ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ナンバ


ヨミ: ナンバ

ナンバとは、日本古来とされる走法・歩行法である。「ナンバ走り」「ナンバ歩き」とも呼ぶ。
忍者走りとも呼ぶが、この言葉は別の走法をす場合もあるので注意。詳しくは記事「忍者走り」を参照。


概要


[画像][外部]

右手右足、左手左足が同時に動く走り方とされることが多く、現在日本ではほとんど見られない。

「ナンバ」のは不明だが、南蛮人から伝わってきたことから南蛮→ナンバとなったなど諸説ある。

明治以前まで、ほとんどの日本人は「ナンバ」の動きで歩いていた。これが現代の歩行方法に変わった理由として、明治以降徴兵された鎮台兵のナンバの歩行様式が、整列行進や戦闘に向かなかったため、西洋式の動作に、訓練や学校教育のなかで変えられていった。

―武智二『定本武智歌舞伎(5)』(三一書房、1980)
(直接の引用元はレファレンス協同データベース[外部]

ということがられることが多い。

ただし、これは確を得られた説ではなく、ナンバの存在を否定する論も見られる松浪稔「日本人は「ナンバ」で歩いたのか?」(日本体育学会大会予稿集, 2012)[外部]。そもそも、上記引用元の武智は、日常生活におけるナンバは右足が出る際に右肩、左足が出る際に左肩が少し出る程度であると述べており、一見しただけでのナンバの判別は困難であると思われる谷釜尋徳「幕末~明治初期における日本人の特徴について―訪日外国人の見聞録を手掛りとして」(日本体育大学紀要, 36-1, p.1-18, 2006)[外部]


関連動画



■sm6519399[ニコ動]

■sm16879520[ニコ動]


関連静画


■im4641944(静画)
■im6595512(静画)


関連項目



最終更新日: 19/07/22 23:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ