ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハリケーンラン


ヨミ: ハリケーンラン
掲示板をミル!
1カキコ!

ハリケーンラン(Hurricane Run)は、2002年まれのアイルランド産・フランス調教の元競走馬・元種

の初年度産駒として凱旋門賞キングジョージVI世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(以下キングジョージ)などの大競走親子制覇を成し遂げたことで知られ、そしてキングジョージでは日本ハーツクライらと歴史的な死闘を演じたことでも有名ななのになんで今まで記事がなかったんだろう。


概要



血統


Montjeu(モンジュー)、Hold On(ホールドオン)、Surumu(ズルムー)という血統のアイルランドモンジューにとってはハリケーンランらの世代が初年度産駒である。

凱旋門賞エルコンドルパサーの夢を阻んだことで日本でも非常に有名だが、現役時代後半の成績が芳しくなかったためか種としての当初の評判はあまり良くなく、1年の種付け料は同じタイミングで種入りした2000年欧州年度代表Giant's Causeway(ジャイアンツコーズウェイ)の1/3以下であった。

ホールドオンドイツで、ハリケーンラン以外の産駒はHibiscus(ハイスカス)がドイツGIIIを1勝したのが最高。自身のにも重賞がポツポツいる。ちなみにドイツといっても土着系ではなく元々はイギリス系で、ホールドオンの5代Ribbon(リボン)はイギリス牝馬三冠(1000ギニー・オークスセントレジャー)で全て2着というヴィルシーナみたいな戦績を残している。

ズルムーは独ダービーだがそれ以上に種としての活躍がめざましく、同のリーディンサイアーを6回獲得し、種として独ダービー親子制覇などの活躍を挙げて3年連続でドイツ年度代表になったAcatenango(アカナンゴ)やミラノ大賞典を勝ったPlatini(プラティニ)を送り出したばかりか、としても大種Monsun(モンズーン)を輩出し、ドイツ競馬の血統史において欠かせない存在の1頭に入るであろう活躍を遂げた。


嵐の前夜


2004年10月ロンシャン競馬場1800m戦でデビュー。生憎の不良馬場だったが好位追走から々抜け出し、2着に2身半差をつけて快勝。2歳時はこの1戦のみでシーズンを終了した。

3歳になるとジョッケクルブ賞(通称:ダービー)を標に4月2200m戦から始動し、不良馬場を物ともせず先頭に躍り出ると、大きく左側によれつつ2着に3身差をつけて勝利。続けて出走したオカール賞(GII2200m)では4戦敗で前走ノアイユ賞(GII)を圧勝して単勝1.4倍の支持を受けていたRuwi(ルウィ)との対戦となり、しかも初の良馬場となってどうかと思われたが、堂々と好位から突き抜け5身差で圧勝した。

そして3戦敗で出走したジョッケクルブ賞(GI)(この年から2400m→2100mに短縮)では、ルウィの他に前年のカルティエ賞最優秀2歳プール・デッセ・デ・プーラン(通称:2000ギニー)を勝っていたShamardal(シャマーダル)と同レースの3着Gharir(ジャリア)などが出走していたが、それでも子制覇を期待されたハリケーンランが単勝オッズ2.2倍で1番人気となった。しかしレースでは直線入り口7番手から逃げるシャマーダルをよく追ったものの、同をクビ差捉えきれず2着となり、初の敗戦となってしまった。

このレースの後、ハリケーンランはモンジューでもあった大マイケル・テイバーにトレードされ、上もそれまで乗っていたクリストフ・スミヨン騎手からキーレンファロン騎手に交代した。

勝負も新たに臨んだダービーでは、2歳GIのレーシングポストトロフィーを勝った段階でダービー補と言われ、その評判通りに英ダービーを5身差で圧勝した同Motivator(モティヴェイター)こそいなかったものの、英ダービー2着でこれもモンジュー産駒だったWalk in the Park(ウォークインパーク)などが参戦したが、それでもハリケーンランは単勝1.8倍という人気を集めた。そしてレースでは最後方で直線を迎えたところから猛然と追い込み、先行策から逃げ込みを図った人気薄のScorpion(スコーピオン)をギリギリで測ったように差し切って勝利した。

ちなみにこのスコーピオンモンジューであり、モンジューは1年の産駒でいきなり英ダービーワンツーフィニッシュを、それも全て異なるで決めてしまうという爆発ぶりを見せつけたということになった。


ロンシャンに嵐吹く


の最大標を凱旋門賞(GI)に定めたハリケーンランは、3歳限定のステップレースであるニエル賞(GII2400m)から始動。単勝オッズ1.18倍という圧倒的人気に違わず公開調教のような々とした走りを見せ、3身差で楽勝した。

迎えた本番、凱旋門賞。ここには古混合のGIで2度2着になって古相手でも引けを取らないことを示していたモティヴェイターやダービーの後にパリ大賞典・セントレジャーとGIを連勝していたスコーピオンに加えて前年の覇者Bago(バゴ)、オークスヴェルメイユ賞を含めて5連勝中のShawanda(シャワンダ)、前年のカルティエ賞最優秀ステイヤーであるWesterner(ウェスターナー)などが参戦していて、これまでで最も厚い層を相手にすることになった。

モンジューの時ほどでないにしても湿った馬場で行われたレースは、ハリケーンラン営とウェスターナー営のペースメーカー逃げる展開となり、番手にウェスターナーやスコーピオン、モティヴェイターが好位、ハリケーンランやシャワンダが中団後方、バゴが最後方という位置取りで進んだ。そして最後の直線、内から抜け出したモティヴェイターを外からウェスターナーが交わしたところでハリケーンランは内ラチ沿いから一気に加速。ウェスターナーに2身差をつけてゴールを駆け抜け、高らかに凱旋門賞子制覇の凱歌をあげた。

その後はブリーダーズカップ・ターフに向かう予定だったものの、これを体調不良で回避。それでも6戦5勝2着1回の戦績を評価されてカルティエ賞年度代表・同最優秀3歳に選出されたほか、レーティングでも130ポンドで世界1位となった。

ちなみにハリケーンランとモティヴェイターが大暴れしたり英ダービーで産駒がワンツーしたりした結果、モンジューまだ1世代しか走っていないにも関わらずこの年のフランスのリーディンサイアーとなった。また英ランキングでもデインヒルに次ぐ2位(モンジューサドラーズウェルズは3位)に食い込み、ハリケーンランらが生まれる前の評価がのようにサドラーズウェルズ後継と噂されるようになった。


4歳前半、そしてアスコットの激闘


4歳初戦は5月アイルランドカラ競馬場で行われるタタソールゴールドカップ(GI)から始動。ハリケーンランとの対戦を避けた営が多かったことに加え、馬場が重くなったこともあり僅か3頭立てとなった。レースでは押し出されるように先頭に立ち、そのままGI4勝の5歳Alexander Goldrun(アレクサンダーゴールドラン)に7身差をつけて逃げ切って圧勝した。

続けて挑戦したサンクルー大賞(GI)では、前年のこのレース2着のPolicy Maker(ポリシーメイカー)、前年後半に英チャンピオンS・香港カップと連続で2着に入ってようやく頭を現してきた6歳馬Pride(プライド)、前走イスパーン賞でGI初制覇したLaverock(レイヴロック)などを相手に単勝1.22倍の人気に推された。レースではペースメーカーを見ながら番手を進み、最後の直線で堂々と先頭に立ったが、追い込んできたプライドハナ差で差し切られて2着に終わる。

そして、ハリケーンランはアスコット競馬場で行われるの大一番・キングジョージVI世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス(GI)、通称「キングジョージ」に駒を進める。ここには有馬記念ディープインパクトに土をつけ、ドバイシーマクラシックでは4身差で圧勝した日本ハーツクライと、ドバイワールドカップを勝ったゴドルフィンElectrocutionist(エレクトロキューショニスト)との3強ムードとなり、本はその中で単勝1倍台の人気となった。

ファロン騎手レース直前に詐欺共謀容疑で逮捕されて英国内での騎乗停止処分を受けた(最終的には拠不十分で無罪)ため久々スミヨン騎手が手綱を執ったハリケーンランは、スタートするとペースメーカーの後ろの離れた2番手を追走。4コーナーで先に仕掛けて前に出るエレクトロキューショニストと外から並びかけるハーツクライを見ながら最後の直線に入った。直線では最初こそ手応えの悪そうな場面があったが、残り2ハロン辺りからいつも通り内ラチ沿いを強に伸び、最後はエレクトロキューショニストと一旦は先頭に立つ場面があったハーツクライを差し切って勝利。3頭の間の差は僅か半身ずつであり、まさしく全てを尽くした闘と呼ぶに相応しいレースであった。


激戦の果てに


戦のキングジョージを制したハリケーンランは、再びファロン騎手とのコンビ凱旋門賞連覇をしてフォワ賞(GII)に参戦したが、前年のブリーダーズカップ・ターフを皮切りに3連勝を達成し、その勢いでここに臨んでいた前年の凱旋門賞4着Shirocco(シロッコ)にクビ差で敗戦。本番の凱旋門賞ではパリ大賞典を勝った3歳Rail Link(レイルリンク)や三冠馬ディープインパクトを迎え撃つ立場となり、ハリケーンランはディープインパクトに次ぐ2番人気に支持されたが、いつも通りインからスパートしようとしたところで失速してきたシロッコにまともに進路を塞がれ、接戦の末に3位で入線したディープインパクトの2身半後ろでゴールディープインパクト物問題で失格になったため最終結果は3着に繰り上がったが、消化不良気味の敗戦が続いてしまった。

辱を期すハリケーンランはチャンピオンS(GI)に出走。ファロン騎手の処分が続いていたため今度はマイケル・キネーン騎手が騎乗し、英ダービーSir Percy(サーパーシー)を抑えて1番人気に支持された。そして前走と同じ轍は踏まぬとばかりにNotnowcato(ノットナウケイト)と並んで積極的に先行し、失速したノットナウケイトに単独で先頭に立ったのだが、ここで後ろからプライドが飛んできて差されてしまい、更に最後にはブービー人気のRob Roy(ゼンノロブロイ)にもアタマ差で交わされて、プライドから3身差の3着に敗れた。

その後、スミヨン騎手とのコンビアメリカに遠征してブリーダーズカップ・ターフ(GI)にに出走。4歳になってからGIを3勝して本格化したEnglish Channel(イングリッシュチャンネル)、アイルランド生まれだったがこの年にアメリカに移籍しGIを2勝していたCacique(カシーク)、前年の凱旋門賞で10着に敗れ、1年間休養してこのレースの1ヶ前に復帰したばかりのスコーピオンらを抑えて1番人気に支持されたが、いつもの勝ちパターンと違って大外を通ったことを差し引いても脚色が非常に悪く、結局生涯最悪の着順となる6着に敗退。これを最後に競走馬引退した。

通算成績は14戦8勝2着3回3着2回。重馬場巧者だった点も、4歳後半になって成績をガクンと落としたのもモンジューとよく似ている。ちなみにハリケーンランのダービー以降の出走歴はジャパンカップに出走していない点を除いてのそれと全く同じなので、ハリケーンランが勝利したGIは全て子制覇ということになる。


種牡馬として


モンジューの有後継の一という期待を受けてアイルランドクールモアスタッドで種入りしたハリケーンランだったが、初期の種成績は期待にべてあまり良くないものだった。それでも重賞は散発的に出ていたが、が初年度から大暴れして、最終的に英ダービーを4頭も輩出したことを考えれば物足りないと言わざるを得ないだろう。


次へ»
最終更新日: 19/09/18 19:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ