ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トリビアの泉


ヨミ: トリビアノイズミ
掲示板をミル!
444カキコ!
 
トリビアの泉のニコニコ大百科の記事がある。

                                                                       へぇ へぇ へぇ へぇ へぇ へぇ へぇ


実際に、トリビアの泉の概要をご覧ください。


2002年2006年フジテレビ系で放送していた雑学バラエティー番組。

トリビアの泉とは、視聴者から投稿された人生に全く必要の駄な知識(トリビア)を品評する場である。

(番組公式より引用

このタイトルイタリアローマにある観光名所「トレビのと、ラテン語に起を持つ「くだらないこと、瑣末なこと」を意味する英単トリビア(trivia)をかけたものである。
(しかし音のきとしては、どこか綺麗な言葉なので、OPで駄に壮大に歌い上げられても違和感を持たないところもポイントである。)

放送開始当時は、月曜深夜25時40分(関東地区)から放送で話題となり高視聴率を獲得した。
(なお、この時にセットで放送されてット番組となる「クイズ!ヘキサゴンⅡ」の前身番組「クイズヘキサゴン」である)

この番組の最大のキモは雑学を実際に検証するVTRの面である。くだらない雑学のために第一線級のプロを呼んだり、途方もない費用や時間をかけて検証するものもある。そのおかしさも雑学を際立たせる点において重要な役割を果たした。

2003年3月深夜帯での放送を終了。3ヶほどの充電期間を経て、2003年7月から水曜21時というゴールデンタイム鳴り物入りで移動した。
深夜から鳴り物入りで昇格する番組は当たらない」というジンクスがあるのだが、この番組はそれに反して大ヒット番組となり、雑学ブーム」のきっかけを作った。このブームが後に現在クイズ番組ブーム流となる。

最高均視聴率は27.7%現在均視聴率が15%えればヒット番組と呼ばれており、いかに人気を得たかよくわかる。

しかし、雑学というものは当然有限である。放送開始当時は驚異的な雑学も豊富にあったが、次第に投稿が減りネタもつき始める。そこで、視聴者からの疑問を検証して雑学を作るトリビアの種」や巷でられる雑学の物を紹介し封印する「ガセビアの沼」などのコーナーが放送されるようになった。

2004年に一度番組をリニューアルしたが、それは番組自体を一新するというものではなく会担当の高橋克実カツラをとって坊主にしただけあった。

また、トリビアの本に掲載された内容も、時代が進むに連れて変化が生じており、例えば天然ウナギ人類史上未だ発見されたことがない」というものについては、放送当時は確かに未発見のだったが、放送から5年後に日本の調隊がそのと稚の発見に成功している(全世界的に報道されたので憶えている方も多いだろう)。また、「「ルパン三世」の子孫を描いた「ルパン八世」という作品がある」というルパンマニアには較的有名なネタも、放送当時は永遠の封印作といった紹介が成されたものの、こちらも2012年ルパン三世40周年記念DVDルパン三世 Master File』にパイロット版ダイジェスト版が収録され、陽のを見るに至っている。

紹介された雑学に感動した度合いを示す「へぇボタン(押すたびに『へぇ』と鳴る)が大ヒットし、「へぇ」はこの番組を徴する流行となった。いまだにパロディに使われるなど、人気を誇る。


実際に、主なトリビアを書き出してみた



次へ»
最終更新日: 15/09/05 16:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ