ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ネーミングセンス


ヨミ: ネーミングセンス
掲示板をミル!
60カキコ!

ネーミングセンスとは、和製英語の一種で「良い名前を付ける」「素晴らしい名前を思い浮かぶ技量」の事である。

もちろん海外では通じない。


概要


ネーミングセンスが問われるのはあくまでその言圏の中のみである。外での固有名詞などを日本語で解釈するとおかしな名前の場合も多数存在しているが、それらはあくまで偶然の産物であり、それらについてネーミングセンスを問うのはナンセンスである。


行政のネーミングセンス


行政には期待してはいけないものである。

例を挙げるなら、東京スカイツリーの名称決定に関してネーミングセンスをかなり疑いたくなる名前が補に残されたことが挙げられる。

最終補には実際に選出された東京スカイツリーを除くと、東京EDOタワーみらいタワーゆめみやぐら、ライジンイーストタワー、ライジンタワーという名前が並んでいたのである。東京スカイツリーが選ばれたのが納得のラインナップであろう。


創作者のネーミングセンス


ライトノベルなどにおいてはぶっ飛んだ名前の持ちが多数登場することがあるが、彼らの両親は果たしてどのようなネーミングセンスを持ってその名をつけたのか疑いたくなることも多い。

もっとも、創造者である作者からしてみればその名前の中に重要な意味を持たせていたりするため、ネーミングセンスを疑いたくなるような名前でもその名前に必然性がある場合もきにしも非ずかもしれないという可性は残しても悪くはないだろう。


中二病発症者のネーミングセンス


前項の創作者のネーミングセンスとも若干かぶるが、中二病を発祥している人のネーミングセンスはかっこよさと独自性を両立させようとして非常に特異なものへと変じる。中にはぴたっとはまってかっこよくなる場合もあるが、同時に思いっきり滑ってしまう場合もある。

また、「中二病者(えらばれしものたち)」の「命名(ネーミングセンス)」の「特徴(しるし)」として、「漢字(なかつこくご)」での表記とともにルビや()つきでひらがな/カタカナでの「別の読み(ほんとうのなまえ)」を付け加える場合がある。そのようになった場合、「本来の読み(かりのなまえ)」とはかけ離れたルビが振られる場合がほとんどであり、まさに「命名(ネーミングセンス)」が問われることになる。

別のパターンとしては「○○○○」というようなふたつ以上のものを組み合わせた、いわゆる二つ名を考えてしまうというものもある。この際、組み合わせる言葉選びにもネーミングセンスが問われる。


ネーミングセンスに定評がある人物/代表的な命名例


()内は出展元。


関連項目



最終更新日: 14/12/01 18:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ