ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デンマーク語


ヨミ: デンマークゴ
掲示板をミル!
3カキコ!

デンマーク語(dansk)とは、デンマーク王国およびその自治領(フェロー諸島グリーンランド)の公用語である。この記事を開いた理由は様々あると思うがとりあえず発音と数詞の面倒くささに定評のあるということを頭においてほしい。


概要


デンマーク語は、インド・ヨーロッパ語族印欧語族)のゲルマンの北ゲルマン群に属する言である。デンマーク王国および自治領の公用語であるほか、デンマークを接するシュレースヴィヒ地方の一部や旧植民地であったアイスランドでもさかんに使用されており、欧州連合EU)の公用語の一つともされている。スウェーデン語とともに「東スカンジナビア諸」を形成している。デンマーク語は、ノルウェー語に大きな影を与えた一方、逆にドイツ語の影を受けたとされる。標準デンマーク語(rigsmål)は首都コペンハーゲン一帯の方言ベースになっている。


デンマーク語アルファベット


デンマーク語には下記の29のアルファベットが存在する。

a   b   c   d   e   f   g   h   i   j   k   l   m   n   o   p   q   r   s   t   u   v   w   x   y   z   æ   ø   å

デンマーク語で音を表すのに用いられるのは a e i o u y æ ø å の全9文字で、残りは子音を表すのに用いられる。子音字のうち c q w x z外来語に用いられる。

とにかく音の種類が多い(音字が多いのはもちろん、位置や前後の音により、ひと文字あたり1~3種類以上の微妙に異なる発音(長短の差を除く)がある)ので、微妙な違いの音を区別するのが得意という人にお勧めしたい。ただし、りと音の対応関係がかなり曖昧で、異音(の区別上意味のい異なる発音、日本語では鼻濁音や l と r が有名)の幅が異様に広い。例えるなら、アメリカ英語で t がラ行のように発音される現が多数あるような状態であり、日本人にとって明らかに違う二つの音が、デンマーク人たちにとっては特に区別されない音ということが頻繁にある。な注意点としては、

b, d, g は気音(口先から息を飛ばさない)を表し、しかも基本的には音(つまり息を飛ばさない「プ」「トゥ」「ク」)である。p, t, k のほうは帯気音を表し、特に t はかなり強めに息を飛ばすようにするため、帯気音を通り越し「ツ」のように聴こえることがある。ちなみに同様の区別はアイスランド語にも存在する。

ここまで見てもらえばわかるが、デンマーク語は非常に発音がめんどくさい言である。たとえば童話作家として有名なデンマーク人のアンデルセンAndersen)は、なんとか日本カタカナで表記してみるとアナスンというのが実際の発音に近い。

発音をしっかり理解するには発音記号を見ることが必須だが、デンマーク語では注意すべき点がある。国際音声記号IPA)の音表記([]で囲んだ表記)において、音の記号が表す発音が本来と大きく異なる場合が多い。デンマーク語の母音表[外部]と、IPAの母音表[外部]を見べてみよう。どちらもIPAだが、デンマーク語での[æ]という記号は、実際は[ɛ]の発音を表している。実は他言においても記号にこのような開きがあったりするが、デンマーク語では視できないぐらい開きが大きい。発音とりの関係がおかしいからといって、発音記号をそのまま読んでもあまり正確ではないので難儀である。


追加字


上述のアルファベットを見てもらえば一瞭然であるが、最後の3文字英語アルファベット(基本ラテン文字)には存在しない文字である。ノルウェー語にも存在するが、表しうる発音は異なる。これらの文字が入できない場合には、æ を ae で、 ø を oe で、 åaa で、それぞれ置き換えるのが望ましい。

Æ・æ

歴史的には a と e とをくっつけて作られた文字。「イ」を発音するように狭めに言う「エ」が基本の発音である。ドイツ語スウェーデン語などの ä (アー・ウムラウト)に相当する文字である。例:æble(リンゴ) 「エーブレ」

Ø・ø

これは o と e との組合せを意味し、発音も(おおむね)「オ」を発音するように口をめて言う「エ」が基本の発音である。ドイツ語の ö (オー・ウムラウト)に相当する。例: 『ハムレット』の舞台として知られるデンマーク都市 ヘルシンゲル(Helsingør) は「ヘルスィンェア」。

Å・å

まるで a と o とをくっつけたような形をしているが、上の ○ は o ではなく小書きの a が略されたもので、発音は o の方よりもやや口を開いて出す「オ」が基本の発音である。例: デンマーク第二の都市 Århus は「オーフス」。


母音


デンマーク語の音音素の数は、長短の区別も入れて20個ほどあると思われるが、デンマーク語が有する音音素の正確な数を特定するのは困難であると思われる。なぜなら現代ではいくつかの音が混同・変化し始めており、どこまでを同じ音と認識しているかが話者などによって異なるためである。またそのせいで音学者の分析にもバラつきがあり、前出の母音表[外部]も、あくまで数ある分析のうちの一つであることに注意。混同されているというのは、見方を変えれば区別する数が減ってきているということでもあり、数十年後には音体系がもっと単純になっているかもしれない。

以下は、標準デンマーク語の音のテキトーな説明。前述のように発音記号が表す音にズレがある。聞こえに関しては説明が難しく、全に編集者主観りはここに出ている限りではないが、頻出するものを挙げた。この表の音すべてが別物として区別されているわけではないので注意。

発音記号IPA 聞こえ 発音 備考 音素
前舌
[i] [iː] な「イ」 かなり狭く、口を横に開く /i/ /iː/ i, e
[e] [eː] ほんの少し「エ」っぽい「イ」 狭くなりすぎないように「イ」と言う ɛ, ɛːとの混同あり /e/ /eː/ i, e
[ɛ] [ɛː] 若干「イ」っぽい「エ」 日本語の「エ」を少し狭めに ɛːはæːとの混同あり /ɛ/ /ɛː/ /e/ /eː/ e, æ, ri
[æ] [æː] の抜けた「エ」 日本語の「エ」を少し広めに  /a/ /aː/ /e/ /eː/ /ɛ/ /ɛː/ a, æ, re, erri
[a] 口の前方で言う「エ」混じりの「ア」 「エ」を「ア」に聞こえる所まで広くする 英語appleと同様 /a/ /ɛ/ a, re, ræ
[y] [yː] 「ユ」あるいはくぐもった「イ」 「イ」で口をめる /y/ /yː/ y
[ø] [øː] 「ユ」混じりの「ウ」 狭めの「エ」で口をめる œ, œːとの混同あり /ø/ /øː/ y, ø
[œ] [œː] 「ウ」あるいはくぐもった「エ」 日本語の「エ」で口をめる  /œ/ /œː/ /ø/ /øː/ ø, ry
[ɶ] [ɶː] から言わない曖昧な「オ」 上記の a で口をめる /ø/ /œ/ /œː/ yr, rø, ør
中舌
[ɑ] [ɑː] 「ア」 日本語の「ア」と同様 b, p, k, r, v の前と、r の後の a で多い。 /a/ /aː/ /ɛ/ /ɛː/  a, ig, eg, ej
後舌
[u] [uː] 「ウ」あるいは「オ」 口をめ、若干で言う「ウ」 /u/ /uː/ u
[o] [oː] こもった「オ」 日本語の「オ」より少し狭めで、口をから言う ɔ, ɔːとの混同あり  /o/ /oː/ /u/ /uː/ o
[ɔ] [ɔː] 「オ」 日本語の「オ」と同様だが、少し前方 /o/ /ɔː/ u, o, å
[ɒ] [ɒː] こもってなくて広い「オ」 日本語の「オ」より少し広めで、口をから言う /ɔ/ /ɔː/ og, ov, år
[ʌ] 「オ」と「ア」の中間、広い感じ 「ア」を若干後方で言い、少し口をめる /ɔ/ /ø/ /œ/ o, å, øg, øj
アクセント
[ə] 「エ」あるいは「ウ」 口のを抜いてを出す 曖昧 /ə/ e
[ɐ] [ɐ̯] 「ア」 「ア」を軽めに 音の後の r /r/ /ə/ er, r
[ɪ] [ɪ̯] 「イ」 「イ」を軽めに 音の後の g, j /g/ /j/ (前舌音字)g, j
[ʊ] [ʊ̯] 「ウ」あるいは「オ」 「ウ」を軽めに 音の後の g, v /g/ /v/ b, (後舌音字)g, v

[ɐ̯], [ɪ̯], [ʊ̯] はに他の音と結びついた二重音として現れる。

音素の列には、最左列の音が現れる音素を示した。文字灰色の音素は、その音素で(最左列の)音が現れる場面が、前後の音の影を受け変化した状態(たとえば/r/の前後での広音化)であるなど本来的ではない音素である。

※“日本語の「○」”というのは、あくまで単独で言ったときの発音日本語音音素が5個(長短は入らない)のため、デンマーク語にべると中の発音の振れ幅が大きい。ちなみに、日本語ではその振れ幅を「言い方」として利用・認識することがよくある。


文法


他の北欧の言と同様極めて語尾が単純化しているのが特徴である。


名詞関係


名詞は男性女性融合した共性と中性の2種類となっている。

それぞれ不定冠詞は一般的な冠詞のイメージ通り名詞の前にen/etを置くが、定冠詞的なものは名詞の語尾-en/-etという形で一になって表されるのである(というかスウェーデン語などにも言えるがぶっちゃけ冠詞じゃないので不定形/定形あるいは未知系/既知形などと表される)。またそれとは別に何もつかない基本形(ゼロ形とも)がある。

複数形は1.-er、2.-r、3.-e、4.単複同形、5.不規則という実に様々な作られ方をするので一覚える必要がある(複数の際定形は-ne、または4の場合は-eneを名詞の後ろに引っ付ける)。

基本形(ゼロ系) 単数 複数
不定 不定
共性名詞 blyant en blyant blyanten blyanter blyanterne
中性名詞 bord et bord bordet borde bordene

形容詞は不定形の名詞には共性-(なにも語尾につけない)、中性-t、複数-e語尾につけて修飾し、定形の名詞は性数関係なく全部-e語尾につけて修飾する(定形に形容詞が付く場合は文字通りの定冠詞が付く)。
英語と同じように較級最上級もあり、前者は-(e)re後者-(e)st語尾につけて作る(不規則なものもいくつかある)。

単数 複数
不定 不定
共性名詞 en stor dreng den store dreng store drenge de store drenge
中性名詞 et stort barn det store barn store børn de store børn

代名詞は人称代名詞、再帰代名詞、所有代名詞、示代名詞、不定代名詞、疑問代名詞(ものを尋ねるhvadと人を尋ねるhvem)、関係代名詞(demとsomの2種類)があり大体英語などで見かけるような読んだままの使われ方をしている。


次へ»
最終更新日: 16/04/12 15:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ