ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トヨタ・カローラ


ヨミ: トヨタカローラ
掲示板をミル!
55カキコ!

トヨタ・カローラとは、トヨタ自動車1966年より製造・販売しているスタンダードクラス乗用車日本仕様は11代まではコンパクトセダンに分類されていたが、2019年8月に登場した12代目より3ナンバサイズのミドルクラスへ移行した。世界中で大衆カローラと言われる程の定番の乗用車である。


概要


名である「カローラ」の由来はラテン語で「冠(で作った冠(初春飾利が頭にかぶってるアレを想像してくれれば差し支えない)・若しくは弁の集合体)」を意味。その時代毎の基準から見て常に手堅く中庸な設計を用いつつ、ユーザーの上位志向に応えた装備類の充実、モデルの開発などで、日本国市場、輸出市場の両面で成功を収めた。

海外では本来の発音である「コローラ」、あるいは「コロラ」と言われる。

初代・E10系(1966年~1970年)

1966年に登場。当初は1100ccの排気量で2ドア&4ドアセダンラインアップで登場。開発トップである長谷川雄は、機義にしたパブリカが商業的に成功を収められなかったことへの反省から、大衆ユーザーの上位志向に応じた「デラックス感」のある内外装を備えつつ、高速道路整備進展に伴う、十分な高速巡航性を備える小大衆の開発を論んだ。この開発で、様々な面での評価において一定以上の準を満たし、トータルでの高い完成度を追求する「80義」が標榜されたことは有名である。これがトヨタ造りの基本となる。

1967年に2ドアバンと2速式ATを追加する。

1968年マイナーチェンジで2ドアクーペの「カローラスプリンター」が登場し、新たに販売会社のトヨタオート店(現・ネッツ店)が開設される。なお、2代目以後は姉妹スプリンターに分離するようになり、2000年まで存在するようになる。

1969年に排気量を100ccアップして1200ccとなる。

当初のイメージキャラクター俳優太。はこのギャラでクラウンを買ったという逸話が残っている。


2代目・E20系(1970年~1974年)


1970年5月に登場。当初は1200ccのみだったが、同年9月1400cc搭載が登場。1972年にはスポーツカーセリカ1600ccエンジンを搭載した稲妻の名前を持つ「レビン」が登場する。ライトバンは1977年まで生産されている。

1972年マイナーチェンジイメージキャラクター歌手マイク木と女優前田美波里が担当するようになり、キャッチコピーも「ちょっとうれしいカローラ」となる。イメージソングの『ちょっとうれしいカローラ』は、作詞阿久悠作曲小林亜星の作品でもある。


3代目・E30・E50系(1974年~1979年)


1974年4月に登場。時は第一次オイルショック自動車モデルチェンジ議論されていたため、旧を「にーまる」として併売しこの新は「さんまる」として売り出される。歴代のカローラの中で一番のバリエーション数を持ち、30系が最多販売の記録を持っている。1975年に一度レビンの生産が中止される。

1977年1月マイナーチェンジ。このマイナーチェンジの時点で形式がE50系となる。これは当時世界で一番厳しい排ガス規制である昭和51年排出ガス規制適合をするために形式が変わったため。レビンも電子制御化をされて復活をする。

イメージキャラクター俳優ジェリー一家が担当した。


4代目・E70系(1979年~1983年・バン1987年まで)


1979年3月に登場。歴代最後のFR駆動方式となる。エンジン現在でもとなる1500ccが登場したり、現在売れ筋モデルである、ステーションゴンもこのから登場するようになる。1979年8月には1800ccも登場するが1981年マイナーチェンジ止される。

1982年2月1800ccディーゼルが登場。同時に2ドア&4ドアセダン、2ドアハードトップ1600ccエンジン搭載のGTモデルが登場する。

1983年セダンクーペの販売が終了。1987年までワゴンとバンは細々と良を続けながら販売されている。レビンと共にカローラシリーズでは最後までFR駆動であったため、ハチロクほどではないがドリベースになる事も多かったらしい。

イメージキャラクターは当初は先代でイメージキャラクターだったジェリー一家が担当し、末期俳優伊武雅刀が担当した。


5代目・E80系(1983年~1987年)


1983年5月に登場。2ドア&3ドアクーペ以外は、駆動方式がFF化される。このより売れ筋モデルドアミラー化をされる。このクーモデルが通称・ハチゴーハチロクと言われるモデルである。新開発の4A-GEエンジンを搭載したモデルハチロクとなる。また、3ドアor5ドアハッチバックFXもこのから登場する。この他、5ドアリフバックが設定されるなど、非常にバラエティにに富んだモデルとなっていた。

1984年1月には、売れ筋モデルに4速ATを追加する。

1985年5月マイナーチェンジ。前期からユーザーや販売会社に摘されていた「上級感不足」を補ったモデルとなった。

駆動方式がFFアピール&若々しさを強調するために、モデル末期までタレント郷ひろみイメージキャラクターを勤めるようになる。また、漫談ぺーも郷ひろみに憧れてカローラをこのから現行モデルまで乗り継いでいるのは有名。カローラの著名人ユーザーでもある。


6代目・E90系(1987年~1991年)


1987年5月モデルチェンジ。このですべてのモデルFF駆動化が了する。先代にあった5ドアリフバックはこの代では設定されなかった。

上級グレードには上級クラスクラウンマークⅡに匹敵するほどの内外装の質感と同装備を持たせた。当時、人気だったハイソカーの潮流を取り入れたワインレッドの内装やホワイト塗装が割合に見られた。なお、エアコンはオプション扱いだったがw

同年8月にワゴン&バンをモデルチェンジ、同年10月にはシリーズ初の4WD仕様が登場する。

1989年5月マイナーチェンジディーゼルエンジン4WDの組み合わせもミッションが5速マニュアルだけだが登場する。同時にガソリンエンジンは全電子制御化を果たす。

タイではそのフロントマスクからドラえもんカローラのあだ名で知られている。

このではイメージキャラクターは登場しない。


7代目・E100系(1991年~1995年・ワゴン2000年・バン2002年まで)


1991年5月モデルチェンジ。ワゴン&バンは同年9月モデルチェンジ。このは開発時期が丁度バブル絶頂期のため惜しみなく開発費が投じられた種でもあるため、内外装の質感、品質ともに歴代トップクラスの実を持つ。最上グレードにはなんと、クラス初の運転席パワーシートが標準装備化をされ、中間グレードから最上グレードまでエアコンが標準装備となったが、いざ売り出してみると「高いカローラ」と言われて売り上げが落ちてしまった。

1992年5月には、4ドアハードトップのセレスと3ドアハッチバックのみとなったFX海外仕様のみ5ドアが存在した)が登場。セレス高の低いスタイルは当時人気だった時代のためすごく人気があったが、90年代後半になるとRVブームの到来とともに乗用車にも居住性重視のニーズが高まってきたことから次第に販売が低迷し、1998年に生産は中止となり、わずか一代のみのモデルであった。

1993年5月マイナーチェンジコストダウンをして、パワーシートの設定は止された。1995年セダンとレビンの生産は終了して、ワゴン&バンはマイナーチェンジと同時にワゴンモデル4WD仕様ディーゼルを投入して継続販売されていたが、次のE110系が安っぽくなっていたので、逆にワゴン人気モデルとなり売り上げの半分を稼ぐようになる。その当時の自動車雑誌において先代モデルベースとなったカローラゴンのセールスポイントを挙げる際にはその質感の高さを第一に挙げるケースがあちこちで散見されるほどであった。1996年にはワゴンスポーツエンジン4A-GEを搭載したモデルが登場する。1997年にワゴンビッグマイナーチェンジを実施、ホットモデルであったBZツーリングMTが6速となり、その当時のトレンドであったツーリングゴン人気あやかり「カロゴン」のあだ名を引っ提げ、2000年まで販売。バンは2002年まで販売されていた。

当初はイメージキャラクターはいなかったが、イメージソングさだまさしが担当。マイナーチェンジ後に女優・東ちずると俳優イッセー尾形が登場する。1995年のワゴンモデルマイナーチェンジでは、タレント永作博美が担当し、1996年にはサッカー選手ストイコビッチ選手と永作博美が担当し、1997年にはタレント篠原ともえとユーススケサンタマリアが担当するようになる。


8代目・E110系(1995年~2000年)


1995年5月モデルチェンジ。先代から一転大衆らしい質素な面立ちで登場する。前後バンパーも一部が脂むき出しの塗装バンパーとなるが、逆にユーザーからは「安っぽい」とかれて売り上げも落ちる。1996年5月脂むき出しの部分が塗装されるようになるが、安っぽさは否めなかった。この時よりFX止となったが、ヨーロッパ仕様モデルチェンジして2001年まで生産されていた。

1997年4月ビックマイナーチェンジが行われる。フロントリア、そして内装にいたるまでモデルチェンジ級の変更となり、先代の100系並みの質感を取り戻すようになる。またバリエーションとして、カローラ初のミニバン・スパシオが登場する。セダン4A-GEエンジンを搭載し、同時にレビン、継続生産していたワゴン、セレス4A-GE搭載MTは5速から6速化をする。

1998年4月の一部良で、ディーゼルエンジン2000ccから2200ccとなり、1300ccMTも4速から5速化をされる。

イメージキャラクターは当初、『刑事コロンボ』で主人公コロンボ警部補役の俳優ピーターフォークを起用。日本語吹き替えを担当したのが声優銀河万丈であった。後期作家藤本義一が担当した。スパシオは、ナレーション漫才コンビ爆笑問題が担当をしていた。


9代目・E120系(2000年~2006年)



次へ»
最終更新日: 20/06/04 00:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ