ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トヨタ自動車


ヨミ: トヨタジドウシャ
掲示板をミル!
401カキコ!

TOYOTA

トヨタ自動車株式会社(TOYOTA, Toyota Mortor Corporation)とは、愛知県豊田市東京都文京区に本社がある自動車メーカーである。日本自動車販売台数シェア45を占める大企業であり、またゼネラルモーターズフォルクスワーゲングループ世界販売台数1位の座を争うトヨタグループの中核でもある。「トヨタ」や「TOYOTA」と呼ばれることが多い。


歴史


1933年、トヨタグループの創始者で豊田自動織機の創業者・豊田佐吉の長男豊田喜一郎が、「日本が一流になるためには自動車産業が必要だ」と豊田自動織機内に作った自動車製造部が起である。エンジンGM、シャーシはフォードデザインクライスラーから学びながら1935年に自動車製造を開始、1937年にはトヨタ自動車工業として独立をする。

1950年、ドッジ・ラインに伴うデフレにより経営危機に陥り、三井銀行の融資と引き替えに開発&製造部門のトヨタ自動車工業と販売部門のトヨタ自動車販売が分離することを迫られた。しかしその結果、1935年から掲げていた「1にユーザー、2にディーラー、3にメーカーの利益を考えよ」という販売理念と、当時推し進めていた分割払い方式がかみ合い、大衆がを手に入れやすい体制を生み出した。1982年まで続いたこの工販分離は危機に見えてトヨタの構想内だったというわけで、トヨタ躍進の原動にもなった。

当時政府は外メーカーから技術提供を受けることを推奨したが、日産ダイハツいすゞらがそれに従う中でトヨタだけが純を作ることに拘った。そして誕生したのが1955年クラウンで、この日本初の純産高級戦後に湧く日本国民に大ウケした。

1966年にはカローラが誕生。販売2年で16万台を売る大ヒットとなり、日本のモータリゼーションを大幅に促進した。

1970年代には各社がDOHCを一旦放棄する中トヨタだけはDOHC(ツインカム)にこだわり続け、日産三菱のSOHCターボとしく争った。しかし1980年代トヨタがターボ付きDOHCを開発し、この争いに決着を付けた。また1980年代ハイソカーブームではソアラマーク兄弟1990年代スポーツカーブームではAE86セリカスープラなどが人気を博し、時代の牽引役であり続けた。

1995年、豊田一族ではない奥田碩が社長になったことでトヨタは大きく変貌を遂げた。奥田は持ち前の仕事速さで大胆なコストカットと役員入れ替えを行い、バブル崩壊後の不況に苦しむトヨタを一年で回復させ、さらに海外展開路線を強に打ち出し、トヨタ世界一自動車企業に押し上げることを標に邁進し続けた。加えてヴィッツプリウスなど消費者に21世紀の新しさを感じさせる新種を次々に打ち出して、現在トヨタイメージの基礎を作っている。

しかし一方で過度なサービス残業強要、下請けイジメなどがはびこるようになった。また奥田総会で「クラウン5年持てば良い。オーナー持ちなんだから買い換えてくれる」などと品質管理を軽視する発言をしたため、「けしか考えないトヨタ」という悪いイメージも作ってしまった。が「電化」した、と言われているのもこの頃である。

1999年に奥田社長職を辞したが、代わりに会長となってそのままトヨタに君臨し続け、拡大路線をひた走った。その後2007年にはリーマン・ショックの影GMが後退したことで、ついにトヨタグループ世界販売台数一位を獲得する。しかしこショックトヨタにも襲いかかり、58年ぶりに営業赤字を計上した。トヨタ海外拡大路線はあまりに性急すぎて、世界中に展開した工場では円高による原材料高騰に対処し切れておらず、一方で売れる種は廉価な小ハイブリッド車ばかりで、著しい利益率の低下を招いていた。そこへきてこの大不況で、過剰設備・人員・過剰在庫の三重苦である。トヨタは破綻したGMと同じく「大企業病」を発症しており、破綻寸前まで追い込まれた。なお同年、年間生産台数1000台にまで落ち込んだMR-Sが生産中止となり、トヨタラインナップからスポーツカーが消滅している。

2009年にはさらに品質管理を怠ったツケがきて、大規模なリコール問題に発展。奥田会長職を辞し、豊田から4代ぶりに章男が社長に就任した。章男は「従来のトヨタの良さを取り戻す」と原点回帰を表明。ものづくりに対する姿勢や拡大路線の見直し、経営体制の大規模な変更、原材料コストカットを重点的に行った。2010年に営業利益は黒字に戻るが、再度大規模リコールが発生。これらの問題に関してアメリカ聴会に召喚され、つるし上げを食らう。さらにトヨタの苦難は続き、2011年の円高東日本大震災タイ洪水中国日本バッシング、など立て続けにトヨタの工場がストップ、生産・消費にともに大きなダメージを受け、GMにも首位を奪われた。このため大幅に取締役を削減し、社内カンパニー制度を導入したり、海外事業体が各自で意志決定できる仕組みを作るなどさらなる大企業病の善に努めた。

2012年に円安に転じると慢と革がついに実り、GMからシェア一位を奪還。又この年86を発売し、5年ぶりにラインナップにスポーツカーを復活させた。2013年には営業利益1兆円突破、2014年には1000万台を突破するなど、奇跡的な復活劇を遂げた。

2015年には「環境チャレンジ2050」を発表して2050年までにエンジンくすと宣言。また同年プラットフォーム「TNGA」を発表、低燃費と低コストに加えて走りの楽しさを加えた作りへと踏み込んだ。


企業の特徴


高品質(故障しにくい

トヨタといえば壊れにくい、である。トヨタ生産方式に代表される「カイゼン」のおかげで1960年代頃から均一な部品を作ることに定評があり、他の自動車メーカーもこぞって手本にした。

今でこそ壊れにくさはトヨタに限らず日本の代名詞と言えるが、それでもトヨタは一つ頭抜けているところがある。6~7年で100万キロ近い距離を走れるため、日本タクシーシェアトヨタが9割近くを占めている。また日本で使われなくなったトヨタ東南アジアなどで使われており、何十年前の種が走っていることも多い。

またランドクルーザーハイラックスの頑丈さは圧倒的であり、に沈んでも鉄球をぶつけても火であぶっても全には壊れない。そのため戦場でも人気であり、特に中東ではさかんに用いられている。イスラム国などはあまりにトヨタばかり使うので、「トヨタイスラム国支援しているのではいか」とアメリカに疑われたこともある。

多彩な販売チャネルとラインナップ

トヨタは戦時中の輸入禁止下のもとにGMフォードディーラーを吸収しており、一番最初に全に販売網を強いた日本メーカーである。そのため日本のモータリゼーション明期からトヨタ日本シェアトップだった。なおイストやハリアーなど、トヨタのエンブレム種毎違うことが多いのは、当時のGMに学んでいた頃の名残である。

現在トヨタ、トヨペットカローラ、ネッツと4つの販売チャネルを持ち、そこに高級ブランドレクサスが加わっている。それぞれが違う階層のの販売を担当しており、なおかつそれぞれが近い距離に存在している。販売窓口の数の有利に加え、販売店同士で販売標を設定させて競合あるいは協させる戦略だ。また販売種を価格帯によって分けることで、客層の違いにも対応している。

ラインナップも豊富で、セダンコンパクトカーを中心に似たような、しかし異なる種やグレードをOEMも含めて多数用意し、細かいニーズに応えることが可になっている。これらが「販売のトヨタ」と呼ばれたゆえんである。

先進的環境技術

「販売のトヨタ」のイメージが先行して技術いと思われがちなトヨタだが、実際は優れた技術を多く持っている。

特に環境技術には強く、ハイブリッド技術はトヨタの代名詞として知られる。THSと名付けられたこのスプリットハイブリッド技術は、エンジンモーターを同時に使いながら、エンジンの余ったを充電に回すことができる画期的なシステムだ。いわゆるマイルドハイブリッドなどとはべものにならない極めて複雑なこのシステムを、21世紀が始まる前(1997年)に開発できたのはトヨタだけである。ちなみに第二号は2005年にGMダイムラーBMWの共同開発の末にようやく登場した。

アイリングストップトヨタが最初で、1970年代クラウンからすでに装備されていた。また燃料電池や、太陽で発電するPHVを初めて量産したのもトヨタだ。

その他には世界初ではいが、スバル水平対向エンジンをノンターボで200まで押し上げた直噴技術D-4、ハイブリッドの低燃費を内燃機関でも支えるVVT-iやアトキンソンサイクルエンジン技術なども有名である。

研究開発に使われている費用や特許数も日本メーカー随一であり、細かい技術の開発では他社の追随を許さない。2016年には自動車メーカーだけでく全企業トップ特許申請数となった。一方で自社技術を広めることは苦手で、ガラパゴス化の危険性が摘されている。そのため近年は他社へのハイブリッド技術提供や燃料電池に関する特許5680件を無料開をするなどしている。

多数のグループ企業と積極的な業務関係

トヨタ1960年代の業界再編時代から深く提携してきた日野ダイハツと共に、生産の委託し合いや技術の学び合いを通して成長した。また同時期にヤマハ発動機からはDOHCホンダからCVCCの技術供与も受けた。

現在ダイハツ子会社日野連結子会社化しており、スバルの筆頭にも収まっている。またヤマハ発動機パナソニック、デンソー、アイシンKDDI、東和不動産、ブレーキいすゞ、あいおいニッセイ同和損保、ロータス・カーズなどにもとして関わっていること知られている。

ダイハツには軽自動車中心に小の生産、日野にはダイナFJクルーザーなどの小トラックSUVの生産を委託している。

スバル2005年にGMからトヨタ下入り。稼働率の著しく低下したスバルの北工場の危機を、トヨタ・カムリの生産を請け負うことで乗り切ったり、その後も利益の上げ方についてトヨタのやり方を大いに参考にしたりとトヨタから助けてもらっていることが多い。逆にトヨタスバルと共同開発をすることで、スポーツカー文化再のきっかけとなる86/BRZを誕生させることができた。ちなみに「スバルがダメになったのはトヨタのせい」という論調が2ちゃんねるなどでよく見られるが、トヨタとなったとき、渡辺社長豊田章一郎名誉会長から「トヨタにならないでください[外部]」と言われており、むしろ今のスバルスバル自身が望んでなったのが真実である。

マツダトヨタからハイブリッドの供給を受けたり、北工場の設備投資を負担してもらったり、燃料電池EV技術の供与も受けたりしている。一方でマツダセダンデミオトヨタOEM供給していたり、ガソリンディーゼルエンジン技術の供与をしている。

2017年にはスズキとも提携することで合意、自動運転技術やハイブリッド技術の提供や、IT技術と安全技術の共同開発に取り組むとしている。トヨタスズキは元々縁が深く、かつてスズキバイク事業に進出する際、当時社長が同郷であったトヨタがこれを援助するために、トヨタスズキバイクを販売していたことがある。後を継いだ現スズキ社長鈴木修は、から「何かあったらトヨタを頼れ」と言われており、実際に1970年代に排ガス規制クリアするために4stエンジンを供給してもらったことがある。

BMWとも提携をしており、トヨタハイブリッドや燃料電池、BMWスポーツカー炭素繊維の技術を持ち寄っている。次世代スープラBMWとの共同開発の可性が極めて高いとされる。

ロータス・カーズとは1970年代から協関係にあり、セリカXXのサスペンション開発やランドクルーザーハードトップの技術提供をしてもらった。なおセリカXXCMにはコリン・チャップマンも出ていた。逆にトヨタ1980年代から部品を供給し始め、2004年エリーゼからはトヨタエンジンを供給。現在全ラインナップがトヨタエンジンである。


次へ»
最終更新日: 18/06/19 01:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社