ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ネプチューンマン


ヨミ: ネプチューンマン
掲示板をミル!
42カキコ!
«前へ

過去世界では、時間人・新世代人が現れた事で、再びタッグトロフィーを懸けたタッグトーナメントが再開されることになる。そこでネプチューンマンは新世代人のセイウチンの潜在を見出しタッグパートナーとして抜、野生の本を開放させこれまでのセイウチンとは違う暴さを引き出した。そして、トーナメントで新世代人を援護する・・・はずだったが、ここへきてトロフィー球根の存在や完璧超人界の復とかつてのタッグトーナメントの熱が自身の欲望に再び火をつけてしまい、それらをえる為だけに動いてしまう。それは本来援護するはずだった正義人たちにも矛先を向けられ、セイウチンを心配したチェックメイトセイウチンと共に「オプティカル・ファイバークロスボンバー」で倒し、顔の皮を剥いでいる。

セイウチンとのタッグ・「ヘル・イクスパンションズ」披露の際にチェックメイトの痛々しい姿を棺桶で運び、周囲にその本性を知らしめる。予選である間引きバトルロイヤルが突如開催されると、キン万太郎キン肉マングレートのマッスル・ブラザーズ・ヌーヴォーを攻撃する。ここでのネプチューンマンは、相手の顔の皮を剥いでコレクションにするという以前よりも残虐で悪辣な行動を見せ、観客にまで悪態をついて挑発するなど以前の感情を捨て去った完璧超人というよりは品位のない悪行人そのものだった。もっとも、若さによる甘さがなくなり、暴れるセイウチンを腕で抑えるなど快な姿も見せていた。万太郎を痛めつけ、オプティカル・ファイバークロスボンバーで仕留めようとする。だが、そのとき身代わりとなって飛び込んできたバリアフリーマンとイリューヒンの火の玉飛爺隊の顔の皮を剥がして間引くことになる。

本戦1回戦では、新世代人であるスカフェイスジェイドスーパートリニティーズと対戦。スカフェイスの悪行人時代に戻った残虐ファイトを利用してセイウチンの性をさらに引き出させることに成功。スカフェイスを2人がかりで追い込む。そこへブロッケンJr.が右腕を失い、ベルリンが放てなくなり戦外状態になっていたジェイドが、新技「ブロッケンの帰還」を得て復活。空中分解寸前だったトリニティーズのチームワークが復活したことで反撃を受ける。しかし、ジェイドの優しさを利用したセイウチンの擬態によって流れを引き戻すと、マスク・ジ・エンドジェイドを潰し、オプティカル・ファイバークロスボンバースカフェイスの顔の皮は剥がしてKO。1人残されたジェイドを挑発する非情さを見せ、オプティカル・ファイバークロスボンバージェイドKOし、勝利。もっとも、かつての仲間であるジェイドに対してセイウチンが手加減をして顔の皮は剥がせず、試合後そのことを咎める。

2回戦では、ウォーズマンマイケルヘルズ・ベアーズとアニマルチェンバーデスマッチで対戦。試合のルールが優位に働き、セイウチンとの2人がかりでマイケルを攻撃するが、マイケルの正体が”人破壊師”マンモスマンと判明。ベアーズの息の合ったコンビネーションに劣勢に立たされ、さすがに焦りの色が見えるようになる。さらに、同じく未来からやってきた21世紀ウォーズマン正義スピリットと、剥いだ顔からかつての仲間である新世代人4人の呼びかけ、更にたまたま客席に居た若き日のセイウチンの両親の呼びかけによりパートナーだったセイウチンが正義人に復帰した上でウォーズマンのパロ・スペシャルにより倒されてしまう。しかし、逆にウォーズマンパートナーだったマンモスマンは悪行人としての本性から己のやりたい様にやれないジレンマと血生臭いファイトを切望、ネプチューンマンに同調しウォーズマンを裏切る。ウォーズマンった先ほどまでのパートナーであるセイウチンの顔の皮を剥がすと、予想外の出来事や時間限界から不調を来したウォーズマンを「地獄氷結落とし」で打ち倒し、新タッグ「新ノヴァ)・ヘル・イクスパンションズ」を結成。そのままトーナメントを勝ち上った。

試合終了後、突如現れた大魔王サタンの「蜘蛛の呪い」に世界五大厄、マンモスマンと共に参加しキン肉マンを呪いにかける。準決勝前には訓練を偵察していたミートから「宇宙人大全」を奪い取りその内容をマンモスマンに吸収させるなど非ぶりを加速させる。だが、ザ・マシンガンズとマッスルブラザーズ・ヌーヴォーとの戦いを観戦する中で、彼の中に眠る“友情”が再び顔を出し、双方のチームに𠮟励をする。

「悪vs悪」の構図となった時間人のタッグ世界五大厄」(ライトニング&サンダー)との準決勝第2試合は、かつてザ・マシンガンズと戦ったソードデスマッチおこなわれることに。序盤からオプティカル・ファイバークロスボンバーを繰り出すが、時間人のアクセレレイションの前には通用しない。さらに、左腕にダメージを受けた影でなかなか良いところを出せなくなっていた。だが、時間人が富士山一帯の時間を戻したことにより封印されたマグネットパワーを復活させ、マンモスマン完璧超人としての教えを忠実に守る姿から友情を感じ取り、マンモスマンを助ける。が、マンモスマンはそんなネプチューンマンの優しさを快く思わず次第に不和が生じ、更には試合を見守り続けたフード男の呼びかけによりクロスボンバーの破壊を全てネプチューンマンの左腕に集中させて破壊した後離反する。追い打ちをかける様に長年の必要以上の鍛錬による体の酷使と過度の食事制限で強体とは逆に内臓は深刻な負担を受けていた事まで分かり、結果、孤立していたネプチューンマンは心に友情を復活させるも、世界五大厄から惨なまでのリンチを受けてしまい、最後は死時計の刻印を受けて大敗を喫すことになる。心肺停止となったところを時間人により火口に投げ入れられて処刑されそうになるが、カオス・アヴェニールによって命を救われ、21世紀で新世代人の導にを発揮して欲しいと告げられる。その後「ケッ、こんな古くせえ時代のやつらにひと言いいてえことがある! 20世紀の若かりし頃言ったことだが、またこの老体になってからより一層深く理解できたことがある…この世にひとつだけ璧なものがあるとすれば…それは正義人界の友情だーっ!」と涙ながらに叫んで、カオスによって現代へと転送された。しかし、尽きたカオス死亡してしまう。

二世でのネプチューンマンの迷走

この時期のネプチューンマンについては、正義なのか悪役なのか方向性が見えず、マンモスマン共々晩節を濁したという汚点があげられている。これは作者嶋田氏が自身の老いと迷走がそのままネプチューンマンに反映されてしまったと反の弁を述べられている。


完璧超人始祖編


完璧超人である議会を説得し、正義人・悪魔人・完璧超人の間の三属性不可侵条約に完璧超人代表として条約に署名。しかし、代表権のい越権行為とする完璧・無量大数軍によって捕縛され、いずこかで閉される。

その後、キン肉マンとの戦いをきっかけに今の完璧超人界の在り方に疑問を覚えたピークア・ブーによって救出され、ネメシスとの対決に怖気づくキン肉マンの前に姿を現し、を入れる。

キン肉マンにネメシスを正して欲しいと告げるものの、ネメシスのことは完璧超人の変革のために必要な人物と評価しており、甲子園球場での戦いではネメシスを応援する。試合後、敗れたネメシスを処刑しようというザ・マンに対してピークア・ブーと共に異議を申し立て、処刑は保留ということになる。


タッグパートナー



必殺技



シングル技


ボンバー
硬度10を誇るダイヤモンドアームの左腕から繰り出す強ラリアット。その破壊マンモスマンの巨体や大木をも吹き飛ばすほど。
元ネタとなっているのは、ハルク・ホーガン新日本プロレス参戦時に必殺技として使っていたアックスボンバー
ザ・サムライとして使用した際は、「居合切りボンバー」という名称になっていた。
ソード・ボンバー
夢のタッグトーナメント決勝のソード・デスマッチで使用。ソードボンバーマグネットパワーによって左腕に吸い付かせ、ラリアットを放つ。キン肉マンⅡ世 究極のタッグ編でも使用したが、このときは「クォーラル・ソード・ボンバー」という名称だった。。
スペシャル
固めの変形で、使用者にある程度腕と脚がないと効果はあまり期待できないとされている。喧男時代から使っていた必殺技であり、ロビンマスクケンダマン相手に見せたこの技でネプチューンマンの正体に感付く。
ダブルレッグ・スープレックス
ネプチューンマンのシングル技で最強技で相手をロープに振り、戻って来た所をコスチュームの巨大なに突き刺し捕らえ、膝裏から両太股を抱えて身体全体を持ち上げ強スープレックスを繰り出す。
掟破りのロビンスペシャル
人師コンビ戦の終盤、ロビンマスクロビンスペシャルを敢行中
ロビンマスクを奪い取り、重みを移すことにより使用したカウンター技。
磁気スープレックス
マグネットパワーで相手を引き寄せ、ジャーマンスープレックスを決める。磁気スープレックスと同様の原理でツームストンドライバーを決める「磁器ドライバー」という大技もあり、アニメではこの技の威トーナメントマウンテンが崩壊した。
魔の直滑降
相手の突進してくる勢いを利用して、自分の腕を前に出して後方へ相手を投げ飛ばす技。
同様に相手をリング下に叩き落とす「魔の直滑降スペシャル」も存在する。
地獄三重
男時代からの技でマスクマン相手に生み出した技。スリーパーホールドの体勢でスープレックスを決め相手の覆面を後ろ前にすることにより一時的に相手の帯・視覚・聴覚を封じる。
審判ロックアップ
組み合うだけで相手の実を知ることができる特殊。元々はロビンマスクと組み合った際にの差を悟ったことが発端だが、後付けで特別なということになった。
さらに、ネプチューンマン特有のではなく、完璧超人であることが判明し、ネメシスもロビンマスクを相手に使用。また、ストロング・ザ・武道は、同じ形から人強度を奪いただの人間にしてしまう「の悲劇」を使う。
ライド
ショルダーネックブリカーの体勢から、さらに相手の両足首を自分の太ももロック、高くジャンプして衝撃を加える技。
人絞殺刑
元はキン肉マンの技で、時間ライトニング相手に使用した。
アイアンバット・スクィーズ
復活したマグネットパワーで左腕に柱を2本装着し、そのまま回転し相手に突撃する。

タッグ技



次へ»
最終更新日: 19/09/01 13:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ