ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デモンズソウル


ヨミ: デモンズソウル
掲示板をミル!
1287カキコ!

Demon's Souls』 (デモンズソウル) とは、2009年2月5日ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたプレイステーション3アクションRPGである。
開発はフロム・ソフトウェア


ストーリー


北のボーレタリアの王、オーラントは
人跡地の限界、氷山脈の地で、巨大な楔の殿を見出し、ソウルの業を手にした。
ソウルとは、人に隠された、新たなであるようだった。

だが、ボーレタリアの繁栄は長くは続かなかった。
に至ったオーラントは、更なるめ楔の深に入り込み
そこに眠る古のめさせ、色の濃霧と、デーモンたちが生じた。

色の濃霧ボーレタリアを覆い、デーモンたちは人々からソウルを奪い、喰らった。
ボーレタリアは、く間に、ソウルに飢えた亡者だけが彷徨う亡と成り果て
の避けから、多くの英雄たちを飲み込み、そして、も戻らなかった。

濃霧は、静かにボーレタリアから滲み出しつつあり
既に北の地の大半が、濃霧の中に消失していた。
人々は、緩やかな滅びの予感絶望していた。
やがて濃霧が、世界のすべてを覆うだろう。

そんな中、最後の希望
の裂けからボーレタリアに入り込む・・・


概要


初見殺しや強敵、に落ちれば即死、死んだら最初からやり直し......といった、かつての『マリオ』や『ロックマン』等を想起させる、いわゆる死に覚えゲーである。
敵やの配置は変わらない為、何度も挑戦することによって突破口を見出し、 ゲームクリアしてゆく。
また協力プレイや対人プレイ等遊び方も様々で、トロフィー収集といったやり込み要素も多く、が深い。

世界観は中世を彷彿とさせる魔法ファンタジーだが、あらすじの通り異界からの侵略によって滅亡の危機されている。基本的に陰惨な雰囲気で、出現する敵も多種多様。ステージによっては、トラウマ級の生理的嫌悪を催させる敵が多数出現する。
また「黒衣の火防女」(かぼたん)や「ハイエナパッチ」「沈黙の長ユルト」などの個性的なNPCも印深い。

発売前からあまり広告CM等による宣伝を行っておらず、大きな売上は期待できない状況にあった。
にも関わらず、次世代機に突入してからの大作・名作の中では全くといっていいほどおにかかれなかった硬ゲーム性で多くのファンの心をつかみ、インターネットや口コミによってく間に評判が広まり、内で10万本をえるヒットとなった。
限られたプレイ人数でありながら、wikiなどでの攻略研究も盛んである。

海外サイトでのレビューでも高得点を獲得し、高難易度ゲームを好む層からの評価は非常に高い。

2009年10月6日北米版アトラスUSAから発売。アトラスUSA担当者によると「20年間で一番利益を得たゲーム」となった。
ローカライズの経緯については、ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカSCEA)が「日本以外では売れそうにない」と判断してローカライズを断念したのが原因だが、結果的にヒット作となった為、当時のローカライズ担当が判断の誤りを認める発言をしている。

2010年4月16日にはバンダイナムコゲームス欧州豪州での販売権を獲得し、6月25日30日にそれぞれ発売。サントラやアートブックが付属した『ブラックファントムエディション』もリリースされ、こちらも売が相次いだ。

その結果、下記の数ある賞を受賞、海外においては【GOTY最優秀賞】を獲得している。
決して売れたといえる数字でないにも関わらず、そのストイックな難易度オンラインシステムの独自性、かぼたんの魅世界的に評価されたといえる。

そして2010年2月25日、「PlayStation 3 the Best」として販売開始。
通常版から一年後の発売となったベスト版だが、各販売店において初日から品切れを起こす等の報告が上がった。
興味はあるけどブームに乗り遅れて通常版買うのってたけどベスト版なら...」と考えていた人や「某大作RPGと一緒に買ったPS3だけどやるものがない...」といった人が購入層になったとか何とか。

ベスト版発売に合わせて2chではデモンズスレが再度浮上する事になり、新規プレイヤーの悲痛な叫びが毎日のように流れ、非常に活気づいた。
「ラトリア予感!」や腐れの洗礼をゼロから受けられる新参に対し、古参プレイヤーからは「もう一度記憶消してやり直したい」というも聞かれた。

SCEの梶井氏(本作のプロデューサー)はフロム・ソフトウェアの『キングスフィールドシリーズファンであることを明かしており、

などのエピソードがある。

続編について様々な憶測が交錯する状況が続いているが、SCEの梶井氏は続編の開発予定はないと明言している。(ゲームの食卓[動]7:30辺り)
直接の続編ではないものの、その後の「DARK SOULSシリーズ、および「bloodborne」は本作の後継作と呼んでもいいかも知れない。

2018年2月28日17時00分をもって、多くのファンに惜しまれつつもオンラインサービスが終了。
サービス終了後もオフラインでのゲームプレイは可である。


システム



オンライン要素


オンラインサービス終了により、現在オフラインのみとなる。


エリア



ここからが本当のデモンズソウルだ



次へ»
最終更新日: 18/03/27 16:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社