ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バスタード・ソード


ヨミ: バスタードソード

バスタード・ソード(英語bastard sword)とは、中世ヨーロッパで用いられたの一種である。

ヨーロッパでは良くロングソード同一視され、別名ハンドアンハーフソードと呼ばれることもある。


概要


バスタード・ソードは片手でも両手でも扱うことが出来るであり、13世紀から14世紀かけて誕生したとされる(片手半と和訳されることもある)。バスタード・ソードのバスタードは、「雑種」「私生児」の意味を持ち片手用でも両手用でもない、いはその両方を兼ねたということが由来であると思われる。

全長は100cmから130cm渡りは85cmから130cm、重量は1.3kgから1.5kg程度とされる。身形状は、二等辺三角形に近い諸が多いが、片タイプもあった。

日本ではバスタード・ソードとロングソードは別物であり、ロングソードは片手用であるとされている場合が多い。しかし、欧ではロングソードとバスタード・ソードは同一の存在とし、アーミング・ソードまたはナイトリィ・ソードと呼ばれる片手用の発展と考えられている(このアーミングソードというのは日本ではロングソードと紹介されているである)。

バスタード・ソードが誕生した時期は冶技術が伸び、敵の攻撃のしさが増したことで従来のである鎖帷子からの防具を装着していくようになり、その過程でが小・形骸化しつつあった。従来のであるアーミングソードでは攻撃が通用しにくくなったため、防具の進化に対応するようにアーミングソードも大化しバスタード・ソードへと変化していった。

バスタード・ソードは状況によって片手で扱ったり両手で扱ったりする事が出来ることで、あらゆる状況に対応できることができ、汎用性が高く騎士はもちろん、傭兵達からも(や火器等の)補助武器として重宝されていたという。しかし片手で切りつけたり叩き付けたりするには少々重った。どちらかといえばバスタードソードは片手でも扱うことが出来る両手用であり、両手で切りつければの上からでも大きな衝撃を与え、を折ることも不可能ではなかった。ただしり裂くことは困難であったとされ、の隙間からを突き込むことと較すればダメージは期待できなかった。

そのためバスタード・ソードを片手で扱ったり重装甲の相手と戦う際には突きを多用し、軽装の相手や両手で用いる場合は擊を多用するのが好ましいとされた。

バスタード・ソードが武器としてれたのは16世紀頃とされ、この頃になるとバスタード・ソードとその技法はスポーツ化しており、歴史から姿を消したのは17世紀頃であるとされる。


類似武器


バスタード・ソード似た武器としては、中世日本で用いられた太刀大太刀がある。前者に関してはバスタード・ソードと較するとか小さく、バスタード・ソードはほぼ戦争用であるのに対し太刀時・戦時両用等の相違点もあるものの、上では片手地上では両手で扱う、の上から殴りつける攻撃をある程度使うなどの共通点がある。

古代ギリシアで用いられたマカエラという製のは、バスタード・ソードのように片手でも両手でも扱えたが、こちらはどちらかといえば両手使用も出来る片手用といった感じの代物であり、このような個人の特注に近いレベルならば世界各地に存在した。


関連商品


■azB00ACZ7GFK


関連項目



最終更新日: 18/09/02 20:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ