ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


デーブ


ヨミ: デーブ
掲示板をミル!
77カキコ!

もしかしてデブ

デーブ(Dave)とは、英語圏の男性名「デイビッド(David)」の称である。その由来は古イスラエルダビデ。
文脈によって「デーブ」「デーヴ」「デイヴ」と表記のゆれがあるが、まかり間違っても長音符は抜いてはならない。

曖昧さ回避
  1. デーブ・スペクター - 外国人タレントコメンテーター日本人以上に日本語が達者。
  2. デーブ大久保 - 元プロ野球選手該当記事参照。
  3. 世界でもっとも偉大な料理人を自称する、チーズの伝師。アメリカ人。この記事で詳述。

3.の概要


本名デビッドマークスコット。専業夫だが2012年6月修士号を取得した。

2014年現在コロラド州で息子さんと共にサイコセラピストとして診療所を開院。

料理の他にもオートバイの飼育など多趣味である。

繰り返すが、ただのデーブ料理人ではなく、チーズの伝師である。

特徴
イタリアでの料理修行や、韓国米軍での従軍経験など海外での経験を生かした、魅的な料理法の数々を披露している。イタリア料理肉料理が多いが、中華料理菓子などにも若干手を染めている。しかし、伝統的な調理手順をあえて守らず、経験に基づいた破りな調理法を駆使して視聴者を驚かせることも多い。
評判
Youtube等の英語圏では非常に評価が高く、DVDの発売が決定した。またニコニコ動画内でも、多くの人々に野菜の重要性や日本に生まれてきたことの喜びなどを認識させるなど、評価が高い伝師である。
その丁寧な解説と、にでもできそうに見える簡単そうな料理エンターテイナーぶりにはもが舌を退く巻くだろう。 また、日本では見られない味覚方向にチャレンジされた新な料理法には学ぶべきものが多い。
チーズ
彼の料理の一番の見せ場であり、彼が一番幸せ間であるだろう。 モッツアレラ、パルメジャーノ、チェダーなど数種のイタリアンチーズを大胆に加えていく様は圧巻である。 また、ソースとろみ付けなどにもコーンスターチではなくチーズを用いるなど、チーズを扱わせたら彼の右に出るものはいない。 そして、出来上がった料理の上に粉チーズを大量に振り掛ける。特にこれを「追いチーズ」といい、彼の最高のテクニックである。
下ごしらえ
イタリア料理を学んだ彼は、非常に念入りかつ大胆な下ごしらえを行う。イタリアンシーズニング、ガーリックウダーオニオンウダー、胡椒などの粉状調味料をたっぷりと振りかける。素材の味オーバーキルするまでかけ続けるその様は、「死の灰」「強姦パウダー」などと呼ばれている。
味付け
基本的にたまねぎにんにくを用いて味をつけ、最終的にバーベキューソースチーズソースで味をつける事が多い。特にたまねぎにんにく等かつ大量で、肉料理パスタでは双方等分に、大量に加えられる。また、時々ではあるが油を使ったホワイトソースなど環境にやさしい味付けを行う。 食べたときの満足感を何よりも重視し、塩分などはきつめに仕上げる。 また、デザートや飲み物などは砂糖を多めにいれる。
菓子
デーブは菓子チョコレートパイ)にも挑戦している。チーズの代わりに大量のバターを使用しているのが特徴。その作業工程は「男の菓子作り」「アメリカン」「湯煎チョコレート」・・・これで察してほしい。ちなみに、一般の菓子作りにおいてチョコを湯煎するのは焦げ付きを防ぐためだが・・・これも男の菓子作りってやつだね。
器材
ダッチオーブン(蓋の上に炭火を載せ、上下から加熱する厚手の金属)に豆炭(小練炭火力が非常に強い)を用いて加熱するなど、器材に対する知識は一定のものがある。しかし上述のように焦げ付きを気にせずにを扱うなど、多少乱雑な面も見受けられる。

関連動画



■sm924552[ニコ動]

■mylist/1839071


関連項目



最終更新日: 14/12/20 13:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社