ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハギト


ヨミ: アニエハギト
掲示板をミル!
42カキコ!

亜贄萩斗(及びハギト・フェムトとは、PSO2にて2016年5月11日実装されたマザークラスタの使途とその武器である。

なお、この項ではハギト・フェムトと同時に出現する『幻創戦艦・大和』についても並行して記述する。

CV鈴村健一


ようこそ!我が概要へ!


亜贄萩斗(あにえ はぎと)はNPCとしてストーリーに登場する。エーテル通信を利用したアプリ提供する会社「YMTコーポレーション」の若社長軍事オタクYMTの社名はヤマトから取ったほど。

最終的に自らの具現武装である『エメラルドタブレット』を全自立AIハギト・フェムトに作り替え、兵器として好き勝手に暴走する様を見て悦に浸りつつ傍観する事になる。

彼に生み出されたハギト・フェムトとは12人専用クエスト解き放たれし鋼の威信』で戦うことができる。

クエストオープニング(A.I.Sによる降下フェイズ)と前半戦(生身での地上戦)、後半戦(A.I.S.に乗っての上・中戦)の2パートに分かれる。
前半戦ではオープニングで幻創戦艦・大和(以下:幻創大和)の移動を封じるために一面氷漬けになった日本を進み、ハギト・フェムト率いる幻創種の軍勢を倒していく。中盤からハギト・フェムトの操る幻創大和からの支援撃による弾幕が展開され、さらに進むとハギト・フェムト本人が現れる。ハギト・フェムト本人を含める出現した敵すべてを倒すと幻創大和の甲に乗り込み、ほぼ無敵状態になったハギト・フェムトスルーして台を破壊することになる。
この段階に入ると(ダメージ自体は通るが)ハギト・フェムトの耐久が跳ね上がるため、基本的には視して台を攻撃していった方が駄がい。

台を破壊するとムービーが入り、幻創大和が浮上する。この時点でハギト・フェムト本人は幻創大和に引き籠り、幻創大和及びハギト・フェムトから高エネルギー反応が確認されたということでプレイヤーは一時的に回収される。一旦態勢を整えた後、めてプレイヤー側はA.I.S.で迎撃に出る事となる。初期状態の幻創大和は全体がバリアに覆われた状態で潜航と浮上を繰り返しひたすらプレイヤーから逃げ回る。左右のコア台を破壊することで解除でき、艦首と艦尾に追加でコアが出現。その後、もはや歴史上の大和とは特に関係の兵器(※)で武装して撃を行ってきたり、フィールドの端に極大ミサイルを召喚したりする。ミサイル召喚後はコアが露出し弱点となる

倒した際に幻創大和固有のドロップとして得られるものは
A.I.Sの武装を模した、PPの回復速度の低下と引き換えにクリティカル率と威が増加する「D-A.I.Sシリーズ
武器を変更せず敵を倒し続けることで威が上がる「大和シリーズ
自動でHPが回復する「セイガー」シリーズ

などがある。
これらの武器はコレクトシート『鋼の威信コレクション』でも配信されていた。
現在、『鋼の威信コレクション』は2016年8月10日をもって配信が終了されているため、アークス各員は注意されたし。

現在トレジャーショップにて『鋼の威信トリガー』が販売されている事があるため、予告外で挑戦したい場合こちらを購入し受注する必要がある。

※設定上、幻創大和は作中で「幻創種」というカテゴリエネミーに該当する。このカテゴリは「地球の人々の恐れや想像が『エーテル』という粒子を介して具現化したエネミー」である、とされている。つまり幻創大和自体は言うなれば「戦艦大和の形状をした分かりやすい恐怖・想像の具現」と言えるため、たとえ史実とかけ離れた兵装であろうと、それを想像して恐れる人々がいる限り具現化し得る。なるほど確かに「戦艦」ひいては「戦争」と言えば万人に通ずる暴力、万人に通ずる恐怖であり、幻創種がこのような形を持って具現化出来る理由も納得がいくだろう。


無駄な詳細はやめたまえ!


ルーサーに続いてアークスのおもちゃ二号となっている。
この項ではPSO2ストーリー上で登場する亜贄萩斗と、『解き放たれし鋼の威信』で登場するハギト・フェムトの2つを個別に紹介する。

特にハギト・フェムトのクエスト中の台詞がやたらと強気でくためアークスの記憶に残りやすく、実装後じわじわとどこぞの敗者さんのようにMAD材料としてアークスのみんなに笑いを届けている。


さぁ!ひれ伏したまえ!関連動画の時間だ!



■sm28907206[ニコ動]

■sm28855224[ニコ動]
■sm28886503[ニコ動]
■sm28886135[ニコ動]
■sm28893409[ニコ動]


この関連商品はこちらが掌握している!


ハギトに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


見よ!この超越した関連項目を!



最終更新日: 17/01/13 12:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ