ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ニンテンドーダイレクト


ヨミ: ニンテンドーダイレクト
掲示板をミル!
3593カキコ!
[画像を見る]
岩田 皆さんこんにちは、任天堂岩田です。
ニコニコ大百科というWeb百科事典の事は皆さんご存知かと思いますが、
今回は「特別編」として、
このニコニコ大百科の「ニンテンドーダイレクト」の単語記事からお送りしています。
特別編」ですから、いつもとは趣向を変えて、ニンテンドーダイレクトとはどういうものなのか、
どういったコンセプトを持っているのか、などについての知識を、
インターネットニコニコ大百科をご覧の皆さんに、
\直接!/

お伝えします。
どうぞ最後までよろしくお願い致します。
岩田 まずは、ニンテンドーダイレクトのおおよその概要についての説明です。
編集者の方々に用意していただいた記事がありますので、そちらをご覧ください。

概要


任天堂の社員が案内人として登場し、文字通りダイレクト任天堂ハードソフトに関する新情報などを発信する番組。略称非公式)は「ニンダイ」「任直」など。なお、初代プレゼンターである岩田聡社長がご存命の時には、社長自ら 直 接 お届けしていた。
過去任天堂が開催してきたカンファレンスでの講演にも似た、数十分間に及ぶプレゼンテーションの録画放送を行った後、関連トレーラーや新たなダウンロードコンテンツを後でめて放送、配信するという形をとっている。発表内容は全世界に向けてのものであるケースが多く、現地の言葉にリアルタイム翻訳された動画の配信や、レジーコングを始めとした任天堂海外支社のCEOがプレゼンを行ったりしている。岩田社長がご存命の時には、自らの言葉で英語で 直 接 伝えることもしばしばあった。2017年4月の配信から放送内容を大幅にリニューアルし、任天堂の社員は案内役として冒頭や合間、ラストに登場するのみにとどまり、別途ナレーションによる情報読み上げという形になった。

公式サイトのほか、YouTubeニコニコ生放送で視聴可。 (3D映像3DSeショップ限定で閲覧できる)配信された映像ニンテンドーeショップや、YoutubeNintendo公式チャンネルでも閲覧できる。WiiUNintendo Switchで配信されているダウンロードソフトニコニコ』を利用すれば、Wii USwitchを通じてテレビGamePadでも視聴が可

伝えられる情報開発中ソフトの続報、PVを先行開するなどだが、ニンテンドーダイレクトで初開されたソフトも数多く存在する。また、発表の順序や形式は回によって大きく変わり、これといった法則性も見受けられない。かつては任天堂公式サイトで連載している「社長が訊く」がプレゼン中に突然行われたり、岩田と飛び入りゲストによるシュール茶番劇が披露されるなど、実際に観てみるまで何があるかはほぼ予測不可能コンテンツが飛び出すことがあった。

番組の告知は公式サイトトゥイッターの任天堂公式アカウントで行われる。ダイレクト放映中に発表された情報はほぼリアルタイムトゥイッターでもトゥイートされる。第3回ニンテンドーダイレクトからは3DSダウンロードソフト「いつの間に交換日記」を用いた告知も行っている。2013年11月1日の「いつの間に交換日記」のサービス停止に伴い、この告知も行われなくなった。

ダイレクトの配信は他にもある特定ソフトだけに焦点を絞って情報を発信するダイレクトや、小規模にはなるものの較的重要性が高くないと思われる新情報を少しだけ発信する「ちょっと NintendoDirect(略称:ちょっとダイレクト)」も行なっている。後者に関しては、通常のダイレクトとは違いこれといった告知もなく突然配信される事が多い。また、こちらの配信は岩田本人が登場する機会はあまりなく、代わりにポリゴン岩田が登場しプレゼンしていた。


プレゼンターの歴史


先述の通り、プレゼンターは当初は岩田聡が担当。情報社長自ら 直 接 伝える動きが活発となったが、2015年4月2日ダイレクトから新たに任天堂広報室の森本英機がプレゼンターの役割を引き継いだ。岩田氏の死去後も森本氏のプレゼンによる配信は何回か行われたが、2017年4月からの番組内容のリニューアルに伴い小泉歓晃氏が案内人を担当。その後は時折高橋伸也氏と交互に案内人を担当する。


ちなみに


番組が始まったきっかけは2011年9月13日に開催されたニンテンドー3DSカンファレンスをインターネット上で生中継した事にある。ニコニコ生放送でも配信されたこのイベント中継の視聴者が思いの外多く、反応も上々だったため、「カンファレンスで伝えきれない情報ユーザーに直接お届けする」という試みの元、この番組が開始されたとの事。
以後は好評を受けて定期的に放送されている。任天堂社内の開発室などで行われるケースもあり、任天堂社内を映像で見る事ができる重な機会でもある。

プレゼンではその番組名称にも示されている「直接」という言葉が決まり文句となっており、岩田社長がこの言葉を口にする際は、毎回必ずと言っていい程「ピンと立てた両手を顔の前で向かい合わせて前方に突き出す」という独特のポージングを見せる。最近ではそのポージングと同時にゲームSEが鳴ったりエフェクトが付けられたりする事もあり、発表するソフトに応じての七変化を遂げる社長自身も相まって全に岩田社長の持ちネタと化している節がある。

2012年10月25日に開催された決算説明会での質疑応答[外部]によると、1週間で60万人とか100万人規模の閲覧数があるらしく、テレビCMゲーム専門誌などと並ぶエンドユーザー向けの新たなマーケティング手段として、「一定のエネルギーを割いて続けていく価値が十二分に」あると任天堂社内で評価されている。YoutubeにあるNintendo Directチャンネルでは「とびだせ どうぶつの森Direct」が100万再生を記録し、その認知度はゲームに詳しいユーザーだけでなく一般ユーザーにも広まりつつある。

岩田 さて。ここからは、過去に行われたニンテンドーダイレクトの動画生放送についてお伝えします。
ニコニコ動画アップされた動画や、
ニコニコ生放送で放送されたURLなどを紹介していきますが、
どの動画任天堂公式サイトの「ニンテンドーダイレクト[外部]」のページでも視聴する事が出来ます。
ただしこれらの動画は、配信当時の最新情報をお伝えする的で作られていますので、
新たにニンテンドーダイレクトを放送する際は、過去ページを予告なく削除する場合があります。
予めご了承ください。
この記事のとある編集者さんも、過去のプレゼンテーションを参考にしようとアクセスしたら、
既にページ削除されてしまっていた、という出来事に遭遇したとお聞きしています。
岩田 また、これまでの日本向けニンテンドーダイレクトでは、開発者の方が出るとき以外はずっと一人でソフト紹介をしてきました。ただ、おっさんが毎回すべてのソフトを紹介するやり方を、今後も漫然と続けていていいのかとという問題意識もあって、2015年4月2日ダイレクトから新たに、任天堂広報室の「森本さん」に私の名で、私に代わってやってもらうことになりました。
森本 任天堂広報室の森本です。突然社長からご名を受けて、かなり気が動転していますが、これから岩田さんに代わって、任天堂からの情報岩田:せーの)

\直接!/

[画像を見る]お届けしていきます。どうぞよろしくお願いします。
岩田 それでは森本さん、後はよろしくお願いします。
森本 それではめまして、過去に行われたニンテンドーダイレクトの動画生放送を、
時系列順にご紹介致します。ご覧ください。

動画・生放送



Nintendo Direct(総合/ハード別)


Nintendo Direct 2019.9.5


■sm35639562[ニコ動]

lv321683658


次へ»
最終更新日: 20/03/27 15:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ