ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニア


ヨミ: ニア
掲示板をミル!
119カキコ!

ニアとは以下のことをす。


概要


ニア

ニアとは、ジャンプメディア作品『DEATH NOTE』に登場するキャラクターアニメ版での声優は、『タッチ』の浅倉南や『となりのトトロ』のサツキなどで知られる、日高のり子

ワタリが設立した、孤児たちに英才教育を施す施設「ワイミーズハウス」にてLの後継者補として育てられてきた少年。Lに引けを取らない程の推理・洞察を持ち、ワイミーズハウスでは常にトップに位置していた。

L亡き後、メロと同じ時期にハウスを離れた後はキラ対策機関「SPK(secret provision for KIRA)」を結成、2代目L()の関わりを持たずにキラを追う者としてと熾な心理戦を繰り広げていく。

玩具パズル等を好しており、ニアが登場するシーンでは大抵、かなりの量の玩具が散らばっていたりブロックジオラマ電車レールキットに囲まれていたりと、Lの甘味好きとも通ずるものがある。中には解る人には解るようなリアルなものもあったり、キラ信者達にSPK本部を襲撃され脱出をはかる際にお気に入りとして一緒に持っていったりしたものもあった。

日本へやって来た後は正月興味があるのか、本部に鏡餅を飾ったりもしていたようだ。
ん?飾りつけはあれで正しいのかって?どうなんでしょうね・・・

その冷静沈着にして感情な性格ゆえに印的な台詞も多く、ニコニコ動画ではMADへの出演率も高い傾向にある。
彼の名言、名台詞は下記を参照。中にはに衣着せぬ強な発言も多い。

イエローボックス倉庫で対峙した際は、メロの行動のおかげもあってキラと裁きの実行犯・Xキラ魅上である拠を白日の下にしだす事に成功する。その後、リュークの手によって死亡するが、魅上逮捕・投させ、デスノートは「史上最悪の殺人兵器」として2冊ともニアの手で焼却処分となり、ついにキラ事件を解決する。

その後はに続く3代Lとして活動している姿が描かれている。


Cキラ編 (2008)


本編から3年後を描いた「特別編」でも登場。が伸びている。新たに出現したデスノートの使い手「Cキラ」を相手にかつてのSPKメンバーを再結集して戦いを挑む。板チョコをかじる描写から、メロの事を少なからず慕っていた事が伺える。

なお「Cキラ」とは、ニアが命名した呼び名で、「Cheap(安っぽい)」という単に由来する蔑称キラ戦争すら止めた」「Lにもキラ)にも失礼である」という理由から名付けており、について評価をしていたともとれる発言をしている。


Aキラ編 (2019)


Cキラ編からのさらなる続編。更にが伸びている。


名言



余談・その他



関連動画



■sm2816360[ニコ動]

■sm4612674[ニコ動]


関連商品


■azB002U83MEG
■azB001EPK20S


関連項目



最終更新日: 20/05/30 10:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ