ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハドソン


ヨミ: ハドソン
掲示板をミル!
178カキコ!

ハドソン』(Hudson)とは、英語圏の姓、人名である。

このほか、以下のことを表す。

  1. かつてゲームソフトを作っていた日本の『株式会社ハドソン』(Hudson Soft Company, Limited)。
  2. カナダにある湾。ハドソン湾。
  3. アメリカ合衆国にある。ハドソン
  4. ジョジョの奇妙な冒険の登場人物であるジョナサン・ジョースターディオ・ブランドーが通っていた大学
  5. 蒸気機関車軸配置。アメリカ式ではハドソン、日本国式では2C2と表記。1.の社名の由来でもある。

本記事は1.について説明する。


概要


かつて本社は北海道札幌市にあった(その後の本社は東京都港区にあった)。

ボンバーマン桃太郎伝説高橋名人などがあまりにも有名であるが、8ビットパソコンの時代には、ビジネスソフトや開発ツールなんかも作っていた。その頃のBASICで作られたプログラムには、決まって「0 REM HUDSON SOFT ミソラーメン グループ」という見出しが付いていた。

そのほか、PCエンジンCPUグラフィックチップを開発するなど、ハードウェアにも強い企業だった。
シャープ任天堂NECとの関わりが強かった。 


歴史


ハドソン ハチ助

1973年札幌市アマチュア無線ショップを開業したのが始まり。

その後、創業者がアメリカへ視察旅行をした際にパソコンマイコン)を発見。1975年ハードウェアの販売、1978年北大に在学していた学生を集めてパソコンソフトの開発、販売を開始。
シャープBASICオリジナルOSの開発をするなどしてソフトハウスとして成長していく。

1984年ファミリーコンピュータ初のサードパーティとして家庭用ゲーム業界に参入。参入第一弾のソフトロードランナー」は100万本をえる大ヒットを記録した。
その傍ら、ファミリーベーシックソフトウェア開発を担当。培ってきたBASIC開発を活かし、専用BASICを作った。 

さらに、コロコロコミックと協して行ったゲーム大会「ゲームキャラバン」がハドソン宣伝部の高橋名人とともに一大ブームを巻き起こし、ファミコンブームを後押しすることとなる。
ファミコンブームの出せば売れる時代のなかで、社員で海外旅行をするが、「ファミコン子供を食い物にしている」という少なからずのバッシングがあった最中だけに、任天堂山内社長はその行動に批判的だったという。
しかし、ゲームキャラバンにて「ゲームは一日一時間」という標を作り、ファミコン社会イメージの向上に大きく寄与した。

その後、NECと共同でPCエンジンを開発。PCエンジンでは特に広井王子率いるレッドカンパニー制作に携わった「天外魔境」「銀河お嬢様伝説ユナ」「空想科学世界ガリバーボーイ」などが有名である。

FC時代は、他社が年に発売できるタイトルは三本という制約があるなかで、ハドソンは年に五本発売できるという優遇された部分もあり、ゲームメーカーの一つといえる存在だった。

PCエンジンが栄えていた時代では、PCエンジン本体の開発に深く関わったこともあってか、表向きはサードパーティであったにもかかわらず、ロイリティ収入が相当あり、これを元手にPCエンジン100本以上の作品をリリースしたり、ゲーム事業に参入して今までの事務所では手狭になってきていたレッドカンパニー浅草のビルをポンと買ってあげたりしていた。

しかし、PCエンジンの後継機であるPC-FXで大失敗した上、SFC時代、PS時代と年を経るにつれ、「ボンバーマン」「桃太郎電鉄」といった定番ソフト以外になかなかヒットする作品は出ず、その存在感は薄れていってしまう。

さらにメインバンクであった北海道拓殖銀行の破綻による資繰りの悪化により、かつてのライバルであったコナミ子会社として下入りすることとなった。

とはいえ、ハドソン名義で発売はしていないものの「マリオパーティシリーズは累計で900万本ほどの売上を誇るなどゲームメーカーとしてまだまだ健在であった。が、しかし・・・・・・

2012年3月1日に親会社であるコナミデジタルエンタテインメントがハドソンを吸収合併することが決定。これに伴い、企業としてのハドソンがゲーム業界から姿を消すことになった

その後はコナミデジタルエンタテインメントが、ハドソンブランドおよびハチマークを承継、引き続きハドソンブランドでの製品を販売することを発表した。リリースはこちらから。[外部] また「マリオパーティ」に関してはスタッフの一部が発売元である任天堂子会社エヌディーキューブに移り同社で開発を行うこととなった。

だが、ハドソンがブランド化されてからも新たなゲーム等も発売されずに2013年末にハドソンブランド自然消滅。

公式ホームページコナミデジタルエンタテインメントページリダイレクトされるようになってしまいハドソンブランドもわずか2年で幕を下ろした。

それからしばらくもハドソンの流れをゲーム制作すらされなかったが、近年はボンバーマンRぱにっくボンバーなどで旧ハドソンタイトル復活を図っている。特にハドソンの看の一つであった桃太郎シリーズは一度はコナミさくまあきらとの確執で袂を分かったものの、2019年には和解したのかコナミから桃太郎電鉄シリーズの新作が発表された。またボンバーガールは近年のアーケードで大爆発と言えるほどのヒットを飛ばしている。コナミの得意技である美少女化で発表当初は敬遠されたものの、ベースであるボンバーマンシステム完成度の高さと、コナミいい意味でノリの良さが合わさった良作と評価されている。ハドソン時代のリスペクトもしっかり織り交ぜている点は旧来のファンをも唸らせた。

また、近年8090年代レトロゲーム機の名作たちをまとめた「〇〇ミニ」というゲーム機シリーズが各メーカーから発売されているが、コナミデジタルエンタテインメントからPCエンジン mini2020年3月に発売されることになった。50本以上のタイトル収録が発表されており、Super CD-ROM作品なども入っている。更にはPCエンジン海外版であるターボグラフィックス作品も収録される。なおAmazon専売商品になっているので購入の際は注意。


主な作品



関連動画



■sm3538510[ニコ動]

■sm4096395[ニコ動]


関連商品


■azB001C5Q2QI
■azB000068I0X
■azB000068I0Y
■azB000068I13
■azB000068I16
■azB00006LJVJ
■azB0000ZPTPG
■azB0000ZPTVU
■azB000069U56


関連コミュニティ


■community


関連項目



関連外部リンク


ハドソン 公式サイト[外部]
Yahoo!ファイナンス (株)ハドソン銘柄情報
(株)ハドソン【4822】:銘柄情報 - Yahoo!ファイナンス[外部]
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=4822.J[外部]

最終更新日: 19/11/22 16:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ