ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニコニコ動画カテゴリ検討Slack


ヨミ: ニコニコドウガカテゴリケントウスラック
掲示板をミル!
15カキコ!

ニコニコ動画カテゴリ検討Slackとは、2018年8月ニコニコ運営によって開設された、ニコニコ動画カテゴリランキングニコニ広告などについて議論が行われたSlackチャットスペース)である。

ASMR」「MMD」「TRPG」「音声合成ゆっくりVOICEROIDなど)」「バーチャルYouTuber」「鉄道乗り物」にかかわるカテゴリタグについて、追加の是非が各チャンネルに分けられ、議論された(この議論を通じてカテゴリの追加が確定したわけではない。この議論を受けて運営が追加の是非を検討したという形である。また、カテゴリタグの名称・範囲は未定であり、「合成音声実況」などの部分的なカテゴリタグ独立もあり得た。詳しくは各項を参照)。また、カテゴリランキングニコニ広告についても議論が行われ、運営側からはそれらの議論を踏まえ今後根本的な修も行うこととなった。

なお、この記事の初版作成者はSlack参加者である。しかし、限定開されたSlackの内部で参加者がったことを記述することはできないため、極外部から読み取れる情報だけで(特にふりかえり放送の内容から)Slack議論内容について説明する。ここに記載されていること以外にも、Slack内では多くのことが議論されたという点については留意していただきたい。

また、2018年9月20日運営から「ニコニコ動画カテゴリ検討Slack」内で寄せられた意見をまとめた記事が開された。こちらも併せてチェックすると、より理解が深まるはず。
「ニコニコ動画カテゴリ検討Slack」参加者よりいただいたご意見のご報告[外部]ニコニコ窓口担当ブログ

そして、同年10月19日に「バーチャル」「MMD」「ASMR」「鉄道」「TRPG」の5つのカテゴリタグが新設されることが発表された。詳しくは各単語記事を参照。また、カテゴリ新設に関するFAQはこちら[外部]開されている。
のちにニコニコ窓口中の人にも生放送カテゴリについて質問可な場所がつくられた。
詳しくは当記事の最後にある「実際に追加されたカテゴリ」参照。
lv316320229


概要


最後の複数のカテゴリタグの追加(2011年)から7年経過し、ニコニコ動画カテゴリタグが新しく生まれてきたコンテンツに対応できなくなってきた。そのため、新しくカテゴリを追加したいという意見が視聴者側からも多く出ていた。運営側もそれを感じていたため、Slackワークスペース議論の場所)を開設し、どのようなカテゴリを作成すればいいかユーザー側で議論することになった。その際、それに付随する話題として、以前から善の要望が根強くあったカテゴリランキングニコニ広告全体に関わる議論も行われた。

つまり、

について議論を行った。

「なぜランキングカテゴリ関連が『長期的な』善なのか?」については、

といった理由があり、ゼロベースからの作り直しになってしまうためである。ちなみに「短期的」というのは1~2ヶ程度、「長期的」というのは「何ヶ単位9月を起点としたら年内は怪しい)」ぐらいの長さとのことである。

このSlackには合計182名が参加し、そのまとめ放送は2018年9月11日に行われた。ニコニコ運営柑氏と横氏が登場し、スライドでの説明や集められたSlack参加者の意見を読み上げるというスタイル227分に及ぶ長時間の放送となったが、今回の記事の内容は、その放送内容の要約でに構成されている。


用語の意味



小カテゴリ


いわゆる「カテゴリタグ」のこと。その動画を示す特殊なジャンル
これをつけるとランキングに集計される。小カテゴリごとのランキングの表示も可になる。最近の変更としては、2016年の「実況プレイ動画」の追加が挙げられる。それ以前には、2011年に「旅行」などの5つの小カテゴリが追加されている。
この記事で「カテゴリ」「カテゴリタグ」と書いてあるものは多くの場合「小カテゴリ」のことをす。
詳しくは、ニコニコ大百科カテゴリタグ」へ。


大カテゴリ


いわゆる「カテゴリグループ」のこと。「エンタメ・音楽」「生活・一般・スポ」などの6つがあり、複数の小カテゴリをまとめる存在になっている。
マス状の「将棋盤ランキング[動]」(デバイスによっては表示されないので注意)における6つの縦列が大カテゴリに該当する。
詳しくは、ニコニコ大百科カテゴリグループ」・「将棋盤」へ。


短期的な改善:小カテゴリの追加


運営側としては、何らかの「小カテゴリを追加するべき」という結論に至った。利用者側も、この意見が多数を占めた。
(「カテゴリ化に足るタグ名がない」「今後の長期的な善の妨げになる」などの理由で、小カテゴリを追加しない方がよいといった意見もあった)


カテゴリ追加に対するこれまでの運営の対応の経緯


「なぜカテゴリが追加されなかったのか?」という摘については、

といった点によりニコニコ動画の大幅な変更が必要なため、対応としては他に善すべき箇所をを優先してしまったとされている。
タグフォロー」「人気の高い順検索」という機もあり、カテゴリの追加についてはそれほど重要視されていなかった。

また、例えば「MMD」については運営側でも「追加すべき」という意見と「追加すべきでない」という意見があったなど、ユーザーとのコミュニケーションがとれていなかった以前の運営では判断ができなかったということも挙げられた。

しかし、2017年12月以降にニコニコの体制が変化し、ランキングカテゴリの本格的な修に乗り出すことになった。その実装コストを見積もったところ、「新規カテゴリの追加」であれば1~2ヶ程度であれば行えるということがわかり、カテゴリの追加について、ニコニコ動画の利用者を招いて議論を行うこととなった。


カテゴリ追加のメリット


動画はたくさんあるが、ランキングに入ってこない・埋もれている動画が多いという状況を善し、

  1. カテゴリとして独立させることで、動画投稿者に適切な投稿場所を用意し
  2. 分散している動画を集約して、カテゴリランキング住み分けすることで
  3. 日のをあびるべき動画ピックアップされる環境が生まれる

ことを的として、カテゴリを追加する。


myrmecoleon/ありらいおん氏の資料について


ニコニコ動画のカテゴリタグ再編について本気だして考えてみた。(myrmecoleon/ありらいおん氏、2011年)[外部]というニコニコ部(はてな)[外部]への投稿が、運営側のカテゴリ追加の理由に近い意見が述べられているということで、ふりかえり放送で紹介された。特にその中でも「カテゴリタグ化のメッセージ」の部分がカテゴリ追加の役割・メリットとして紹介された。

運営からの肯定

カテゴリコミュニティ(ある一つのものが好きな人たちの集まり)になり、「ニコニコにはこれが好きな仲間たちがいます」という外部への紹介、また利用者の「居場所づくり」の側面がある、という形で紹介された。

隔離

あるコミュニティが大きすぎる場合、2つに分離する住み分けの側面として紹介された。ただしこれは諸刃の剣でもあり、そのコミュニティの参加者が納得している状態でなければできないとされた(「音楽」から「VOCALOID」が分離した際、トラブルが発生した前例がある)。

もっと伸びるべき

動画サイト内に名前をつけられた居場所(カテゴリ)があることで、投稿者側が安心して投稿できるようにできるという側面として紹介された。

新しいカテゴリタグの名称を作ることについて

また、現状一定数存在するタグを使い、新しいカテゴリタグの名称を作らないというありらいおん氏の意見も紹介された。既存の動画について投稿者側がタグを変更するのは面倒だったり、そもそも活動休止した投稿者も多かったりして変更が進まない可性が高い。また、運営側で強制的に変更することは技術的には可だが、変更の対となる動画の範囲を決めるのが困難である。そもそも、運営側が勝手にその範囲を決めてしまっていいのかということもある。


めめめのくらげ氏が集計したデータ


2018年7月ごろ~8月5日タグごとの投稿数を表したデータGoogleスプレッドシートで公開されている[外部]。こちらも参考として放送内で挙げられた。
すでに小カテゴリ化されているもの以外ではゆっくり実況(4,091件)・VOICEROID実況(4,067件)・MikuMikuDance(3,769件)が非常に多い。
他に多いものは「PS4」「バーチャルYouTuber」「うたスキ動画」「真夏の夜の淫夢」「結月ゆかり実況プレイ」「プレイ動画」「スプラトゥーン2」「Steam」「Splatoon2」「初音ミク」「女性実況」「Minecraft」「maimai動画」等が挙げられた(すべて投稿1200件以上の動画)。
そのうち、「うたスキ動画」「maimai動画」は録画した動画を自動でニコニコアップロードできるため、投稿数が多いものの、ランキングに入ってくる動画は非常に少ない。そのため、この2タグについてはカテゴリ化のメリットは少ない。


商標について


カテゴリの名称が商標に使われている場合に問題があるかどうかという点については、最終的に「問題なし」となった。「ジャンル・用途が異なれば使用できるため」といったことや、「カテゴリ名は商標に当たらないと考えるため」といった理由がある。
ただし、これはニコニコ本部の見解であり、裁判所などが出した見解ではない。また、あまりにもダイレクトすぎる名称はNGとされている(例:YouTube。そのため、「バーチャルYouTuber」は小カテゴリの名前としては使いづらい可性がある)。


追加が検討された主な小カテゴリ


Slackには「チャンネル」という、「#○○」などのチャンネルチャットルーム)が作成できる機がある。カテゴリの追加の議論のために作成されたチャンネルは以下の通り。

このうち上の4つはSlack開始時に運営側が提案したもので、下の2つは議論の途中でチャンネルが新しく開設されたものである。以下にその提案理由と、議論の概略を述べる。

VTuber


■sm32354553[ニコ動]

■sm32485786[ニコ動]

■sm32518217[ニコ動]
■sm32823843[ニコ動]

いわゆる「バーチャルYouTuber」のこと。YouTubeで活動していない人物も含めることがあるが、ここではそれを含めて「VTuber」で表記を統一する。

という理由で運営側から提案された。
実際に「バーチャルYouTuberタグ動画投稿された小カテゴリを見てみると、「エンターテイメント(36%)」「その他(24%)」「例のアレ(12%)」になっている。

Slackでは「カテゴリ名を何にするか」が議論軸となった。「YouTube」を連想する言葉を使うと、YouTube以外で活躍しているもの(例:Virtual Cast動画バーチャルSHOWROOMER「東雲めぐ」など)が除外されてしまう可性があるためである。また、先述したように「バーチャルYouTuber」など別の動画サイトである「YouTube」を含むものは名称があまりにもダイレクトすぎるという問題がある。そのため、「バーチャル」「バーチャルタレント」などのカテゴリ名称も挙げられた。

また、将来的に発展すると考えられる、今の「VTuber」の形式とは異なるARVR系の動画が登場した場合どうするかという問題もある。
さらに、後述する3DCGとの競合が起きる可性もある。ただし、VTuberは必ずしも3Dでなければならないということはなく、例えばにじさんじの場合は2Dのキャラクターも多い。


次へ»
最終更新日: 18/11/25 20:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ