関ごとに違う
年会費 無料1350円
(一般・標準カード)
無料
(キャッシュカード標準機)
入会 不要
(一部例外あり)
不要
取得可年齢 15歳以上(中学生除く) 15歳以上(中学生除く)
  1. 使用するブランドによって加盟店数に違いがある。VISAMastercardなどは上記のとおり4000万店だが、JCBは約3000万店にとどまる。

以下の種類の他、銀行券会社以外の組織が発行するプリペイドカードでも、デビットカードと同じような役を果たせるものが存在する。詳しくは「プリペイドカード」の項を参照のこと。


次へ»
最終更新日: 19/04/13 21:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社