ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バクマン。


ヨミ: バクマン
掲示板をミル!
1041カキコ!

バクマン。』とは、2008年から2012年まで集英社週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画である。


概要


真城最高DEATH NOTE』の大場つぐみ原作)・小畑健作画)のタッグ作品。叔父と同じ漫画家している少年最高を主人公としてストーリーを展開している。

現在の『週刊少年ジャンプ』を舞台にしている事もあり、『ONE PIECE』などの作品名も登場したり、実在ジャンプ編集者モデルとした同名編集者も多く登場している他、小畑と親交のある矢吹健太朗の『To LOVEる -とらぶる-』を褒めたり、某長期休載漫画作者へ当てたとも取れる発言があったりもする。また、『ジャンプスクエア』のハゲ茨木編集長(週刊少年ジャンプ前編集長)もごくたまに登場したりしている。なお、編集者が実名で登場する為かジャンプ巻末コメントで他の漫画家が作品について触れる事もある。

絵に関しては、小畑氏にしてはしく、モード(従来通りの絵)とギャグモード崩し絵)のしいギャップの絵が混在している。日常風景では崩し絵を、連載が決まった・仲間に重大な事件が起こった等の重大なシーンでは絵になる。崩す時は小畑絵の原を留めないほどに崩すので、手抜きなのかなのか判断に困る事も。

集英社ヴォイスコミックステーション-VOMIC-[外部]」において、本作の序盤にを当てたボイスドラマが配信されている。キャストには、福山潤(ルルーシュなど)、寿美菜子(けいおん!琴吹紬など)らが参加した。
アニメ版に関してはこのVOMICキャストは継承せず、阿部敦(禁書録・上条当麻など)、早見沙織(そらのおとしものイカロスなど)ら、新キャストが発表されている。

ジャンプ編集部といえばギャグラブコメアンケを稼ぎ、ネット流行あててんのよ」までも生み出した伝説読み切りさえも、連載版を格闘ファンタジー漫画魔改造してゴミ箱送り(打ち切り)にしてしまうバトルジャンキーで有名である(アンケートはがきが、あからさまにバトル展開へ誘導しようとする選択肢ばかりだったり)。
本作中でも、芳しくないアンケート結果を見て、テコ入れするべきか否かの流れで、最も安直な解として「バトル化」をほのめかすなど、ある意味集英社にとって)自虐的な描写もしている。
本作は一見、そういったジャンプ好きする設定と相反しているように見えるが、キャラの立ち位置や主人公標などをバトル物に照らし合わせていくと、

最強ライバル(新妻エイジ)がいて、
では追いつけないのでしてを付けて、
志を同じくする(漫画家の)仲間がいて、
時には彼らと(漫画賞やアンケート結果で競争)バトルして、
手ごわい中ボス(編集長や担当)がいて、
簡単に会うことが出来ないヒロインがいて、
究極の標としてライバルえて(トーナメント優勝のノリ)、
最終的にそのヒロインと結ばれる事、
という非常に王道少年漫画的なキャラ配置及びシナリオ構成になっている事がわかる。


ちなみに、ヒロインの亜豆の所属する声優事務所に関する取材はアイムエンタープライズ等の協で行われている。


主な登場人物


CVは、(A):アニメ版、(V):VOMIC版。


主人公・ヒロイン


真城最高(ましろ もりたか)

CV阿部敦(A)、福山潤(V)

あだ名はサイコー。亜木夢作画担当。本編が始まった時からメインヒロインと両想いというしい主人公
当初は思期特有の冷めた思考をしていたが、シュージン(高木)と組み、亜豆の想いを確認してから後は漫画への熱い情熱と時には常識からはみ出るほどの勢いでもってジャンプ編集部を良くも悪くもかき回す熱血作家
想い果てても漫画の為に命をすり減らし、漫画で命を失った叔父と同じ血を持つからか、入院することになっても漫画を描くことを止めないなど、漫画に命をかけている。作品に関しては熱血ではあるが漫画業界に関しては叔父から得た知識・情報が糧となっており、冷静に状況を見た発言をする。
究極標が「亜豆と結婚」で、そのために「売れて、人気になって、アニメ化させて亜豆にヒロイン声優をやってもらう」のが的で漫画を描いており、また、ライバルである新妻エイジの人気の牙を崩し切れず2度の打ち切りに甘んじる自身の実不足という現実があるため、いわゆるオーソドックスな創作主人公(自覚な天才)の作品にありがちな、積極的な売れ線・け狙いを邪とするタイプ主人公とは趣が異なっている。

とにかく負けず嫌いで、新妻エイジに対してはもちろんのこと、場合によっては婚約者である亜豆に対してもそれは発揮される。

高木秋人(たかぎ あきと)

CV日野聡(A)、立花慎之介(V)

あだ名はシュージン。本作のもう一人の主人公。亜木夢原作担当。コンビの言い出しっぺ。
自身が作劇する上で一番やりやすいのはシリアスでやや王道から外れたストーリー物でギャグは苦手。
元は教育ママ導による英才教育によって東大普通せる様な学力だったが、漫画家学歴はいらぬとあっさりそのを蹴って、サイコーと漫画を究めるを選ぶ。そしていつ立てたかも気付かぬうちに見吉とのフラグが立ってしまいなし崩し的に彼女にする。

連載開始当初はインテリメガネ的な役どころのはずだったが、作家としての経験、漫画の知識や表現の研究、加齢(15歳→19歳)などの要素も手伝って現在はどちらかというとオタクメガネ度が倍増しになっている。女の扱いに関しては天然なのか演技なのか、ともに好感度を駄に稼ぐ傾向があり、※ただしイケメンに限る を地でいく存在。
マンガネタ相談として紅と同盟関係を結ぶものの、その事がきっかけとなって岩瀬とのフラグも立ってしまい、更に岩瀬の仕込んだ自覚な地雷が炸裂して見吉と破局しかけるが、男としてのケジメを付けるために見吉の望む結婚約束という形で事態を収拾する。二回の連載決定を以って香耶と籍を入れ、新居にて同居開始する。

亜豆美保(あずき みほ)

CV早見沙織(A)、寿美菜子(V)

誕生日1993年11月5日 身長152cm 体重40kg(作中2013年時点)

小学生時代にサイコーに一惚れして以来、変わらず彼を想い続けている、近年ではしいメインヒロインの鑑のような存在。
サイコーを思い続ける余り他の男子とほとんど接点を持たなかったため、男子そのものに対する興味は深い(サイコーを少しでも理解したいためと思われる)が恥ずかしくて話しかけられない。
若作りすぎる母親と可憐な、そして邸と、絵に描いたようなお嬢様だが、本人の夢は声優サイコーらのジャンプ作家デビューに先駆け、深夜大きなお友達向けアニメ脇役デビュー。容姿がいいのでご多分に漏れず、アイドル声優のような扱いで、マニアを中心に少しずつ人気・知名度を上げている最中。歌唱は、デビューしたての頃はベタ惚れのサイコーですら認めてしまうほど下手だったが、努トレーニング甲斐あって普通に聴けるように上達した。
木夢サイコー)の漫画が人気になりアニメ化され、そのヒロイン役に自分がキャストされる事が将来の標。それがかなった時にサイコーと結婚したいと考えている(本人大)。なお、それがわなかった場合でも、遅すぎない内にサイコーと結婚したいと思っている。はいはいごちそうさま。

作中のい内に両想いをカミングアウトする展開のためか、囚われのお様という訳ではないが本編になかなか登場することが出来ない不遇のヒロイン(これも旧時代のヒロインの伝統)。漫画家(というより好きな人の夢・標)への理解もあり、好きな人の強い想いを尊重する良妻ぶりがるが、同時にごまかしにも敏感で、好きな人には常に正直でいていてほしいという思いも持っている。

仕事写真を撮られることに関してためらいはないが、写真集やグラビア的な「魅せる」的のものに関してはまずサイコーを思い浮かべて確認を取るといったように、もはや化石的ともいえる貞操観念の高さでもって時に仕事よりサイコーを優先する事もある。

また、自分が言いだしっぺでもある「初のメインヒロインサイコーの作品のアニメで」を守るために、新妻エイジ作品のメインヒロインチャンス(※岩瀬の嫌がらせ)も拒否するなど、プロとしては正直誉められたものではないがいわゆる「彼女」としては抜群の安心感がある。
とにかく義理に厚く、理に合わないと感じたらたとえ婚約者相手であろうと毅然とした姿勢に出る。

見吉香耶(みよし かや)

CV矢作紗友里(A)

亜豆の親友でシュージンの彼女。男勝り運動経抜群、空手も全レベルの腕前とインテリメガネのシュージンと接点のなさそうな存在だったが、シュージンのとある言葉を曲解して告白と受け取ってしまい、勘違いしたままシュージンの彼女となる。元々とちり気質でそれが後に小さからぬトラブルの種となる。

性格自体は気っが良く、口は軽いが義理に篤い。絵心はさっぱりだが修羅場中にはベタ塗りなどの手伝いをすることも。普段は作業場の掃除やサイコーらのお茶くみ・食事係。

亜豆とサイコーがメルアドを知り合う前までは二人の繋ぎ役でもあったが、その後はその役も(展開的な意味で)ほとんどなく、もっぱら賑やかし担当になっている。 サイコーシュージンコンビペンネームである亜木夢(あしろぎ むと)の名付け親(豆++高える)。亜豆の親友であり高木の彼女でもあるが漫画自体に全く関わりのい自分の名前は入れないという、変な所で義理堅くゆかしい一面もある。


漫画家


新妻エイジ(にいづま えいじ)

CV岡本信彦(A)

「常に主人公の前を往く」タイプライバルキャラで、最強ラスボスサイコーらの1つ年上。
漫画作業中は大音量の音楽を流し、漫画効果音なども口に出しながら騒がしく作業する。羽を襟口に挿しまくり、踊るように動き回り、視覚聴覚ともに非常に騒々しい存在感を放つ。振る舞いも言動も常識から少々外れた、いわゆる変人。しかし、漫画家デビューの際、ジャンプ編集長に対して「一番人気の漫画家になったら自分の嫌いな漫画を一つ終わらせる権利をください」と言い放つなど、漫画に関しては好き嫌いの感情を非常に明確に表し、面漫画を読むと非常に機嫌が良くなる。同時に、冷静に作者の作劇心理を推理するなど、鋭敏な感性も持つ。
漫画家としても天才的で、頭の中で既にある程度の原稿状態ができあがっており、漫画作成はそのネームを描き起こす作業でしかない。筆も速く、ネームは1日未満(数時間)、作画も2日で出来上がる。
当初はそのネームに不備があっても摘する人間がいないという欠点もあったが、サイコーが一時的にアシスタントしにいった時期に福田らの摘でネームと打ち合わせの重要性を学んだ。こうして、ただでさえ手強い存在が更に盤石の強さを手に入れるに至る。初連載作品は順調に人気も部数も伸ばし、ジャンプの看作品としてアニメ化もされる。サイコーが漫画家として標とするものをほとんど手にし、互いにライバルと認めるサイコーが這い上がってくるのを待ち続ける最強にして天然漫画馬鹿
サイコーの初連載作品が打ち切りを食らって以降はテンションがた落ちになり、作品はコンスタントに描き続けるものの平丸アンケ順位を追い抜かれたりもした。そんな彼にハッパをかけるべく、編集・服部哲がサイコー、シュージンライバル心を煽るため、岩瀬原作エイ作画の新連載を持ちかけ、テンション再燃。連載会議も見事に通り、原作付きとはいえ前例のない2本同時週刊連載を実現させるなど、その量の底は見えない。
木夢ライバル言するが特にサイコーには一おいており、事あるごとに協的な立場をとる。
恋愛経験はほぼゼロで、好きだった女性は小学2年生時に一緒に遊んだクラスメート。

福田真太(ふくだ しんた)

CV諏訪部順一(A)

広島から上して、アルバイトマンガアシスタントで生計を立てながら、ジャンプの連載作家していた野望と野性味溢れる熱血作家エイジのアシスタント時代に中井サイコーと初めて顔を合わせ、当初は全員自分のライバルとして敵視していたが、エイジのネーム作りの手伝いを通して連帯感を覚えたのか、エイジを含めその時のメンバーを「福田組」と称して仲間ライバル扱いするようになる。現時点(現実2009年12月連載)ではエイジを除く福田組では初連載から一生き残っている。マンガモヒカン頭のアシと、報酬付きのネタ出し会議をしながら描いている。
連載獲得前、連載を逃しても落ち込んだり迷ったりせず次の機会をどん欲に狙いにいくことをライバルに堂々と宣言するなど、ノリと勢い、いつでも自分を崩さないその姿勢が、連載継続ヒントかもしれない。
パイの食い合いになることを承知で紅にパンチラ描写導をしたりと、漫画ライバルと認めた相手にはとにかく義理堅い。そのため色ボケして堕落した中井すら気にかけている。

中井巧朗(なかい たくろう)

CV志村知幸(A)


次へ»
最終更新日: 13/08/24 21:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ