ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ナマコ


ヨミ: ナマコ
掲示板をミル!
45カキコ!

ナマコ海鼠)とは、動物の一群のことである。


概要


細長い身体とヌメヌメした体表を持つ、ヒトデウニウミユリの遠い親戚である。日本だけでも200種類以上が存在するが、そのうち食用になるのはマナマコなどごく一部である。ほとんどのナマコは海底を這って行動しており、そこにたまった有機物を摂取している。その活動は非常に不活発で、1分間に数cmほどしか進まないが、深海に棲息するユメナマコなど遊泳性のものもいる。

外敵に襲われると肛門からい細管状の内臓の束を噴出し、ネバネバした謎の白い液体それを敵に絡ませるという防御策をとる。この内臓はキュヴィエ器官(フランスの博物学者ジョルジュ・キュヴィエ[外部]に由来)と呼ばれる気管支束、つまり肺の中身のようなものであり、一つを放出してももう一つが体内に残っているので生存に支障はい。また再生が高く、キュヴィエ器官を吐き出したり身体の一部が切り取られたりしても、1~3ヶほどでトカゲ尻尾のように元通りに再生する。逞しい。

ナマコはほとんど移動しないため捕獲が容易である。日本では古くから食用として用いられており、特にの物として食べるのが一般的。強い磯の香りとコリコリとした食感が特徴で、好みの分かれる所。
通好みのするものには「くちこ」と「このわた」がある。
「くちこ」はナマコの卵巣のことで、生で食しても、燥させたものをって食べても、吸い物に入れても、とにかく美味しい。「このわた」はナマコの腸を辛にした料理で、聞こえはグロテスクだが、豊かな味とほのかな甘みがあり、のつまみとして人気
どちらも、美食として知られた北大路魯山人の好物であった。

……そのはらわたはこのわたであって、これは大概の人がご承知のとおり、初見おか惚れという美人ではないが、トロトロと長く糸を引くやつを、一筋舌の上に乗せ、上の味覚に陶酔し、顔面筋肉は、心の愉悦を表現して、やや弛緩する。そのころ、燗ひと口、ぐっとみ干す。味覚、味覚……、その快味はに言うべからざるものがある。しかも、その杯が古染ネジなどであり、このわたの容器が朝鮮斑唐などの器であったとしたら、まったくもってたまらない。人生の楽事多なる哉だ。

北大路魯山人「魯山人味

漢字で書くと「海鼠」。「」の字が使われているのは、上から見た姿がネズミに似ていることや、になると動き回る類似点からきているといわれている。日本語の「ナマコ」は「生のコ(ナマコの古称)」という意味で、古くから広く食用とされたことが覗える。欧ではその外観から「キュウリ」系の呼称が一般的だが、「の管」「ソーセージ」「のち○ち○」といった身も蓋もい(管だけに)呼称もあったりする。


関連動画



■sm5281629[ニコ動]

■sm16745994[ニコ動]


関連商品


■az4484034107


関連項目



最終更新日: 18/08/22 14:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ