ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ハンバーガー


ヨミ: ハンバーガー
掲示板をミル!
136カキコ!
海原雄山 まったく、アメリカ人好みの浅ましい食い物だ!

 ハンバーガー(hamburger)とは、バンズと呼ばれる特殊なパンに、ミートパティと呼ばれる調味された挽肉などを挟んだ食べ物である。日本では、バンズで挟んであれば以外の具材を挟んだ物もハンバーガーと呼称されることが多い。

冒頭にて海原雄山をして「浅ましい食べ物」と称せしめているが、意外にも年収が多い程ハンバーガーに対する出費は高くなる傾向にある (参考[外部]) 。


起源


ハンバーグ(hamburg)の名を持つ通り、パンの間にハンバーグを挟んだサンドイッチが元とされている。

そのハンバーガー製法の始まりはアメリカ合衆国とされているが、何しろパンで挟んだ物であるためサンドイッチと区別がつきづらく、アメリカ内でさえ正確な歴史は記せていない。
しかし、これをドライブイン形式で売り出したマクドナルド兄弟がハンバーガーブームに火をつけたといわれている。


特徴


元がサンドイッチのため、サンドイッチの利点を受け継いでいる。
すなわち、調理にかかる時間が短い、食器を使用せず簡単に食べることができるなどの点である。

その後、マクドナルド兄弟が工場式の食品生産を取り入れたため、安価な大量生産が可になった。
安価サンドイッチ」であるハンバーガーは現在でもファーストフードの代名詞として世界中で人気がある。


バリエーション


[画像]ハンバーガーそのものの基本形はまずバンズの下部(ヒール)を置き、その上にパティ、次いでソース、そしてチーズや具材を乗せ、バンズ上部(クラウン)を戴くことで完成する。

味にバリエーションを出すため、豚肉ハンバーグ以外の食材が挟み込まれる場合もある。世界的にもっともポピュラーなものは揚げた白身魚を挟んだフィッシュバーガーであろう。フィッシュバーガーの代名詞、マクドナルドフィレオフィッシュは、もともとを食さない人向けに考案されたものである。これと同じような発想で、イスラム圏やヒンズー圏などの食制限がある地域にラム肉などのバーガーが提供されている。鶏肉もよく使用されており、カツグリルなどの商品がある。

 日本では特にバリエーションが豊富で、モスバーガーフレッシュネスバーガーを筆頭に様々なハンバーガーが考案された。そのなかでも最も有名なものが、モスバーガーが考案したテリヤキバーガーであろう。いまやテリヤキバーガーを取り扱っていないチェーンは少なく、マクドナルドではてりやきマックバーガーとして一部海外でも販売している。またモスバーガーの地域限定メニューから発展して各地方で「ご当地バーガー」が誕生し始め、日本ではラーメンカレーライスなどと共に洋食の中では全に市民権を得たと言っていいだろう。


欠点


 最大の欠点として、総じてカロリー脂肪分が高いことが挙げられる。パティに油分の多いひき肉を使っているため、ハンバーガー1個あたりの熱量は約300~800Kcalほどであり、この時点で相当高い。「メガ」系のハンバーガーの場合、文字通り1000Kcalをえる場合もある。

 しかもハンバーガーは単体では満感を得にくい特徴があるため、多くの場合サイドメニューと一緒に提供される。その代表がフライドポテトである。フライドポテトは揚げた細切りジャガイモを振ったものだが、この味が飢渇感を促進させる。そこであらかじめポテト辛さを見越してコーラを一緒に注文しておくと、ポテト塩分コーラで打ち消すというサイクルが生まれる。かくしてハンバーガーで満を、ポテト気を、コーラ分と糖分を補給することになり、この「ハンバーガー・フライドポテトコカコーラ」はアメリカでは定番的なメニューとなっている。マクドナルドハッピーセットもこれを踏襲し、「ハンバーガー+フライドポテト+ドリンク」を基本セットとしている。

フライドポテト、即ち油で揚げたポテトは、ハンバーガーをもう1個食べることにほぼ等しいカロリーを持ち、塩分も決して控えめとは言えない。できるだけサラダなどを付けるのが望ましいが、それだと満感が得られない。悩ましい所である。

とりあえずコーラをやめてゼロコーラコーヒーお茶野菜生活にしておこうか。


いろいろなハンバーガー



テリヤキバーガー


日本のハンバーガー業界最大の発明。名前どおり、照り焼きの際に使われる味醂醤油ソースをハンバーガーに応用した一品。モスバーガーが輩出して以来、日本国内のハンバーガーの定番となった。
ビーフまたはポークパティグリルチキンなどを「テリヤキソース」で味付けし、くどい味付けを和らげるためレタスを挟み、マヨネーズソースにする。全ての世代にマッチする和風テイスト日本人にも受け、一気に普及した。現在醤油文化圏を中心に海外でも販売されている。反面、ダイエット敵っぽい栄養価には要注意。それでもついつい食べたくなっちゃう。

アメリカでは、アメリカ人向けに調味された醤油ベースの「テリヤキソース」が流通しており、同地での醤油の大半がこのソースに消費されているという。料理法としての照り焼きと、ハンバーガーのテリヤキの味が違うとされるのはこのためである。


ビッグマック


マクドナルド渾身の一品。クラウンバンズ以外の部分を二段重ねにしたアメリカンな一品。
さらにその上にメガマック、そのさらに上に「テラマック」「ヨッタマック」などが存在するらしい…。

その製法上、値段が常に安定しており、またハンバーガーの値段は(各での)店舗内コストを加味して計算されるため、これを利用した経済数「ビッグマック数」は各間の経済数の一つとして利用されている。


「メガ」ハンバーガー


 全メガブームを巻き起こした、マクドナルドの「メガマック」に端を発する商品群。何がメガかというとパティを2枚乗せてしまったのである。パティそのものを大きくしたのではなく、パティそのものを何の遠慮もなくを2枚乗せてしまったのである。しかもその間には何ら味覚的緩衝材が置かれておらず、単体ではさほどおいしくないとされるパティを2枚乗せてしまったのである。上下段に2枚ずつなので、1つのメガマックにはパティを計4枚乗せてしまったのである。

それまでの健康志向はどこにいったのか疑いたくなるような食的栄養価であったが、若年層を中心に大ヒットした。こちらも多くのチェーン店に飛び火したものの、ブームは長くは続かず市場から姿を消していく。そんな中、火付け役のメガマックがテコ入れを施され「クォーターパウンダー」なる新商品として登場。それに続くようにモスバーガーが「とびきりハンバーグサンド」を発売したりした。過去にはロッテリアも29日(肉の日)限定で「絶品チーズバーガー」のトリプルサイズを発売したりしている。

現在マクドナルドが「夜マック」と題し、ディナータイムパティを2倍に出来るサービスを実施。クォーターパウンダー販売終了後、増量メニューポジションを担っている。


ライスバーガー


テリヤキバーガーと並ぶモスバーガーの2大発明のひとつ。パンの代わりにご飯で挟むという仰の発想で話題となった。意外と安価カロリーの割りに持ちもそこそこという実用性から、モスバーガーの代表商品として定着していくこととなる。現在コンビニエンスストアam/pmのグーサンドとしてもお染み。冷凍食品などでもよく見かける。


ご当地バーガー


2001年前後、長崎県佐世保市の「佐世保バーガー」がブームとなり、全にご当地バーガーなるものが生まれだした。バンズに米粉を使用した「新潟バーガー」、ハムエッグなどの独自アレンジがコダワリの「唐バーガー」、函館市の老舗「ラッキーピエロ」などが話題となり、一挙に知名度を上げる。今後、ご当地ラーメンのように定番化していくのだろうか?


日本で展開されている主なハンバーガー店チェーン



次へ»
最終更新日: 19/11/09 11:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ