ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドラバラ鈴井の巣


ヨミ: ドラバラスズイノス
掲示板をミル!
6カキコ!

ドラバラ鈴井の巣(どらばらすずいのす)は、北海道テレビ放送2002年2月1日から2004年12月23日まで放送されていた深夜バラエティ番組。

プロお笑い集団劇団員であるTEAM NACSの面々が、自分たちで考えたテレビドラマ自主制作して放送するというぶっ飛んだ内容の番組。


概要


テレビ番組としては一、芸事務所CREATIVE OFFICE CUEの全メンバー(当時)が出演する深夜番組。ただしそのうちレギュラーになっているのは井・大泉安田の三人である。

元々は1999年4月から金曜深夜に放送していた夢追求バラエティ井の巣」で、その後は2001年4月から合同コンパを行う恋愛バラエティ井の巣 presents n×u×k×i」になり、2002年2月現在の形態になった。なお「ドラバラ鈴井の巣」以前にも「井の巣」の企画大泉塾」内でドラバラ企画が行われた事がある(その企画時に作られたドラマは「Beautiful wife -ドラゴン怒りの鉄拳-」)。

出演者が企画・脚本したテレビドラマを放送する「ドラSide」とドラマ制作模様をおった「バラSide」の2部で構成される「新感覚バラエティ」。2004年12月23日放送分で最終回を迎えたが、過去の作品がDVDで順次発売されている。

番組的にはドラマそのものよりバラSide(メイキング)に重きを置いており、脚本に盛り込まれた理難題を、深夜ローカルの乏しすぎる予算や尺でどのように解決していくかが番組の見どころになっている。

2005年4月からは、HTBにて「ドラバラ鈴井の巣(リメイク版)」として放送され(2005年9月29日で一旦終了し、2006年放送再開)、テレビの局でも放送された。また同内容のものがインターネットテレビインプレスTV」において「雅楽戦隊ホワイトストーンズ 〜やかな愛の戦士たち〜」から順次シリーズを追って配信されていたが、インプレスTVサービス終了に伴って配信も終了している。

この番組と並々ならぬ関係性を持つ水曜どうでしょうチーフディレクターである藤村忠寿ドラバラDVDに関して、「放送ではドラマバラエティーが一緒に放送されて濃密だが、一方でドラマとしての連続性が希薄になってしまう。しかし、DVDではそれぞれ別のディスクに収録されているために短所があっさり解決している」と絶賛している。一方、大泉洋DVD発売特番の中で、「でも気軽に観られることしているオフィスCUEの番組の中で、マニア色の強い異色の番組だ」という趣旨の発言をしている。

2006年4月から2007年12月まで、CSテレ朝チャンネル」にて放送。事実上のHTBバラエティ初の全放送となる。リメイク版放送開始1年にしての快挙である(水曜どうでしょう外放送開始から8年後の2007年4月4日地上波放送を達成した)。また、同局ではこの作品の放送以降、「おにぎりあたためますか」などのHTB番組が多数放送されている。

メイキングで表示されるテロップは必ず「。」「!」「?」で終わる。

日本テレビで放送されていた「ドラバラZONE」、「ドラバラPLUS」、「ドラバラPUSH」との直接の関係はない。


キャスト



レギュラー



準レギュラー


なお、「山田の人々」で佐藤(現・戸次)の出演機会に関して問題になったとき、逆ギレした大泉が自分と安田井をして「レギュラーここまで!!」とした(その際準レギュラーに向かって「君たちはいつから必ず出られると思っているの」と発言した)。企画発表・台本読み合わせ時にカメラと対面に座っている準レギュラーは重要なキャラクターを任される場合が多い(例えばマッスルボディの音尾。しかし基本的に井・大泉安田の3人のみである)。


ゲスト



ナレーター [編集]



歴代作品


放送日はドラマが放送された日。スペシャル版などは含んでいない。 なお、作品は基本的にそれぞれ独立しているが、一部でキャラクター、設定を相互で使用している。


第1回作品 『雅楽戦隊ホワイトストーンズ 〜雅やかな愛の戦士たち〜』



第2回作品 『マッスルボディは傷つかない』



第3回作品 『雅楽戦隊ホワイトストーンズ 〜白き伝説よ永遠(とわ)に〜』



第4回作品 『山田家の人々』



第5回作品 『雅楽戦隊ホワイトストーンズ 〜最終章 呪われし神々の行方〜』



第6回作品 『VS(対決企画)』


レギュラーの3人をリーダーにして、準レギュラーの6人をそれぞれのグループに割り振って結成したチームが戦う対抗戦。本当は2003年2月ごろに「第5回企画」として始動していたが、諸事情(テロップにはスポンサー様の都合と上書きされた)でホワイトストーンズ3が撮影、放送されたためにこちらの企画は後回しになった。テーマは「男と女のラブストーリー」で、各組が引いたキーワードを盛り込んで話を展開するという条件が与えられた。

ただ、ラブストーリーテーマながら、当番組の女性レギュラー安田組の小橋しかおらず、井組と大泉組は「ヒロインにするか」というのも重要な課題であった。なお、出演者については助演やエキストラなどストーリーの大筋に関係ない「チョイ役」であれば、他のチームメンバーを出演させることも出来たほか、番組視聴者の応募によるエキストラオーディションも行われた。

企画2006年8月DVD化されたが、タイトルVS 〜禁断の対決企画〜」になった。


次へ»
最終更新日: 15/07/07 19:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ