ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハンス・カール・エミール・フォン・マンゴルト


ヨミ: ハンスカールエミールフォンマンゴルト

[画像を見る]

ハンス・カール・エミール・フォン・マンゴルト(独:Hans Karl Emil von Mangoldt、1824〜1868)とは、ドイツ経済思想経済学者である。


概要


マンゴルトは、1824年にドレスデンで生まれた。ライプツィヒジェノバテュービンゲン大学で法学と政治学を勉強したあと、1847年にはテュービンゲン大学から博士号を取得している。数年の間官吏となったが、リベラル政治見解を表明したことにより辞任させられた。ついで編集に携わったが、またもや政治的理由により解雇される。しかし彼は、もっとも重要な論文「企業者利潤の理論」(1855)を出版したことによってゲッティンゲン大学教授職を得た。

企業者利潤とは、利潤という特異な構成要素のためにチューネンが名付けた用であるが、マンゴルトの著作はチューネンの分析を企業者所得のなかにある異なった要素について底的に分類することに腐心した。その後マンゴルトは著「経済学要綱」を出版し、価格形成に関する開拓者的議論を展開した。

マンゴルトは、企業者利潤の分析ばかりでなく、限界生産説を要素報酬決定のために使用することに関してもチューネンに従った。


関連動画



■sm3353444[ニコ動]


関連商品


■az1144314038
■az1144421039


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 13/09/06 13:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ