ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイドラ


ヨミ: ハイドラ
掲示板をミル!
19カキコ!

ハイドラとは、ヒュドラ(Hydra)の英語読みであるが、ここではH・P・ラヴクラフトの作品に登場する性について解説する。


概要


小説インスマウスを覆う影」でダゴン秘密教団が崇める二柱の一柱で、「なるダゴン」と一対の女神なるハイドラ」として名前が挙げられている。今日クトゥルー神話では深きものどもの族長夫婦のような扱いだが、ここでは秘的な存在として扱われていて、もう少し越的な存在である事を匂わせている。

後にヘンリーカットナーが、宇宙空間に漂う灰色液の塊として描いている。『魂の射出』というオカルトパンレット地球バラ撒き、魂をアストラル界に放ってしまった人間達のを首から上ごと奪って自らの原形質状の身体に植え付けている。「魂の射出」を作成したのが何者かは判っていないが、信者達が作ったか、ハイドラの化身か何かが人間の中に紛れて作ったものだと想われる。

後にリンカーターが、カットナーの作品に気付かずに、ハイドラをダゴン女性版とし、しかもグレートオールド・ワンではなくレッサーオールド・ワンとした。ロールプレイングゲームも、これを導入した。

後にカットナーの作品が発掘され、ロールプレイングゲームで「なるハイドラ」とは異なるハイドラとして導入された。この種の場合、片方を片方の化身としてしまえば事は済むのであるが、そうしなかったのはダゴンとの兼ね合いかも知れない。いずれにせよ、リンカーターのせいで、カットナーのハイドラは「なるハイドラ」とは別物にされてしまったのである。旧支配者となっているが外なる神と書かれた文献もある。さて、どちらだろうか。

知的種族の頭部とを吸収することによって生きる吸血鬼のような存在で、異界の次元に棲んでいるという。別名〈千の顔を持つ〉。その次元に行くためには幽体離脱を行なう方法が知られ、『魂の射出』にはその方法が載っているという。アストラル体となってハイドラの領域へと引きずりこまれるのだ。決して崇拝されるようなではない、とされている。

這いよれ!ニャル子さん」では、ルルイエ直行の水上タクシーダゴン君彼女で同じく水上タクシーのハイドラちゃんが登場している。その他、「マジック・ザ・ギャザリング」の大クリーチャーや「ダイの大冒険」の要人物のモデルとして抜される事もある。


関連動画



■sm28643544[ニコ動]

■sm102579[ニコ動]


関連商品


 ■az4488523013
■az4878920491
■az4757741421


関連コミュニティ


■co4188


関連項目



最終更新日: 18/06/27 23:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ