ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドム


ヨミ: ドム
掲示板をミル!
165カキコ!

ドム(MS-09 DOMとは、アニメ機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の重モビルスーツMS)の名称である。


概要


緑と白を基調にしてます

従来のMS小隊規模で展開する際、歩行するザクⅡ等ではその進撃速度が遅く、かといってわざわざガウやファットアンクルを使用するのは非効率甚だしくコスト馬鹿にならなかった。
そこで本機最大の特徴、脚部の熱核ホバー推進による浮上走行が考案された。これによりMS単体での機動、移動範囲が大幅にアップした。加えて、その移動方法ゆえに膝やの関節部分にかかる負担はザクグフよりも軽減されていると言われる。
もっともこれが採用されたのは、現実にはアニメの原画製作時の労コスト削減の為だとか・・・(グフがオデッサで搭乗したドダイYSもこれと同じ理由である)

この機体は宇宙では熱核ジェットエンジンを熱核ロケットエンジンに換装し、MS-09R リック・ドムとしてゲルググ不在の大戦末期にかけてジオン宇宙MSとして使用された。
ちなみに推進関係には、EMS-04 ヅダに採用された木星エンジンの発展系である「土星エンジン」が用いられている。

武装はジャイアント・バズヒートサーベルを基本とし各種武器を運用可。固定武装として胴体に拡散ビームを装備。しかし技術的な問題から威を持つほどの出を得られず、敵MSに対するくらましとして活用された。なお、リック・ドムでは良され必要十分な威を持つに至った。
余談ではあるが、ドム系のヒートサーベルは発熱効率が非常に高く溶断もかなりのものであるが、その代わりに使い捨てとなっている。
なお、シールドは基本的に装備しないが前線では画像のようにザクの物を携行する様が多々見られた他、バズーカより取り回しと汎用性の高いマシンガンを装備した機体も多かった。

陸戦において戦車最高速を上回る高い機動性もさることながら、防御も高い部類に入る。走攻守に優れた、非常に高性な機体であったといえる。

ちなみに本機の機体色は黒い三連星カラーリングをそのまま頂いている。これはランバ・ラルグフと同じように、エースパイロットに肖るジオンの伝統である。(実際のところ最初に登場したものをそのまま使い回しただけだが、大人の事情なのであんまり言わないであげよう)


機体スペック


製造 ツィマッド社
全高 18.6m
全備重量 81.8t(78.6t)
ジェネレーター出 1,269kw(1,199kw)
ラスター総推 58,200kg(53,000kg)
センサー有効半径 5,400m
装甲材質 硬スチール合
武装

ジャイアント・バズ
ヒートサーベル
拡散ビーム(に幻惑用)
ザクマシンガン
MMP-80マシンガン
ラケーテン・バズ
シュツルム・ファウスト
ビームバズーカ(小説版リック・ドムのみ)

カッコ内のデータはリック・ドムのもの


ドム系MSの一覧


ここではドムの試作機・後継機などを説明します。他にもあったらどんどん追加・訂正お願いします。

YMS-09 プロトタイプドム
MSV』に登場。ドムの試作機。まだ頭部の動パイプが露出している。フレデリッククランベリーが搭乗し、一説には時速381km/hで5時間の走行に耐えたとも。
YMS-09D ドム・トロピカルテストタイプ[画像]
MSV』に登場。YMS-09をベースに、熱帯・砂漠戦用に修した機体。ドムのロールアウト後に再びテストが行われたという妙な経歴を持つ。
ロイ・グリンウッドが搭乗。
YMS-09J ドム高速実験型[画像]
MSV-R』に登場。ドムのロールアウト後にホバリングの向上をして修された試作実験機。『ザ・トラブルメーカーズ』ではパートナー役の機体を担当。
MS-09 ドム寒冷地仕様[画像]
MSV-R』に登場。ドムの初期生産ベースに、人工を噴射する特殊バックパックを装備した機体。
MS-09K-1 ドム・キャノン仕様
戦場の絆』などに登場。ドムの右肩にキャノンを装備した機体。頭部の動パイプが露出している点や胴体の形状から、プロトタイプドムを修した機体と思われる。
MS-09K-2 ドム・キャノン仕様
戦場の絆』などに登場。ドム・キャノンキャノンを2つに増やした機体。…だがキャノンは右肩に連続して付いている。両肩に1門ずつ装備するという発想はなかったのか。
MS-09R リック・ドム
熱核ジェットエンジンを熱核ロケットエンジンに換装し、ゲルググの不在を補う存在として急遽配備された機体。宇宙用になっただけでドムとは大差ないが、姿勢制御スラスターが増設されている。
本機の開発前に宇宙用高機動試験型ザクⅡで推進器のテストが行われている。高機動型ザクⅡR-2型と採用を争ったが、ビーム兵器はほぼ使用できないもののドムのフレームが流用できることによるコスト面や、かつドムの存在により信頼性も獲得していた本機が採用された。
ア・バオア・クー戦ではゲルググだけでなく本機にも多くの学徒兵が搭乗した。
YMS-09R-2 プロトタイプリック・ドム
0083』に登場。リック・ドムプロトタイプでありドムトロペンによく似た形状をしている。
この機体は、かねてよりドム・フュンフではないかといわれていたグワデン配備のドムであるがBD-BOX収録の『宇宙蜉蝣2』において別の機体であることが判明した。
MS-09R-2 リック・ドム
0080』に登場。「」は「ツヴァイ」と読む。統合整備計画に基づきリック・ドムを全面修した機体。推進の強化とそれに合わせたプロペラントタンクの増設、胸部拡散ビームの威強化、球状のモノアイレールによる視野拡大、ジャイアンバズの装備などを行い、基本的なスペックの底上げを図っている。
映像作品ではの通常カラーコロニー内仕様グリーンカラーのものが確認されている。
0083』ではヒートサーベルを追加装備し、宇宙戦の機として多数参戦。
MS-09R4・MS-09RN シュネー・ヴァイス[画像]
漫画機動戦士ガンダムC.D.A若き彗星の肖像』に登場。アクシズが開発したNT用の試験機。後継機にトゥッシェ・シュヴァルツが存在する。
MS-09S ドワス[画像]
リック・ドムの最終生産で、機動が強化されている。プラモデルの説明書に後ろ姿と頭部が描かれているのみなので詳細は不明だが、実戦に参加せずに戦後リック・ディアスの開発体になったと言われている。
MS-09F ドム・フュンフ[画像]
各地で設定がられつつ、結局どういう機体なのかがはっきりしていないのドム。『0083』序盤に登場するグワデンのいドムだとか言われたり(設定が確定したためこの説は否定された)、素のドムに近い姿でゲームに登場したりと地味に名前の出る機会は少なくない。
出てきた設定をまとめると宇宙も地上も行ける汎用ドム的な予想も立つが、未だ詳細はられていない。
MS-09F/TROP ドム・トローペン[画像]
0083』に登場。ドム・フュンフの熱帯・砂漠地専用機。
トロピカルテストタイプにより得られたデータを使用しつつ、脚部の吸気口に防フィルターを設ける、頭頂部のセンサー追加など良が施され、そして名前の言も変わった。スカートアーマーには様々なオプションを装備出来る。
MS-09F/Bn ドム・バインニヒツ[画像]
Gジェネレーション ギャザービート』に登場。ドム・フュンフ修機。下半身は大のスラスターになっており機動性を大幅に強化した機体。バインニヒツとはドイツ語で「足し」の意味。
MS-09F/Gb ドム・グロウスバイル[画像]
Gジェネレーション ギャザービート』に登場。ドム・フュンフ修機。全長に匹敵する巨大な大ヒート・ソードを装備し格闘性を強化した機体。グロウスバイルとはドイツ語で「大ナタ」の意味。
MS-09F/Br ドム・バラッジ[画像]
ブレイジングシャドウ』に登場。ドム・フュンフ修機。異様なまでに巨大化したスカートアーマーとTOTOカニンガム社製のXGC84-D5J ガトリングキャノンが特徴。
MS-09G ドワッジ
ZZ』及び『UC』に登場。陸戦機たるドムの最終生産。放熱対策のパイプ露出、脚部へのプロペラントタンク追加など施している。一年戦争後コクピットリニアシート化、装甲に一部ガンダリウム合を使用するなど部分的に改造を施た機体も存在した。
MS-09H ドワッジ
ZZ』に登場。上記G修機で、指揮官エースパイロット向けにチューンしたハイエンド機。肩部にスラスターを増設する等の修が行われている。その中でもロンメル中佐の機体はビームカノンを標準で装備するなどさらに強化されている。
MS-10 ペズン・ドワッジ[画像]
MS-X』に登場。ペズン計画により開発される予定だったリック・ドムの後継機である突撃MS。ドムのが「ドワッジ」の名称が付くことからこの名を使いペズン・ドワッジという名になっている。
YMS-08A 高機動型試作機[画像]
MSV』に登場。ツィマッド社製のザクJ後継機。プロトタイプグフの競作機だったが、性が不足していたことが原因で採用が見送られ、後にこれまでの試作機のデータを基にドム試作実験機が開発された。
YMS-08B ドム試作実験機[画像]
機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD』に登場。この機体とYMS-08Aから得られたデータをもとにプロトタイプドムが開発された。
機体各所にザクグフパーツが流用されておりグフタイプの胸部の地上仕様と、ザクタイプの胸部の宇宙仕様の2種類が存在し、MSとしては初のビーム兵器であるビームバズーカを装備している。
AMX-009 ドライセン
ZZ』『UC』で登場したドムの後継機。アクシズによる設計で、ドムの直系としては最後の機体となる。
陸戦・ホバーによる射撃戦を眼にしたドムのスタイルからビームランサートライブレードなど格闘戦に眼を置いた装備になっており、SFSをメインにした汎用機になっている。
UC0088の第一次ネオジオン戦争後は、『袖付き』の所属になり腕部にエングレービングを施されている。なお、ホバーされているが宇宙、地上どちらでも運用できるようにするためには致し方ないこと。
OMS-09RF RFドム
機動戦士ガンダムF90』、『機動戦士ガンダムF91フォーミュラー戦記0122』に登場。
オールズモビルが過去ジオンMSを最新技術で再現した機体の一つ。武装もビーム中心ながらほぼドムのそれを踏襲しているが、胸のビームはちゃんとした拡散メガ粒子砲へと進化している。
生としてRFデザート・ドムやRFノー・ドムがあり、RFシリーズの中でも較的豊富なバリエーションを持つ機体である。

その他


宇宙世紀以外の作品やゲームに登場する機体

RMS-009 セプテム
機動新世紀ガンダムX』に登場。旧宇宙革命軍が開発した重モビルスーツ
大出バーニア巨大化した脚が特徴でリック・ドムに相当する機体。
RMS-009G セプテム
機動新世紀ガンダムX』に登場。セプテムの地上仕様でドムに相当する機体。
ZGMF-XX09T ドムトルーパー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場。ザフトの次期補として開発されていた機体の設計図を基にクラインが独自に装備や武装を良し完成させた機体。簡易イージーウィザードを装備。
ZGMF-XX09T オリジナル仕様ドムトルーパー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSV』に登場。ザフトの次期補としてコンペに提出されていたオリジナル仕様の機体。
完成機との大きな違いはビームシールドではなく実体の対ビームシールド兵戦用武器のドリルランスを装備しており。ギガランチャーの弾丸をベルト給弾しドリルランスの弾頭を収納するナイトウィザードを装備。
MS-09R-35 ドムR35
ガンダムビルドファイターズトライ』に登場。ガンプラバトルコーチラルさんが使用するガンプラ

豆知識



次へ»
最終更新日: 19/07/11 01:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ