ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ドーハの悲劇


ヨミ: ドーハノヒゲキ
掲示板をミル!
196カキコ!

ドーハの悲劇とは、1993年10月28日カタールのドーハのアルアリ・スタジアムで行われた、日本代表イラク代表の1994 FIFAワールドカップアメリカ大会)のアジア地区最終予選の試合の最後に起こった出来事のことである。


概要


1994 FIFAワールドカップアジア地区最終予選には日本韓国、北朝鮮サウジアラビアイランイラクの6が残っていた。日本イラクとの最終戦の段階でグループ首位に立っており、勝てば自動的に本大会出場が決定、引き分けでも2位サウジアラビア、3位の韓国が共に勝たなければおkという状態であった(当時の大会は出場現在より少なく、さらにアジアは2という狭き門であった)。

日本は開始直後の5分に三浦知良のヘディングで先制、後半追いつかれるものの69分に中山雅史シュートを決めて2-1で試合を有利に進めていた。刻一刻と時間が過ぎていき、このまま終われば日本勝利は確定ともが思ったが──
ロスタイム、相手選手がショートコーナーからボールを掴んでセンタリングを上げたところを別の選手がこれをヘディング、キーパー・松永成立の頭上をえてゴールに入る。まさかの失点に日本チームの選手の大半は愕然としてその場にへたり込んだ。その後、ワンプレーが行われ、そのまま2-2で試合は終了した。

この試合と同時に他会場で行われていた試合ではサウジアラビア韓国ともに勝利日本は得失点差で3位に転落し、予選敗退が決まった。結果的に試合終了間際のこの一撃が日本の本大会初出場を奪い去ったのであった。


中継


この試合はNHK BS1テレビ東京で放映されていた。


余談



評価


1993年日本プロサッカーリーグJリーグ)が開幕し、日本人の中でもサッカーに対する興味と関心が広がりつつある時期であった。
その中でのこの出来事は、テレビ中継の視聴率に見て取れるように特に大きな関心を引き、ますますその認知度を広める出来事となったのである。

1998 FIFAワールドカップでは、日本は途中から監督に就任した岡田武史の元で念願の本大会初出場を果たした。(→ジョホールバルの歓喜

 


ドーハでの戦績


第1戦 サウジアラビア 0-0 引き分け

第2戦 イラン 1-2 負け

第3戦 北朝鮮 3-0 勝ち

第4戦 韓国 1-0 勝ち

第5戦 イラク 2-2 引き分け

 

サウジアラビア韓国1994年W杯アメリカ大会の出場権獲得。 


関連動画



■sm553920[ニコ動]

■sm7569157[ニコ動]
■sm2305198[ニコ動]
■sm11209883[ニコ動]


関連商品


■azB000063C52
■az4892427462


関連項目



最終更新日: 13/06/11 20:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ