ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ノラB-52


ヨミ: ノラビーゴジュウニ
掲示板をミル!
5カキコ!

ノラB-52とは、セルビアで開発・運用されている装輪自走砲である。爆撃機B-52とは全く関係ない。


……せるびあ?


セルビア、というか旧ユーゴスラビアではチトー大統領の方針で“社会主義政権だけど政治的には中立”を是としていた。そのため兵器とかはなるべく内生産という方針を採り、ユーゴスラビア連邦内諸で研究・開発・製造が行なわれていた。
ユーゴスラビアチトーの死後分解してしまったが連邦を構成していた各兵器開発の資産は残り、現在でも例えばクロアチアではT-72ベースとしてるけどもうオリジナル同然な戦車『M-84』や『M-95』を開発している。か記事かいてよ。

そしてセルビアでも兵器開発は続いており、首都ベオグラードにあるその名も『ベオグラード軍事研究所』で開発されたのがここで述べるノラB-52である。


種類


実はいろいろ種類がある。


解説


K1以降のモデルハーフトップ…つまりある程度機構部を野ざらしにした全自動装填システムを採用しているのが特徴。具体的にはケツ、尾栓部と自動装填装置は野ざらし弾庫と火庫は分けて屋根付きというか専用の部屋を用意。乗員4名は操縦席から降りて各操作パネルに取り付き操作、撃を行なう。コンピューター化されたFCSを搭載しており発射・火量・弾の種類はボタンで簡単操作。ここらへんもカエサルに近い。カエサルと違うのは自動装填と360度全方位で射撃が可な点で、恐らくこの点と後述する価格は世界のどの自走砲よりも優秀、多分。

モデル頭文字『K』はK0の項で述べたロシアのカマズ社製トラックシャーシを採用したモデルで、メルセデス・ベンツの軍用8輪トラックシャーシ(の、ライセンス生産品)に搭載したモデル(恐らくK1/K2ベース)も存在し『M03』を名乗っている。関連動画のはじめの動画はこちらが映っている模様。

しかし複雑な機構部を野ざらしざらしにしてええんやろうかと思う(動画を見ればわかるが移動時はカバーをかけている)が、やっぱりセルビア側もまずいと思っているらしくクローズトップ(要するに普通)にしたモデルが存在し、これがモデルKIである。

特筆すべきはその値段で、モデルK0で日本円で6300万円、K2で2億3千万円ぐらいと。ちなみに日本のFH70の納入価格は3億円なんですがorz

現在セルビアでの配備数は不明(というより非開)だが外へのセールスは好調で、ミャンマーケニア30門、バングラデシュが18門購入しているという。

ただ……やっぱり複雑な機構部をさらけ出した状態で高温多湿のミャンマー季は大騒ぎのバングラデシュできちんと動くのかしく不安ではある。


関連動画


ようつべの個人投稿制作らしいノラB-52のPV   ↓こちらはセルビア制作らしいPV

■sm21923326[ニコ動]

 ■sm21923368[ニコ動]


関連商品


プラモとかいですか、そうですか…


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 14/01/22 06:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ