ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラゴンナイト(ファイアーエムブレム)


ヨミ: ドラゴンナイト
掲示板をミル!
91カキコ!

ドラゴンナイトとは、ファイアーエムブレムシリーズクラスの一つである。略称はDナイト。
ここでは各ファイアーエムブレムシリーズに登場するものについて記述する。


概要


飛竜にまたがって天空駆ける騎士ペガサスナイトと並ぶ、ファイアーエムブレムシリーズの飛行ユニット

初期作ではペガサスナイトの上級職であるが、魔防が大きく下がり防御が上がるというかなり強い変化を起こすクラスチェンジであり、ペガサスナイト女性だけなのに男性ドラゴンナイトが存在するなど同系統なのかいささか怪しい部分があった。
聖戦の系譜以降は別系統の兵種として位置づけられるようになり、それ以降作品を追うごとに徐々に差別化が進み、現在ではほとんど対極と言っていい程違うクラスになっている。
使用武器も元はペガサスナイトと同じく(上級は+)だったが、蒼炎の軌跡で上級職が+になり、暁の女神以降は(上級職は+)を使うクラスになった。

速さと魔防に優れるペガサス系と異なり、や守備に優れる上に移動が高い、まさに飛ぶ要塞。
ステータス傾向はアーマーナイトに近いが、アーマーナイトよりも速さと機動がある分こちらのほうがとして優秀な場合も多々あった。
近年はアーマーナイト系の魔防が補強されたため、あらゆる攻撃を防ぐ重騎士に対し物理防御なら互の頑丈さを誇るものの、魔法に大変弱いという位置に収まっている。
攻守に加え速さも十分確保でき、移動にも優れるという強クラスだが、飛行系故にに弱く、上述の魔防の低さから魔法にも弱い、さらにはドラゴンキラーを始めとした特効武器があるなど総合的に強いぶん弱点が多いクラスでもある。

ペガサスナイト主人公の友軍に属することが多いのと対照的に、主人公に敵対する兵種であることが多く、そのため仲間になるドラゴンナイト敵国からの亡命者や離反者などが多い。また、ドラゴンナイト同士の兄弟姉妹関係が多いのも特徴である。

敵としては「弱点を突かないと非常に厄介な強ユニット」。実際高破壊耐久ユニットが突っ込んでくるというのはかなりの脅威で、このユニットがわんさか出てくると「ああ、このMAP高難易度なんだな」と言うのがFEお約束である。


ドラゴンナイトの変遷


基本的には固い、強い、おそい!だが、すごい機動を誇る。
器用貧乏気味になることもあるが、弱かったためしはない。


暗黒竜と光の剣


下級 CC 上級
ペガサスナイト(槍) ドラゴンナイト()

ペガサスナイトの上級職として登場。マケドニア王女ミネルバが中盤で仲間になる。
劇中はマケドニア兵として登場。王子ミシェイルドラゴンナイト


外伝


登場しない。ペガサスナイトファルコンナイトにクラスチェンジする。


紋章の謎


下級 CC 上級
ペガサスナイト(槍) ドラゴンナイト() ナイト()

第1部は暗黒竜と光の剣と同じ。
第2部は序盤からマケドニアに出向くのでドラゴンナイトも敵としてかなりの序盤から登場する。2章のボスに手を焼いたプレイヤーも多いのではないだろうか。 

第2部では第8章にてミネルバ仲間になる。
上級職加入だが、最終章にマリア説得のため半強制で出撃させなくてはならないユニットなのでなんとか育てておきたい。
第2部のミシェイルミネルバを救出したり、ガーネフに単身挑むなどイベントで活躍してくれる。
ちなみに、今作ではペガサスナイトからクラスチェンジすると移動・守備が大きく伸びる代わりに魔法防御が下がってしまうというデメリットがある(ペガサスから降りた時も同様)。
システム的に回避率をそこまで伸ばせない作品なので、魔道士がわんさか出る魔法都市ダインあたりまではクラスチェンジせず進むのも手。


聖戦の系譜


下級 CC 上級
ドラゴンナイト(B・B) ドラゴンマスター(A・A スキル「追撃」)
ドラゴンライダー(C・C) ※敵専用

ペガサスナイトとは別系統のユニットとなり、ドラゴンナイトからドラゴンマスタークラスチェンジする。
敵専用ユニットとしてさらに下位職のドラゴンライダーも登場する。

親世代では敵としてのみの登場。トラキア竜騎士傭兵として登場する。
トラキア国王トラバントシグルド軍に合流しようとするためにレンスター軍を率いていた王子キュアン及び同行していた妻エスリン共々全滅させて、アルテナをさらっている。

子世代はトラキアと本格的に戦うこととなり、トラバント王子アリオーントラバントとして育てられたアルテナ他、部下の竜騎士達が登場する。
アルテナリーフの説得で味方となり、器「地ゲイボルグ」を振るって「グングニル」をトラバントから受け継いだ義アリオーンと戦うこととなってしまうが、アリオーンを説得して生き残らせることが可

アルテナ自身の性騎士ノヴァ直系・戦士バルド傍系の血統でHP・素さ・守備が高く、飛兵の機動ゲイボルグスキル「連続」「必殺」による爆発もあり、おまけクラスチェンジで「追撃」スキルも得られると総じて高いが、魔法防御が低いこととの重量の関係で攻速に若干難がある点に注意。
アリオーンと直接対決するとスキル武器の相性から確実に負けるので間違っても向かっていってはならない(終章では説得できるがそれ以前の章では不可)。

トラキアとの決戦である第9章ではとんでもない数の竜騎士達と戦うハメになる。


トラキア776


下級 CC 上級
ドラゴンライダー() ドラゴンナイト() ナイト()

ペガサスナイト同様にユニットランクグレーダウンして、ドラゴンナイトが上級職で登場。
下級職がドラゴンライダードラゴンマスターイベントでしか登場しない。

中盤からアリオーンの婚約者リノアンを助けるためにトラキアから来たディーンエダ兄妹が加入する。

また、屋内戦ではドラゴンから降りる必要があるためが使えなくなる(ディーンAだがエダD)点に注意。
今作ではトラバントアリオーン脇役で登場する。
アルテナも登場するが、仲間にはならない。


封印の剣


下級 CC 上級
ドラゴンナイト() ドラゴンマスター()

ドラゴンナイトドラゴンマスターの系列に戻った。
全編を通して戦う敵国ベルンの力部隊であり、ベルンに攻め入る終盤では大挙して襲いかかってくる。

仲間になるユニットとしてはギネヴィアの親衛隊長ミレディとそのツァイスが登場。二人共ハードモードではがブーストされる、通称「ハードブースト」対であり、隙がない。
敵ではナルシストキャラとしてある意味されているベルン三ナーシェンや、シリーズ恒例の仲間になりそうでならない敵としてゲイルが登場。両者ともにクリア後のトライアルマップで条件を満たせば使用可

上述のようにベルンへ進軍する際、ドラゴンナイトドラゴンマスター共に大量に登場する。ハードモードの場合、仲間になったばかりのヨーデルドラゴンマスターの攻撃で即死してしまうので注意。


烈火の剣


下級 CC 上級
ドラゴンナイト() ドラゴンマスター()

封印の時と変わらずなかなかの強さである。特に前作でネックであったの命中が補強されたので、強くなったとも言える。ただしペガサスナイト側の人材が豊富なので、相対的に見ると弱体化している。

仲間になるドラゴンナイトは逃亡兵ヒースとその上官でもあるベルンの女傑ヴァイダ。

ユニットとしてはに暗殺集団「黒い牙」の一般兵として登場する。暗殺には向いていないような気もするが…


聖魔の光石


下級 CC 上級
ドラゴンナイト() ドラゴンマスター()
ワイバーンナイト( スキル「貫通」)
ペガサスナイト(槍)
ファルコンナイト(槍・剣)

本作ではクラスチェンジ分岐があり、ドラゴンナイトドラゴンマスターワイバーンナイトにクラスチェンジすることができる。
また、ペガサスナイトからもワイバーンナイトになることが可
ワイバーンナイトはペガサスの素さと守備、ドラゴンと魔防を併せ持つ前のめりな攻撃ユニットしか使えないかわりに敵の防御を視するスキル「貫通」を持つなど、かなり強ユニットとなっている。
だけなので器用さには欠けるが、ステータス的には非常に優秀なので速さめる場合はこちらを選ぶといいだろう。

本作ではドラゴンナイトクーガー仲間になる。
ストーリー上では、グラド帝国六将の一人『日長石』でクーガーグレンドラゴンマスター、同じく帝国六将の一人で、いかにもな悪役の『長石』ヴァルターワイバーンナイト。両者ともクリア後に条件を満たすと使えるようになる。ちなみに封印の剣トライアルマップ勢とは異なり、レベルアップさせることが可

ちなみに、ペガサスナイトワイバーンナイトとする場合、があり魔防が低めなターナのほうが向いていると思われる。

ちなみに雑魚敵としてのワイバーンナイトは登場せず、ドラゴンマスター雑魚ボス問わず17章に1体登場するのと非常に少ない。


次へ»
最終更新日: 20/04/04 02:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ