ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トミー・ジョン手術


ヨミ: トミージョンシュジュツ
掲示板をミル!
4カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

トミー・ジョン手術(Tommy John surgery)とは、肘の内側側副靭帯再建手術のことである。
つまりどういうことだってばよ 


概要


トミー・ジョン手術は、断裂など損傷した肘の靭帯を取り除き、体の別の箇所から切除した腱を移植する(再建)手術。本来の名称である内側側副靭帯再建手術は、"ulnar collateral ligament (UCL) reconstruction"を和訳したものである。

肘を酷使するプロ野球選手靭帯を損傷しやすく、特に投手がこの治療を受けることが多い。リハビリに時間を要すため1シーズンを棒に振ることがほとんどだが、地な基礎固めに耐え抜き、見事に復活を果たす例も少なくない。

1974年当時ロサンゼルス・ドジャース所属のトミー・ジョン投手の利き腕(左腕)に対し、この手術が初めて実施された。このことから、彼の名を取り「トミー・ジョン手術」と呼ばれるようになったものである。
ネット掲示板では簡略化のため、頭文字をとって「TJ手術」等とも書かれる。

ドジャースチームドクターだったフランク・ジョーブ博士が考案した手術方法で、プロ野球選手としてはトミー・ジョン以前に術例がなく手探りであり、効果の持続性も未知数であった。しかし、トミー・ジョンが手術後に懸命なリハビリを続けて復活を遂げ、手術前を上回る成績を収めたこともあり、現在では日問わず野球界で一般的な治療方法となっている。

日本でも投手が肘にメスを入れることは長らくタブーであったが、村田兆治桑田真澄といった大投手ジョーブ博士の執により復活を遂げたことで、現在では日本球界でもこの手術を受ける選手が増えている。また、ジョーブ博士の技術が米国内だけでなく日本へ普及したことにより、現在は渡せずとも内で治療することが可となっている。

トミー・ジョン手術を受けたMLB選手の例として、クリスカーペンター、スティーブン・ストラスバーグジョー・ネイサンらがいる。また、日本プロ野球からMLB入りした松坂大輔和田毅藤川球児といった松坂世代の選手が仲良くってこの手術を受けていることは興味深い。

その他の手術経験者についてはWikipedia参照[外部]
なお、2000年にトミー・ジョン手術後、クローザーとして復活を果たしたジョン・スモルツ(後に先発再転向)は、MLB史上初の200勝150セーブの実績を引っ提げ、有資格1年で見事にアメリカ野球殿堂入り[外部]した。


関連動画



■sm18841911[ニコ動]

■sm17107232[ニコ動]

スティーブン・ストラスバーグは復活のシーズン村田兆治は・・・なんなんやこのおっさん(誉め言葉)
ちなみに、トミー・ジョンも実働26年、46歳まで現役を続けた長命選手の一人。


関連項目



最終更新日: 15/01/10 06:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ