ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハロプロ研修生


ヨミ: ハロプロケンシュウセイ
掲示板をミル!
41カキコ!

『ハロプロ研修生』とは、ハロー!プロジェクトへの正式所属をしている研修生のグループ
旧称ハロプロエッグ。

概要

2002年ハロー!プロジェクト・キッズオーディションに続き、次世代のハロー!プロジェクトメンバー育成を的として設立された。2004年2006年にハロプロエッグのオーディションが行われ、2007年からは常時募集を行っている。
メンバーの多くはこれらのオーディションの合格者であるが、他にも中国からの留学生メンバーや、モーニング娘。オーディションなどのアップフロント催する別のオーディションを受けたメンバーも在籍している。また2014年11月に活動停止したNICE GIRL研修生から一部メンバーを編入している。

初期から現在まで、メンバーの立場や取扱われ方は様々な変遷を経ている。特に2010年2011年には大幅な革・研修制度の変更が行われ、すでに高校生以上になっている、あるいは2011年度で在籍6年になるエッグメンバー(=3期生以前のメンバー全員)は強制的に卒業させられた。一部ではこれをエッグ粛正と呼んでいる。2011年に加入した11期生が粛正後最初の新加入メンバーとなる。
2011年11月ごろからは名称を「ハロプロ研修生」にめ、正規メンバーとの格差をはっきりさせるようになった。14期生(2012年2月加入)以降のメンバーが最初から「ハロプロ研修生」名義で研修を受けているメンバーになる。
実質的に以前と変わっていない部分もあるものの、表立った変化としては以下の点が挙げられる。※一部例外あり

応募資格にも変遷があり、当初は小学1年生から18歳までとなっていたが、年齢制限しになっていた時期もあり、大学卒業後にエッグに加入したメンバーも存在していた。既婚・未婚問わずという条件で募集していた時期もある。
現在の応募資格は小学4年~中学3年の女性東京アップフロント本社)でのレッスンに通える人、特定事務所レコード会社に所属していない人、となっているが、アップフロント催する別のオーディションコンテストを経て研修生に配属された場合はこの限りではないその他にも川村文乃のように、過去の活動の内容によっては年齢制限をオーバーしていても例外扱いで研修生入りできるケースもあるようだ。

2012年には研修生初のオリジナル曲彼女になりたいっ!!!」が発表され、翌2013年ハロコン(Hello! Project15周年記念ライブ 2013 WINTER ~ビバ!~/~ブラボー!~)では研修生のみで「彼女になりたいっ!!!」を披露。
更に2013年4月からPigooにてハロプロ研修生のレギュラー番組「ハロプロ研修生のただいま研修中!」の放送が開始、YouTubeでハロプロ研修生公式チャンネルが開始、10月からBS日テレでも週一レギュラー番組「おねだりエンタメ!~ はぴぷれ」が一年間放送され、2014年5月にはローティーン向けファッション雑誌「ピチレモン」新専属モデル佐々木莉佳子を送り込み2015年12月号限りで休刊してしまったが、アンジュルム加入後の2016年からseventeen専属モデルに移籍した。2015年度の「おはスタ」新おはガール井上玲音を送り込む・・・等々研修生の露出が活発になってきている。(ちなみに現在ハロー!プロジェクト総合やハロプロメンバー個人のレギュラーテレビ番組はあるものの、ハロプロ正規グループ個別のレギュラーテレビ番組は存在しない)

研修生の主な活動

な活動はハロー!プロジェクト正規メンバーバックダンサーライブイベントの出演、ドラマCM舞台への出演等がある。「ハロプロエッグ」名義だった時代は、一部選抜メンバー音楽ユニット (ともいき・木を植えたい音楽ガッタスMilkyWay等)やフットサルチーム (Gatas Brilhantes H.P.リトルガッタス) へ参加することもあった。

新人公演/発表会

研修の成果を発表する場として、年に4回(概ね3月6月9月12月ごろ。若干前後する場合あり)、コンサートと同じ形式でパフォーマンスを披露する新人演が行われている(ただし2011年は1回のみ)。
2007年5月13日に旧渋谷公会堂(当時の名称は渋谷C.C.Lemonホール)にて「第一回 ハロー!プロジェクト新人演 〜さるの刻〜/〜とりの刻〜」のタイトルで初演が行われた。
研修制度革により2010年11月の新人演をもって一時中断した後、翌2011年9月11日横浜BLITZで行われた「ハロプロ エッグ 2011 発表会〜9月の生タマゴShow!〜」から現在と同様の形式の「発表会」となった。
発表会では研修生オリジナル曲以外に、各回ごとにハロプロ先輩の曲を披露する限定ユニットが組まれる。ユニットや歌割りは事前のレッスン中に行われるオーディションによって決められるが、メンバーは本番までに頻繁に入れ替えられる。場合によっては演当日に販売されるパンレット完成した後にメンバーが交代したり降ろされたりすることもある。
以前は全ての演が首都圏横浜BLITZで行われることが多く、同所はエッグヲタにとって「聖地」とされた。)で行われていたが、2013年に初めて大阪6月)、名古屋9月)で演を行い、12月には東名阪3カ所でミニツアーを行った。それ以降東名阪ミニツアー形式の演が定着しているこのミニツアー2015年以降、全演がZepp系列のライブハウスで行われている。Zepp系列のライブハウスでは入場時の1ドリンクに豊富な種類のペットボトル飲料を用意しているが、このペットボトルにはおまけとしてZeppロゴが入ったペットボトルホルダーが付いている。そのため、バッグやリュックZeppペットボトルホルダーを大量にぶら下げているハロヲタは、研修生発表会に通い詰めている=研修生ヲタである、と見なしてほぼ間違いない。

春の公開実力診断テスト

定期的に行われる新人演とは別に、2013年からは5月ゴールデンウィーク連休中に中野サンプラザで「開実診断テスト」を行うようになった(前年までは非開で行われていた)。このテストでは各研修生が自ら選曲した曲を、自ら選んだ衣装を着て客前で披露し、講師・ハロプロOG(出演するOGテスト当日発表)ら審員と観客からの投票で優秀者を選出・表し、最多得票者に「ベストパフォーマンス賞」が与えられる。
なお、2016年頃までは「開実診断テストベストパフォーマンス賞を取った研修生はデビューできない」というジンクスまことしやかに囁かれていたが、2016年に受賞した笠原桃奈がほぼ即座にアンジュルムに加入し、さらに年末に前年の受賞者だった加賀楓モーニング娘。に加入して以降パッタリと止んだ。現在では歴代ベストパフォーマンス賞受賞者は全員が何らかの形でデビューできており、このジンクスもすっかり過去の物となっている。

歴代各賞受賞者

2013年
※結果的につんく♂が審した一の開実診断になった。この回のみソロパフォーマンスの前に、研修生を3組に分けてダンスを踊らせ、グループでのダンスを審するダンスが設けられていた。

つんくシャ乱Qハロプロ総合プロデューサー)、まことシャ乱Q)、みつばちまき(ダンス導担当の先生)、小川麻琴(元モーニング娘。

2014年
※この回からソロパフォーマンスのみで審する現行の形式になった。

橋本慎(アップフロントワークスレーベルマネージャー)、まこと上野まり子(歌唱導の先生)、みつばちまき
ゲスト吉澤ひとみ(元モーニング娘。

2015年

橋本慎、まこと上野まり子、みつばちまき
ゲスト高橋愛(元モーニング娘。)、徳永千奈美(元Berryz工房ハロー!プロジェクト アドバイザー)

上記各賞に加えて、清水佐紀井上ひかるに特別賞を与えている。

2016年

橋本慎、まこと上野まり子、みつばちまき
ゲスト清水佐紀(元Berryz工房ハロー!プロジェクト アドバイザー)、熊井友理奈(元Berryz工房

2017年
※初めて現役ハロプロメンバー卒業間際ではあったが…)が審に加わった。

橋本慎、まこと上野まり子、みつばちまき
ゲスト熊井友理奈矢島舞美℃-ute)、中島早貴℃-ute

各賞発表後、川村文乃段原瑠々・一伶奈のデビュー内定がサプライズ発表された。

2018年


次へ»
最終更新日: 19/08/16 13:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ