ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デュエル・マスターズ


ヨミ: デュエルマスターズ
掲示板をミル!
4071カキコ!

デュエル・マスターズとは、アメリカのウィザーズ・オブザコースト社が開発し、タカラトミーが発売しているトレーディングカードゲームである。漫画版についてはデュエル・マスターズ(漫画)を参照。通称は「DM」「デュエマ」(「デュエル」はKONMAIの商標である)


概要


史上最高にハゲしくアツかりしカードバトル!デュエル・マスターズ!デュエマ!!

2002年に発売し、現在でも根強い人気を誇る。コロコロコミックとのタイアップを図っているため、プレイヤーの多くは小中学生である。

マジック:ザ・ギャザリング」をベースとした点が多く、一部の用が共通している。
ライトユーザーヘビユーザーの差を少なくするために、頻繁に構築済みデッキやパックによる再録をしているのも特徴。
特に「スーパーデッキ」と呼ばれる構築済みデッキは極めて完成度が高く、改造しなくても大会でそこそこ勝てるレベルである。さすがにメタられたら勝てないが。 

アニメ現在放映中。2005年にはロックマンエグゼと同時上映で、2009年には単独で映画化された。

2011年漫画が新シリーズ「デュエル・マスターズ V」になったのに伴い、拡パックナンバーが「DMR」、構築済みデッキナンバーが「DMD」、特殊な形態のパックナンバーは「DMX」に一新された。

2011年6月からカードマナコストマナフォーマットが変更されているが、カード裏面は同じなので今までのと混ぜて使用できる。


ルール


プレイヤー40枚のカードでできたデッキ(+次元ゾーンに置けるカード8枚まで)を使用する。互いのプレイヤーは最初に5枚のカードシールド」(として置き、更に5枚引いて手札とする。ただし、《禁断~封印されしX~》というカードの場合はこれらより先にバトルゾーンに配置し、封印として山札の上から6枚を裏向きのままこのカードの周りに置く。また、《禁断~醒めの刻~》の場合、効果(このカードゲーム開始時の5枚の手札に含める)により引ける枚数は4枚以下である。
プレイヤーマナをやりくりしながらクリーチャー呪文を駆使して相手のシールドを全てブレイクし、相手に直接攻撃(ダイレクトアタック)を与えることで勝利となる。

ブレイクされたシールドは相手の手札に加わるため、何も考えずにシールドを割っていくと相手にアドを与えてしまう。その上、ブレイクされ手札に加わったノーコストで発動できるシールドトリガーを持つカードもあり、運にも左右されるものの攻めにリスクを伴う。

クリーチャーの大きさに関わらず一撃入れられたら終わりで、ライフポイントも存在しない。
数あるTCGの中でプレイヤーの立場が最弱といえるだろう。


その他の勝利条件として

がある。

また、《精霊ブリエラ》、《無双竜機ボルバルザーク》などは、場合によっては自分が特殊条件で敗北する。


ターンの流れ


  1. ターンのはじめ
    ターンのはじめに…」というはこのタイミングで使用・発動する。
  2. アンタップ
    自分のバトルゾーンマナゾーンカードを全てアンタップする。
    サイレントスキル」のはこのタイミングで使用・発動する。
  3. ドロー
    山札からカードを1枚引く。
    原則1枚だが、クリーチャー等のによって余分に引ける場合もある。
  4. マナチャージ
    自分の手札からカードを一枚選び、逆さにしてマナゾーンに置くことができる。こちらも原則1枚。
    チャージの必要がい場合はスキップすることも可
  5. メインフェイズ
    マナコストを払って、クリーチャー呪文クロスギア等を手札からプレイすることができる。
  6. バトルフェイズ
    バトルゾーンに出したクリーチャーを使い、タップされている相手クリーチャーもしくはシールド(相手プレイヤー)に向かって攻撃する。攻撃したクリーチャータップされ、防備の状態になる。逆にタップされているクリーチャーは攻撃できない。
    相手クリーチャーに攻撃した場合はバトルとなり、パワーの高い方が勝利する。バトルに負けたクリーチャー墓地へと置かれる。
  7. ターンの終わり
    ターンの終わりに…」というはこのタイミングで使用・発動する。
  8. 相手ターン

自分のクリーチャーと相手のクリーチャーが同時にトリガーする場合があるが、その場合はアクティブプレイヤー(現在ターンを行っているプレイヤー)が優先される。


カードの種類


個別記事があるものについてはデュエルマスターズのカード一覧にまとめておいた。


文明


デュエル・マスターズの世界には5つの文明が存在する。

文明
MTGでいうプレイヤーを相手の攻撃から守る、相手の動き(アンタップ)を封じる、場を制圧することに長けている。の役割をする「ブロッカー」が充実している。
文明
MTGでいう。ドローやバウンス、ブロックされないなどトリッキーな動きを得意とする。
手札アドとバウンスはデュエマにおいてもかなり強く、ハッキリ言って初期は文明一強だった。 
闇文明
MTGでいう。手札や相手クリーチャーの破壊、墓地関連のが多い。手札アドが直接アドになることが少ないゲームとはいえ、やはりハンデスは脅威である。
火文明
MTGでいう。速攻や火力定による除去など、攻撃的な戦法を用いる。召喚酔いをしないスピードアタッカーMTGでいう速攻)は基本的に火の特権。
クリーチャー同士のバトルにはめっぽう強いが、残念ながらデュエマはいくらクリーチャーを潰してもそれだけでは勝利できない。脳筋ゆえに相対的には不遇な文明だが、主人公が使うだけあって壊れカードの数も多い。 
自然文明
MTGでいうマナブーストを得意とする。クリーチャーのサーチなどのも多い。
マナは全ての基本であるため、一部のカード出張要因としての出番が多い。 

これらの文明のいずれか2種以上いは全てを含めた「多色(レインボー)カード」や、文明を持たない「ゼロ文明(色)」も存在する。


クリーチャー


いわゆる「モンスターカード」。マナゾーンにあるマナコストとして払って「召喚」する。
クリーチャーパワーと種族を持ち、前者はバトル時に、後者進化クリーチャーを使用するときに影してくる。
バトルゾーンに出したターン「召喚酔い」し、攻撃に参加することはできない。(MtGと同様、ただし「スピードアタッカー」持ちは例外)

このゲームダイレクトアタック勝利条件で、特殊勝利カードも今のところ全部クリーチャーであるため基本的にはクリーチャーがいないとゲーム勝利することはできない。

進化クリーチャー

2弾から登場。
条件を満たしている時に進化元となるクリーチャーの上に重ねて召喚する。定される条件はに種族や文明。「召喚酔い」をすることがないため、出したターンにすぐ攻撃できる。素のスペックの他に事実スピードアタッカーを併せ持っていると言える。

バトルゾーンに出ているクリーチャーの上に重ねる通常の進化のほかに、

などがある。

サイキック・クリーチャー

36弾から登場する両面印刷のカード

これらのカードデッキには入れられず、「次元ゾーン」のカードとなる。入れられるカードは後述のドラハートと合わせて8枚まで。

次元ゾーンは他ゲームにおけるエクストラデッキサイドボードに相当するが、それらと違う点として常に互いのカード開すると言う点がある。
そのため、匂い付きカードカードジャンボカードなど他のTCGでは考えられないぶっ飛んだカードが存在する。 もちろんそれらのカードは一部を除き公式大会で使用可

コストを払って召喚することはなく、基本的には名前に「次元」とある呪文や一部のクリーチャーの効果によって呼び出す。バトルゾーンに出た後の扱いは通常のクリーチャーと同じ。
最大の特徴として「覚醒」が挙げられる。簡単に言えば「裏返る」。条件を満たすことで覚醒し(裏向きになり)、より強を使うことができる。また、一部のサイキッククリーチャーには「解除」があり、除去される代わりに一度だけ元の状態に戻る。
なお、覚醒した場合は「召喚酔い」が消える。

また、一部のサイキッククリーチャーは、特定サイキッククリーチャー1組がう事でそれらが「サイキックセル」として合体し、一体のサイキッククリーチャーとなる「サイキックスーパークリーチャー」なるものもいる。

アドを稼げる次元呪文や、それまでのコスト論を視したらの蔓延もあって一時期こいつらが一強時代を築いたため、エピソードシリーズ以降ではパンドラスペースサイキッククリーチャーの住む異間)へのが断たれたという設定の下、新規のカードが全く登場しなかった。

現在ドラハートに乗る形でジワジワと復活しつつある。

エグザイル・クリーチャー

DMR-09より登場。
基本性質は普通クリーチャーと同じだが、特定の名前を持つクリーチャーを出すことができなくなる。
一部のエグザイルクリーチャーは、破壊されたときに手札から特定の名前を持つエグザイルクリーチャーを1体出せる「ロン・ゴー」を持つ。


呪文


コストを払うことで、魔法のようなを発動できる。
非常に強だが、相手のシールドを直接割ることのできる呪文はごく一部しかないため、呪文だけで勝利することは難しい。


クロスギア


14弾から登場。いわゆる「装備カード」。
コストを払うことでバトルゾーンに「ジェネレート(出し)」し、再度コストを払うことでクリーチャーに「クロス(装備)」する。クロスされたクリーチャークロスギアを得、パワーアップする。
クリーチャーが破壊されてもクロスギアバトルゾーンに残る。そのため、クロスギアを直接破壊する効果でないと場から離れることはない。
なお、再度コストを払うことで他のクリーチャークロスしなおすことはできるが、外すことはできない。

17弾にはクロスギアの上に重ねる「進化クロスギア」が登場。その後はしばらく身を潜めていたが、28弾で「サムライ」の種族を持つ「サムライクロスギア」が登場した。

だが殿カード「バジュラズ・ソウル」の規制以降はほとんど再録されず、「武器のカード」というポジションドラハートに取られてしまっている。正直今見ると使い勝手の悪さが立つ。




次へ»
最終更新日: 19/06/25 09:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ