ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニッポン放送


ヨミ: ニッポンホウソウ
掲示板をミル!
30カキコ!
ニッポン放送
Nippon Broadcasting System
基本情報
略称 LF
日本
所在 東京都千代田区有楽町一丁9番3号
運営事業者 株式会社ニッポン放送
放送対地域 関東広域圏(関東7都県)
ラジオ周波数 1242kHz(AM/中波)
ラジオ系列 NRN
コールサイン JOLF
開局年 1954年7月15日
設立年 1954年4月13日
備考
放送局情報テンプレートボックス

株式会社ニッポン放送 (Nippon Broadcasting System, Inc.) とは、関東広域圏エリアとするAMラジオ放送局である。


概要


フジサンケイグループに属する中波ラジオ放送局。以前はフジテレビジョンの親会社、そして形式上フジサンケイグループの統括企業としても機していた。

長寿深夜番組「オールナイトニッポン」の製作局として全的に有名な放送局である。

1980~1990年代前半は聴取率トップを独走し、手好きのフジサンケイグループらしく、大々的なキャンペーンをよくやったり、プレゼントばら撒き作戦などを積極的にやる局として一部では有名だった。
2001年TBSラジオ首都圏ラジオ聴取率トップの座を奪われる。以降しばらくは2位の座をキープしていたが、近年では文化放送NHKラジオ第一、J-WAVEと第2位の座を奪い合う団子状態となっている。

IPサイルラジオ協議会に参加しており、2010年3月15日からradiko.jpにてインターネットサイマル放送を行っている。
また、2015年12月7日にはTBSラジオ文化放送と共に東京スカイツリーからFM補完放送ワイドFM)を開始、93.0MHz(称:HappyFM93)でも聴取可である。


フジサンケイグループの統括企業から傘下企業へ


かつてはフジサンケイグループの統括企業として機しており、放送事業よりもそちらの方の利益で大けをしていた。
しかしフジテレビよりもニッポン放送のほうが規模が小さく、企業買収の対とされやすいといわれていた。そこでグループを安定させるために、フジテレビがニッポン放送のを購入して、親子関係を逆転させようとした。しかしホリエモンをつけられてめんどくさいことになり、その後のgdgdはご存知のとおり。
結局、ニッポン放送はフジテレビ子会社となった。現在のニッポン放送は旧ニッポン放送(ニッポン放送ホールディングス称の後、フジテレビに吸収合併)から分割された新しい会社。

このニッポン放送とフジテレビの親子関係の逆転と前後して、ニッポン放送に在籍していたアナウンサーや番組スタッフなどの社員が大量にフジテレビへと転属されている。
また、ライブドア問題を期に、ニッポン放送にそれまで存在しなかった労働組合がようやく結成されることとなった。 

ちなみに、レコード会社のポニーキャニオンは元々ニッポン放送の関連会社「ニッポン放送事業社」として創業した会社である。


主なワイド番組(2015年4月現在)


スタブ
この項記事主TBSラジオなのでニッポン放送の番組には興味いようです。
ニッポン放送リスナーの方はがんばって編集してください。


過去の主な番組


スタブ
この項記事主は好きな番組の向が偏っているようです。
他番組のファンの方はがんばって編集してください。


黒歴史



LF+R


Love & Friends + Radio」を意味するらしい。
オールナイトニッポンSUPER!」(旧ワイ)、「@llnightnippon.com」(旧1部)、「オールナイトニッポンr」(旧2部)の三部放送の時期。
また、AMラジオなのにFMラジオにかぶれたような編成を行う大愚策を行った。

25時台の番組をすべて22時台に移動させ、い時間帯となったため番組内容に制限がかかるなどした。さらに「雰囲気に合わない」という理由で人気長寿番組であった「松村邦洋オールナイトニッポン」と「松任谷由実オールナイトニッポン」を終了させている事もリスナーの反発を生んだ。

さらに開始直後は22時台は関東ローカルのみの放送とインターネット同時放送だけとなってしまい、地方リスナーからかなりの反発があった。1999年当時はまだPC、及びインターネット回線の普及率が非常に低く、通信費の定額サービス発足前である事も影した。Eメールによるメッセージネタ募集も聴取層である学生携帯電話普及率の低さから回りに終わる。

その後、同年10月より地方局もネットし始め、最終的にはほぼ全ネットになったが、地方局の番組の制作を奪う結果となってしまった。さらに秋田放送北陸放送南日本放送などJRN寄りの編成を行う局ではTBSラジオの裏番組「アクセス」にネットを奪われる事態にもなった。

余談だが「ナインティナインのオールナイトニッポン」はわずか半年で木曜25時台に復帰したが、22時移動による番組内容の制限、下ネタに関する自主規制で「番組内容がつまらなくなってしまう」と危惧しためちゃイケスタッフが、ナイナイには内緒でよいこネタハガキ投稿させる企画を行ったが、一度も採用されることがく、番組が25時台に戻ってもネタハガキ投稿し続け、それでも読まれず、最終的にめちゃイケメンバー全員してハガキを送ったところ、何故か武田治のハガキが採用された。

岡村隆史1999年3月移動前最終回で「必ず半年で1時台に戻る」と宣言している。最初期の旧1部「@llnightnippon.com」は2時間通しのパーソナリティーが存在せず、30分番組と1時間番組を組み合わせた内容であったが、ナイナイ木曜1時復帰によりこの体制は半年で崩壊。水曜aikoが加入し、昔の1部の形に1年で戻っている。

これが誤算となり、リスナーは「アクセス」。さらに伊集院光コサキン爆笑問題を有する「UP's(現・ジャンク)」にリスナーを大量に奪われ、ニッポン放送聴取率1位陥落の引き金となった。過去に10数社を誇ったオールナイトニッポンの協賛スポンサー減し、聴取率トップナイナイですら4社ほどに減ってしまった。  


ニッポン放送乗っ取り未遂


ホリエモンに時間外取引で買収されそうになった。ほとんどのスポンサー逃げてしまい、オールナイトニッポン提供創価大学JASRACが入るようになる。


宮本幸一



次へ»
最終更新日: 18/11/18 15:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ