ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


トリン


ヨミ: トリン
掲示板をミル!
7カキコ!

トリンとは、スーパー戦隊シリーズ37作「獣電戦隊キョウリュウジャー」に登場するキャラクターである。
の担当は森川智之。 


私の概要だ!


桐生ダイゴキョウリュウジャーを導く伝説神様で、「賢(けんじん)」とも呼ばれ、の姿をしている。
顔の両側にく長いが生えており、これでデーボス軍の気配を察知することが出来る。
調子が良いとを鳴らす癖がある。
と呼ばれるだけあり、デーボス軍のカオスとも対等に戦える程のを有する。


獣電戦隊の頼れる指導者として


遡ること一億年前のデーボスとの大戦で、彼は当時の地球覇者であった恐竜達に機械の体を与え、「」と呼ばれる生命体を作り出しこれに対抗、自ら多大なダメージを受けながらも、デーボス氷結ごと氷のに沈め封印する事に成功する。
しかし、その後も事ある毎にデーボスの配下達が復活を論み地上侵略に乗り出すと、彼は新たな地球覇者となった人間戦士と戦わせ、これに勝った者をパートナー戦士として認め、共に戦うことにしたのだ。
これが「強きの者=強者=キョウリュウジャーの誕生である。

キョウリュウグレーキョウリュウシアンといった大昔のキョウリュウジャー(後のスピリットレンジャー)は単独で戦っていたが、トリンは個々での戦いに限界を感じ、ひとりひとりのを合わせて戦う「戦隊」の必要性を痛感する。

やがて現代になると、ダイゴ達より先にキョウリュウジャーになっていたドクターウルシェード(初代キョウリュウバイオレット)の協を得て、トリンは戦隊を具現化すべく動き出す。彼のもとには、に勝ったダイゴ達5人の若者が集結し、さらには戦いの中で、キョウリュウゴールド空蝉丸も復活。
そしてドクターの孫である弥生が二代キョウリュウバイオレットになった事で、彼の長年の悲願であった「戦隊」が初めて完成を見たのである。

またトリンは、「0号」ことトバスピノ暴走事件以降、人間の持つ「音楽」や「歌」に秘められたにも強い関心を持ち、「音楽や歌は人間に秘められたを解き放つものでもある」という結論に達した。キョウリュウジャー変身にサンバのリズム音楽が取り入れられているのはそのためでもあるのだ。 


ネタバレになるが、それでもこの私を信じきれるか? 


下ネタバレを含むため反転

実は彼は、デーボス地球侵略前に生み出された存在で、カオスにあたる。

先に地球を訪れたトリンは、生物平和に暮らす地球の美しさに感銘を受け、「このを滅ぼしてはならない」と心に誓い、デーボスに反旗を翻した。
前述のようにカオスと互以上の戦いを繰り広げ、デーボス封印には成功したものの、その代償として受けた傷は大きく、また度重なるデーボス配下の侵攻も重なり、なかなか傷を癒やす機会がなかったため、長時間の戦いでは体が石化してしまうのが弱点であった。

だが、ダイゴたち現代のキョウリュウジャーと共に戦う事によって、元はデーボスであったトリンの中にも「ブレイブ」が生まれ、次第に彼は「ブレイブの化身」とも言うべき存在となった。
最後のブラギガスの復活後、トリンは自らブラギガスパートナー閃光勇者」となる事を決意、ギガブリボルバーを手に、最後の戦士キョウリュウシバー」として戦列に加わることになったのだ。
ブラギガスが加わった事によって、トリンは再び全盛期を発揮する事が出来るようになり、戦隊の頼れる導者としてでなく、頼れる戦士としても活躍する事になったのである。 


トリ…、鳥居と申します


鳥居とは、ブレイブ43「たましいのつるぎ! うなれストレイザー」にて初登場した、トリンの所謂人間体である。
鳥居を演じたのはなんとトリンのも担当している森川智之その人
砕の幻術のを借り、手なスーツに身を包み登場した。衣装イメージ某戦隊の行動隊長っぽくしたとか。
ソウジに対して厳しく叱りながらも、対立していたソウジの両親を優しく説くなど、戦隊導者であると同時に、大人としての威厳を見せてくれた。と同時にデーボス軍の存在を感知できないという弱点も見せてくれた。 

余談だが、キョウリュウジャーでは敵組織の幹部・キャンデリラ役のを担当する戸松遥がたまに人間体として出演していたり、ガブリボルバーの音ナレーションを担当している千葉繁キョウリュウバイオレット変身するウルシェー博士として出演していたりと、声優実写出演の話題に事欠かない。


関連動画


トリンに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■azB00FIVTMMS


関連コミュニティ


トリンに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/01/07 19:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ