ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トキ(北斗の拳)


ヨミ: トキ
掲示板をミル!
189カキコ!

トキとは、漫画北斗の拳」およびそれを題材にしたゲーム等の登場人物。

北斗神拳63代伝承者・リュウケンの養子および子にして、第64代伝承者補の1人。

カイオウ・ラオウ、義ジャギケンシロウを持つ。


概要


北斗2000年歴史の中で最も麗な技を持つ男と言われ、あのジャギですらその実を認めていた。

しかし核戦争の際、人数オーバー寸前の核シェルターケンシロウユリアを入れ、自分は外へと残った。結果的に生き延びたものの死の灰を浴びて不治の病に冒され伝承者のを断念。
以後は以前から志していた北斗神拳を利用した医術で人々を救うすこととなる。

自己犠牲的な性格、長という外見から、イエス・キリストモデルとされている。


トキの拳


ラオウケンシロウが剛の拳であるのに対し、彼は柔の拳。「流を制するは静」と、北斗神拳伝承者であるケンシロウに柔の拳を伝えるのを的としていた。

しかし彼が本当にしていたのは柔の拳ではなく、ラオウの持つ剛の拳であった。

幼い頃に両親を亡くし、父親から頼まれていたというリュウケンに養子として引き取られる。しかしリュウケンはあくまで北斗神拳伝承者補として引き取る事を的としており、一子相伝であるが故に養子に迎え入れるのもどちらか1人のみと、その場で2人をがけ下に突き落とす。

しかし突き落とされた2人のうちトキは落下の衝撃で両足を怪してしまい、崖を登れなくなる。ラオウは自分が1人でそのまま崖を登ったらトキを見捨てられてしまうと考え、なんとトキを抱きかかえて片腕で崖を登りきるという荒業を実行。上りきる寸前に「トキと一緒でなくば養子にはいかぬ! トキの面倒はがみる!」と言い残し、尽きて落下しそうになる。リュウケンラオウの底知れぬ意志と秘めた驚愕し、落下しそうになったラオウラオウに抱えられていたトキの腕を掴み、助け上げて養子にする。

トキリュウケンの養子となったが、あくまで伝承者補はラオウのみであり、トキラオウ修行をする事と引き換えに衣食住の世話を受けるだけだった。

しかしある時、トキが可がっていた子犬が、を離した隙にゴロツキによって乱暴され殺されてしまう。それを見たトキは怒りにを忘れ、武器を持った大人であるゴロツキを素手で叩きのめしてしまう。すぐにリュウケンが駆けつけたが、そのの当たりにして、トキが見ているだけで北斗神拳の技を幾つか体得してしまうほどの賦の才を秘めている事を察し、トキ自身の望みもあって、トキ北斗神拳伝承者補とした。


核戦争


かくして北斗神拳修行を正式に開始し、やがて北斗で最も麗な技の持ちとされるまでの使い手に成長した。それ故彼が北斗神拳伝承者に見込まれることはほぼ確実視されていたが、伝承を前にして核戦争が勃発。

ケンシロウユリアと共に急いで核シェルターに避難するが、向かった先のシェルター子供たちで既に満員に近い状態であり、どう詰めてもあと2人しか入れない状態であった。ケンシロウは、トキ北斗神拳伝承者になるという重要な使命があるのだから優先して入れ…と言うが、トキはそれを視し、ケンシロウユリアシェルターの中に押し込んで自らが犠牲になるを選択。

戦争が治まった後、シェルターから出てきたケンシロウらによって助けられる。辛うじて生きてはいたものの真っ白になり、死の病を患う身体になってしまったため、伝承者のを断念する事になる。


世紀末にて


死の病に冒され伝承者としてのを断念したため、余生を人々を救うために使おうと決意。トキはかねてより、北斗神拳を暗殺拳ではなく医療の一環として活用しようと考えており、そのための活動を本格的に始める。

老人・子供や病で動けなくなった者ばかりが置き去りにされた村に辿り着き、北斗神拳の秘孔の知識を利用して人々に医療行為をし始める。たちまち見捨てられていた村は活気を取り戻し、「触れるだけでどんな病をも治してしまう」と言う噂が広がり、トキのいる村はやがて「奇跡の村」と呼ばれるようになった。

その最中、己の才に溺れてトキ真似事をしようとしたアミバを足蹴にしたことで逆恨みを買い、その結果拳王の部隊の襲撃に会う。暴虐の魔王と化したラオウの事を踏まえてケンシロウに会う必要を感じたトキであったが、病の身のためにこちらから探しに行くよりは待つべきだと感じたため、あえての泣くカサンドラにて捕らわれの身となる。

その後ケンシロウと再会したトキは、「自分がを過った時はお前がその拳でを止めろ」というラオウとの誓いを果たすため、本来の自分のスタイルではない剛拳をもって(彼がしていたのはあくまで敬愛して止まないの拳・剛の拳であった)ラオウを仕留めんとする。しかし、既に病に蝕まれていた彼の体に剛拳の使用に耐えうるは残っておらず、敗北を喫する。ラオウは「己の命と引き替えに強を得る秘孔」刹活孔を突いてまで己をえようとしたの姿を見てたまらず落涙し、その命を奪わずに去る。

その後、刹活孔副作用によっていよいよ余命が残り僅かとなったトキは、医療活動に従事している最中、ユリアの実であり泰山拳の使い手であるリュウガに強襲され致命傷を負う。が、リュウガ意が己の死を見て激怒したケンシロウ覚醒にあることはちゃんと見抜いていた。そのため、ケンシロウが怒りに任せてリュウガを屠った後、全ての事情を明らかにし、リュウガの遺骸を抱いたまま往生を遂げた。


後付設定による矛盾


最終的にトキ北斗の傍系の血を引く(ラオウカイオウの実)者であり、修羅の国出身とされたが、これはストーリーの方向が変更されたことによる後付設定である。

当初、トキは両親の墓の隣に自分とラオウの墓を予め立てており、ここに埋葬される事を望んでいた。
トキラオウとの最終決戦に臨む直前にケンシロウと共にこの墓を訪れており、「私はここで生まれ育った」と明言している。しかしこれは時系列的にケンシロウ修羅の国へ渡るよりもずっと前であり、「ここ」は修羅の国でないことは明らかである。
また、修羅の国編にてラオウトキケンシロウ修羅の国出身である事が明かされた際の回想ではラオウトキケンシロウの3人で修羅の国を出てリュウケンの元へ向かったとされているが、トキラオウリュウケンの養子になった時のエピソードの中にはケンシロウは一切登場していない。

他にも、奇跡の村でのアミバ関連の話では、当初はこれは「変わり果てた姿の(本物の)トキ」とされており、ジャギと同様に元北斗神拳伝承者補を、正当伝承者であるケンシロウが倒してゆくという流れの一環になるはずだった。実際、ジャギが死ぬ際に「まだ2人のが居る事を忘れたかー!」と捨てゼリフを残しており、それに対してケンシロウは「何!あの2人が生きていたのか!」とあまり嬉しくなさそうな驚き方をしている。

しかし、当時のジャンプにはよくある「引き伸ばしや編集部の意向による路線変更のための後付設定」により本物のトキカサンドラにいることになり、アミバというキャラクターが新たに用意された。

そしてトキ世紀末の世においても野心を持たない人格者として設定されケンシロウの味方サイドにつけられた結果、単純な「他の補を倒して行く」と言う筋は消え、ラオウトキ兄弟の関係等がクローズアップされて行った結果、トキラオウ修羅の国出身である事にされ、ジャギのみが北斗と何の関係もい当てだった事になってしまった。


AC北斗の拳


ジョインジョイントキィデデデデザタイムオブトビューションバトーワンデッサイダデステニー
ナギッペシペシナギッペシペシハァーンナギッハァーンテンショーヒャクレツナギカクゴォナギッナギッナギッ
フゥハァナギッゲキリュウニゲキリュウニミヲマカセドウカナギッカクゴーハァーテンショウヒャクレツケンナギッハアアアアキィーンホクトウジウダジンケンK.O. イノチハナゲステルモノ
バトートゥーデッサイダデステニー セッカッコーハアアアアキィーン テーレッテーホクトウジョーハガンケンハァーン
FATAL K.O.セメテイタミヲシラズニヤスカニシヌガヨイ ウィーントキィ (パーフェクト)

[画像を見る]

AC北斗の拳至上最も麗で鬼畜な強さを持つプレイヤーキャラ。あまりにも強すぎて一時期はトキを使っているだけで蝎の如く嫌われてたりしていた。
剛の拳よりストロングな柔の拳だとか、あれはトキじゃなくてアミバだとか、死の灰をかぶる前のトキだなどと言われている。


次へ»
最終更新日: 15/08/24 17:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ