ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハイパーヨーヨー


ヨミ: ハイパーヨーヨー
掲示板をミル!
16カキコ!

ヨーヨーヨーヨーメーカー・ショップ一覧バンダイ > ハイパーヨーヨー

ハイパーヨーヨー(Hyper Yo-Yo®)とは、バンダイから発売されていたハイパーヨーヨーである。

バンダイから発売されていないヨーヨーについては「ヨーヨー」の記事を参照。
ラップユニットハイパーヨーヨ」については、「hy4_4yh」の記事をか作ってください。


概要


バンダイから発売された競技用ヨーヨーシリーズ
1997-2001年頃、2003-2004年頃、2010-2014年頃の3期にわたり、断続的に発売された。

ヨーヨーを振り下ろすと下で空転するスリープという機を標準で搭載している。これにより、多種多様なトリックを行うことができる。
CMPVストリート系のイメージや、中村名人THP-Jなどスタープレイヤーの活躍から人気を博した。
90年代後半の第1期には、玩具店・量販店で売り切れが続出するほどの大ブームを巻き起こし、たまごっちと共に当時のバンダイを支えた。

現在ヨーヨー界における日本勢の活躍は、このブームが育てたと言っても過言ではない。
事実2000年代前半頃の世界大会日本人上位は、この頃からヨーヨーを続けているプレイヤーが占めている。
また、ブーム終了とともに辞めたものの第2期、第3期ハイパーヨーヨーの際に復帰し、現在世界で活躍しているプレイヤーしくない。


時期


ハイパーヨーヨーの展開は断続的であり、それぞれ第1期~3期と呼ばれている。
詳しくは以下の記事を参照。


名称について


スリープヨーヨーをすべて「ハイパーヨーヨー」と称したり、ハイパーヨーヨータグをつける人がいるが、ハイパーヨーヨーはバンダイの登録商標である。
バンダイ発売でないヨーヨーを「ハイパーヨーヨー」と言うのはゲーム機を何でもファミコンというようなもので、正しい言い方ではない。

なお、断じてスーパーヨーヨーではない。 


ハイパーヨーヨーの「偽物」について


第1期ハイパーヨーヨー期に、ハイパーヨーヨーの類似品が多数登場したが、これらは「ハイパーヨーヨーとは別のヨーヨー」というだけで、偽物」ではない

ハイパーヨーヨーしか使えないのはバンダイ催の大会だけである。
一般の大会では、原則としてヨーヨーの機種に対する制限はない。
ヨーヨーに本物も偽物もない。

ただし、ハイパーヨーヨーやメーカーロゴを使用した、正正銘のブランドは別である。
第1期ハイパーヨーヨーで出回ったヨメガヨーヨーの偽ブランド品については、「ヨメガ」の記事を参照。


プロモーター


第1期の中村名人が有名だが、第2期はナショナルヨーヨーマスター長谷川貴彦、第3期は当時のジャグラーヨーヨープレイヤーが名前を変えてプロモーションに参加していた。

詳細はリンク先を参照。


ハイパーヨーヨーオフィシャルトリック


ハイパーヨーヨーオフィシャルトリック

第1期・第3期には、けん玉段位認定のような認定レベル制度が存在した。
特定トリッククリアすると「レベル」として認定され、ライセンスカードがもらえる。

第1期では、先着順で特製ヨーヨーがもらえたり、「チーム・ハイ・パフォーマンス・ジャパン」加入へ挑戦できたりした。


ラインナップ


バンダイ内製のハイパーヨーヨーは少なく、多くが海外ヨーヨーメーカーからのOEM販売である。
ハイパーヨーヨーはこの手の販売形態としてはしく、元のブランドの名前を全面的に出して販売している
例えば、ハイパーヨーヨー版でも「バンダイファイヤーボール」ではなく「ヨメガ・ファイヤーボール」である。
これは名前が「スピンフェニックス」に変わっても同様である。

ほとんどが元のヨーヨーと名前を変えて販売されている。
第1期・第2期は元の名前に「ハイパー」をつけただけのものが多い。
第3期は全く違う名前がつけられている。

安全対策や改造防止などの観点から、元の機種と若干仕様が違う場合がある。例えば、スピンフェニックスヨメガ・ファイヤーボールの同等品だが、軸が片側しか外れないようになっている。これは、トッププレイヤーの間で流の「ナイスペ化」ができないようにするためと思われる。

以下に、メーカーごとのラインナップを示す。( )内の数字は時期。定価は税抜き。
は、大百科記事あり。ただし、一部例外を除き、記事は海外版の名称で作成されている。

ダンカン

Duncan Toys

1929年創業の老舗玩具メーカーヨーヨーを初めて大量生産したメーカーである。
第1期の時点ではラインナップが固定軸機種ばかりであり、安いが低性というイメージが定着していた。

第2期の時には、ダンカンを復活させた名機「フリーハンド」が登場。当時破損のため製造中止となっていた「フリーハンド1」を復刻させたことは高く評価されている(当時出ていたフリーハンドは「フリーハンド3」とよばれ、形状が全く異なるものだった)。2004年世界大会では、多数のダンカンプレイヤーオリジナル版ではなくハイパー版のフリーハンドを選択した。

なお、2002年プレイマックスを買収しており、第1期で同社のプロヨーブランドとして発売されていた機種は、第2期以降ダンカンブランドで発売されている。

名前 定価 元になった機種 備考
ハイパーインペリアル(1)[画像を見る] 680円 インペリアル 下記3機種と同等
ハイパーグロウ(1)[画像を見る] 680円 グロインペリアル インペリアルと同等
ハイパーネオ(1)[画像を見る] 680円 ネオ インペリアルと同等
ハイパーミッドナイト(1)[画像を見る] 680円 ミッドナイトスペシャル インペリアルと同等
ハイパーパピヨン(1)[画像を見る] 680円 バタフライ
ハイパーホイールズ(1)[画像を見る] 880円 ホイールズ
ハイパープロ(1)[画像] 680円 プロフェッショナル
ハイパーループ(1,2)[画像を見る]
ウッドバレット(3)
(1)1500円
(2,3)800円
プロヨー 1期はプロヨーブランド
ハイパーループグロウ(1)[画像を見る] 1700円 プロヨー ハイパーループと同等
ハイパーループフライ(2)[画像を見る] 800円 プロフライ オリジナルより重い
ハイパーワスプ(1)[画像を見る] 5000円 ターボバンブルビー 当時はプロヨーブランド
フリーハンド(2)[画像を見る] 2600円 フリーハンド1
フリーハンドZERO
カウンターウェイト付属
のちにZEROとして発売
ウインドオービット(3)[画像] 1800円 スピードビートル 付属スペーサーなし
フレイムウイング(3)[画像を見る] 1800円 ドラゴンフライ
メタルバレット(3)[画像を見る] 1200円 プロヨー ウッドバレットボールベアリング仕様
スパークバット(3)[画像を見る] 900円 バタフライXT
ソニックブレス(3)[画像を見る] 1200円 Pro-Z 元になった機種よりも先に発売された
トルケーヴ(3)[画像を見る] 5500円 トルク プレミアムバンダイ限定

ヨメガ

ヨメガ

史上初のオートリターン機種・ブレインを開発したメーカー
90年代トップブランドとして君臨しており、現在ルーピングヨーヨーにおいては同社の「レイダー」が圧倒的シェアを占めている。

第1期では、高価だが高性ヨーヨーというイメージであり、大会出場者のほとんどがヨメガ製のヨーヨーだった。
第2期以降は、価格定により当時の半額程度の価格で買えるようになった。


次へ»
最終更新日: 19/01/21 23:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ