ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハングル


ヨミ: ハングル
掲示板をミル!
167カキコ!

ハングル(한글)とは、朝鮮語 (韓国語) 等を表記するための音素文字朝鮮文字とも言う。

このページユニコード文字が使われています。
IE6のユーザIE7以上で閲覧ください。

概要


李朝第4代の王である世宗が、1446年に「訓民正音」の名前で布した文字である。実際に広く使われるようになったのは18世紀以降になってからである。韓国および北朝鮮で使用されている他、最近ではインドネシアのチアチ公式文字にも採用されている。

子音と音の要素 (字) を組み合わせて1つの音節文字を形成するという方式である。表音文字の一種であるため、字に対応するローマ字を覚えてしまえば、とりあえず読めるようになる(ただし実際は文の最初かどうかや前後関係で発音が微妙に変わることもある)。漢字文化圏で生まれた文字ということもあって、韓国語には漢字の音読みが多く、さらに英語読み(いわゆるカタカナ英語韓国語版)に近い発音の単も多い。このためハングル文字が読めるようになるだけでも、何となく意味が分かってしまうことすらある。

2009年10月7~10日にソウルで開催された第一回世界文字オリンピック大学院大学催、ハングル学会など後援)においてハングル1位となり、世界最高の文字と認められた。

なお北朝鮮ではハングルの「ハン」(「偉大な」の意)と韓国略称である「」が発音が同じなので、名称が「チョソングル」(朝鮮文字の意)にされている。


日本国内の街で見かけるハングル


日本国内では2002年日韓ワールドカップをきっかけに、観光地などにおいて(少なくとも首都圏では)今まで英語しかなかった案内ハングル表記がみられるようになり、小田急線東急線などの名表示にもハングル表記が登場するなど、ハングル文字を見かける機会が増えている。最近では羽田空港に直結する京急線の発案内が多国語表示になり、名にハングルしか表示されないタイミングが出てくるほどになった。ただ、その一方で、ここまでする必要があるのか疑問視するもある。

対馬ではかなり以前から交通案内標識などでハングルを併記している。


字母表


以下に現在朝鮮語で使用されるハングルの字の表を示す。なおローマ字韓国で使用されている方式で示してある。


初声 (子音)


単子音字
名称 ローマ字 音価 名称 ローマ字 音価 名称 ローマ字 音価
기역 giyeok
(기윽 gieuk)
g /k, ɡ/ 비읍 bieup b /p, b/ 키읔 kieuk k //
니은 nieun n /n/ 시옷 siot
(시읏 sieut)
s /s, ɕ/ 티읕 tieut t /tʰ/
디귿 digeut
(디읃 dieut)
d /t, d/ 이응 ieung - - 피읖 pieup p /pʰ/
리을 rieul r /ɾ/ 지읒 jieut j /tɕ, dʑ/ 히읗 hieut h /h/
미음 mieum m /m/ 치읓 chieut ch /tɕʰ/
重子音字
名称 ローマ字 音価 名称 ローマ字 音価
쌍기역 ssanggiyeok
(된기윽 doen-gieuk)
kk /k’/ 쌍시옷 ssangsiot
(된시읏 doensieut)
ss /s’, ɕ’/
쌍디귿 ssangdigeut
(된디읃 doendieut)
tt /t’/ 쌍지읒 ssangjieut
(된지읒 doenjieut)
jj /tɕ’/
쌍비읍 ssangbieup
(된비읍 doenbieup)
pp /p’/

名称が韓国北朝鮮で異なる場合は、括弧北朝鮮での名称を示した。なお北朝鮮では単子音・重子音ともに「子音+ᅳ eu」という名称も用いられる (ᄀ → 그 geu)。


中声 (母音)


音字
ローマ字 音価 ローマ字 音価 ローマ字 音価 ローマ字 音価 ローマ字 音価
a /a/ eo /ɔ/ o /o/ u /u/ eu /ɯ/
ya /ja/ yeo /jɔ/ yo /jo/ yu /ju/ i /i/
音字
ローマ字 音価 ローマ字 音価 ローマ字 音価 ローマ字 音価
ae /ɛ/ ye /je/ oe /ø, we/ wi /wi/
yae /jɛ/ wa /wa/ wo /wɔ/ ui /ɯi/
e /e/ wae /wɛ/ we /we/

終声 (子音)


ローマ字 音価 ローマ字 音価
ᄀ ᄏ ᄁ ᆪ ᆰ k /k˺/ ᄆ ᆱ m /m/
ᄂ ᆬ ᆭ n /n/ ᄇ ᄑ ᆲ ᆵ ᆹ p /p˺/
ᄃ ᄐ ᄉ ᄌ ᄎ ᄊ ᄒ t /t˺/ ng /ŋ/
ᄅ ᆳ ᆴ ᆶ l /ɭ/

字母の組み合わせ方


上述の「初」「中」「終」の字を組み合わせて、1つの文字を形成する。組み合わせ方は「初+中」または「初+中+終」の2種類である。「初+中」の場合は中の形に応じて以下のように組み合わせる。

なお音のみの場合も「初+中」の形で記述し、この時は初としてᄋを使用する (어 eo)。

「初+中+終」の場合は、上述の方法で初と中を組み合わせ、さらにその下側に終を置く (간 gan、왆 wan)。終の発音は上の表にあるように、初と異なる発音となる物が多い。なおᆪやᆶ等、複数の子文字からなる物は、後ろに音が来る場合は両方の子音を発音する (넓은 neolbeun)。

この他にも単によって音を伸ばして発音したり、終と初が隣り合う場合に発音が変化する等、文字と発音が常に1対1に対応しているとは限らない。


入力方法


ハングル文字検索するにはコピペ検索する方法が手っ取りいが、画像や印刷物のハングル文字は一旦キー(あるいは文字認識)しなければ検索が困難である。

Google翻訳韓国語を選ぶと、キーボードアイコンクリックするだけで仮想ハングルキーボードが現れるので、 これを使うと簡単にハングル文字を入できる。ᄄ などのような重子音字はシフトキーを押した状態で出すことができる。

WindowsIMEにもハングルに対応したものがあるが、ローマ字ではなく、日本語でいうカナ入力のような感じになっているため、キートップハングルの字が書かれているキーボードでないと入しづらい。


参考文献



関連商品


■az4054029280
■azB001NMTI52
■azB000R3ALWW
■azB00008K7CV


関連項目



最終更新日: 14/06/27 21:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社