ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ナパーム


ヨミ: ナパーム
掲示板をミル!
3カキコ!

ナパームとは、焼夷剤の一種である。ガソリンゲル状にしたもので、に熱と一酸化炭素によって対に危を与える。


概要


通常ガソリンはさらさらした揮発性の液体で、この状態では焼夷兵器としては役に立たないが、濃化剤を加えて安定した性の大きいゲルにすると、焼夷兵器として理想的になる。安価でありふれた原料で製造でき、簡単な装置で散布することができる。生物化学兵器みすず書房 1970 p.44


名称


「ナパーム」は、元々ガソリンに加えられるとゲルを作る濃化剤を意味する言葉だった。当初ナフテンとパルミチンという二種類の脂肪酸が濃化剤の有効成分であると考えられ、それぞれの最初の音節をとってナパームと呼んでいた。実際にはラウリゲル化の重要な成分であることが分かったが、ナパームという呼び名はこの種の兵器の一般的な名称としてそのまま使われている。生物化学兵器」p.44


開発


第二次大戦がはじまった頃、アメリカ陸軍はの焼夷混合剤の開発に関心を持ち、著名な有機化学者であるハーバード大学ルイス・フィーザーに協めた。当初フィーザーは生ゴムを濃化剤に使うことでガソリンゲル化する方法を提供した。これは効果があったが、日本軍が東インドに侵攻したことで天然ゴムの供給が絶たれたために合成濃化剤の開発が必要になり、ナパームが開発された。ナパームは当初のゴムを濃化剤としたゲルよりもはるかに優れていることがわかり、大戦中には日本に対する焼夷弾襲に用いられたほか、朝鮮戦争ベトナム戦争でも使用された。生物化学兵器pp.45-46


関連動画



■sm6679929[ニコ動]


関連商品


■az4778315065


関連項目



最終更新日: 19/12/11 23:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ