ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トラバント


ヨミ: トラバント
掲示板をミル!
66カキコ!

トラバントとは旧東ドイツ製の自動車である。


概要


WW2後にドイツが東西分裂した際、ドイツ民主共和国によって旧アウトウニオン(アウディ)の工場で1958年から1991年まで製造された。戦前自動車技術を用いて作られており、その基本を維持したまま東西ドイツ統一まで作られた。

 

 

 

 

 

 


特徴


如何せん社会主義国自動車なので、競争相手が皆無であるのでど発展せずに作り続けられた。東ドイツには小のトラバント、それより少し大きいで旧BMWの工場が作るヴァルトブルクがあったが、いずれも計画生産によるので競争しようがなかったのである。さしたる性向上もなく、衝突安全性や低排ガス化は「何それ?食えんの?」といった具合だったので、かつて分かれた兄弟であるアウディとは統一までに埋められないほどの差がついた。そんなトラバントは

というメカニズムを持ち、製造が開始された1950年代後半のとしては割りと標準的なものであった。問題は前述の通りほとんどメカニズム的な進化がなかったことである。当初500ccだったエンジン62年に600ccに拡大され、64年にボディのデザインが変更された程度である。70年代に西側諸で大気汚染が問題視され、排ガス規制が敷かれるようになっても何ら良が施されることはなかった。東西ドイツ統合後にようやく「トラバント1.1」という、VW製1.1リッター4ストロークエンジンに換装され、足回りもそれに見合ったものに良された魔改造近代化版が出るも、根本的な古さを隠せなくなった上に価格も高騰し、更には西ドイツ製の中古の流入などで売れず、1991年にトラバントは33年の歴史の幕を下ろした。


東西統一後


東西統一後は明らかネタとして面がられていたトラバントだったが、意外にも本当にはまる人もいた。今でもドイツを中心としたヨーロッパには、トラバントのマニアがいるという。自動車としての向上のなさ(向上をめるのは資本主義ブタの発想である)、性の悪さ(高性めるのは、唾棄すべきブルジョワの発想である)などを考えれば、自動車という工業製品としての価値が低いのは言うまでもない。しかし同じゲルマン民族自動車を作っても、政治体制・経済体制が異なることで尋常ならざる差がつくことを世界中に知らしめたという点で、トラバントの産業遺産としての価値は大いにあると言える。

ロシアみたいだろ?これでドイツなんだぜ…」 


関連動画



■sm914976[ニコ動]

■sm2782191[ニコ動]
■sm6208872[ニコ動]
■sm8879271[ニコ動]
■sm10052569[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1082
 


関連項目



最終更新日: 16/10/02 19:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ