ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハドソン川の奇跡


ヨミ: ハドソンガワノキセキ
掲示板をミル!
44カキコ!

ハドソン川の奇跡とは、アメリカで発生した航空機事故において起こされた奇跡である。

USエアウェイズ1549便不時着水事故のこと。

事の末を評価したニューヨーク州知事の言葉「miracle on the Hudson」(ハドソン奇跡、ハドソン川の奇跡)に由来する。

クリント・イーストウッド監督による2016年映画についてはハドソン川の奇跡(映画)を参照。


概要


2009年1月15日、発進直後にバードストライク(飛行中の突する事故)で両エンジンが停止し、飛行不能に陥ったUSエアウェイズ1549便は、直ちに不時着を試みようとするが、不時着する為の滑走路まで飛行する事すら不可能であった。

この為、機長であるチェズレイサレバーガー3世氏以下乗組員は、近くにあったハドソンへの不時着を決断。唐突な交信内容に空港管制官がクエスチョンマークをつける中、見事に着を成功させた。不時着時の衝撃は大きくなく、荒っぽい着陸程度であったと言う。
(離陸直後で高度、速度共に低かった事、広い幅等が着の成功に大きく寄与しているとされる。航空機自体も、万が一に備え、着出来るような構造はしている)

その後、乗客乗員は飛行機の上で救助を待ち、近くに居たハドソン観光フェリーや、追って駆けつけた湾警備隊などに全員事救助された。ハドソンは氷がる程の極寒であり、10分水の中に居たら凍死してしまう程寒かったらしく、周辺船舶によって速な救助が行われた事も幸運であった。

航空機事故で着して全員事だった、と言うのは歴史的にあるにはあるが極めて稀な話で、これを成功させたサレバーガー氏は一躍時の人となり、アメリカ英雄と賞賛された。

ちなみにサレバーガー機長は元は軍に7年所属し、F-4戦闘機を乗り回していた元大尉(退役時)。民間転職してからもあわせれば、パイロット40年、飛行時間は2万時間に迫るベテラン飛行機野郎であり、様々な賛辞にも「訓練した事をやっただけ」と至極謙虚な回答をしている。

サレバーガー機長は同年10月、同じ路線で機長に復帰し、事故当時の副操縦士と共に、今度こそフライトを遂。翌年3月パイロット引退した。

事故機は引き上げられた後、現在ではカロナス航空博物館に展示されている。


関連動画



■sm5868801[ニコ動]


関連商品


■az4863890915


関連項目



最終更新日: 17/07/16 18:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ