ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バックベアード


ヨミ: バックベアード
掲示板をミル!
170カキコ!

バックベアード [画像]

バックベアードとは、水木しげる漫画作品に登場するアメリカ妖怪

初出は児童作家北川古が発表した妖怪とされる。

概要

水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』に登場する架キャラクターの一つ。鬼太郎の敵として登場する西洋妖怪ボス。夥しい触手が生えたい巨大な球体に一つ姿の妖怪である。

睨まれると強目眩を起こし、登場当時に社会問題化した空気汚染公害の一つ、光化学スモッグ妖怪化したものとの解釈もある。

アニメ版は、富田耕吉、柴田秀勝田中秀幸等の男性声優が威厳のある演技をする役どころである。

原作での活躍

 ゲゲゲの鬼太郎「妖怪大戦争」

界ヶを占領した西洋妖怪ボス。配下の妖怪を使って日本妖怪を次々と倒し、鬼太郎催眠術で操り手下に加えるが、ちゃんちゃんこに乗った目玉おやじを針でひと突きされて死んでしまう。ちゃんちゃんこにはいのでベアードの眼が効きにくかったのである。

最終的には敗れてしまったものの、彼が一番いていたのはこの頃かもしれない。

鬼太郎のベトナム戦記「ゲバラ、ベトナムに現わる!!」

鬼太郎をたぶらかしてちゃんちゃんこを奪った美女妖怪を追いアメリカに飛んだ目玉おやじの前に出現。おやじ美女妖怪の居場所をくと、「美女妖怪ならいま パリにいってるよ」と親切に教えてくれた。

ゲゲゲの鬼太郎「妖怪ラリー」

妖怪ラリーアメリカ代表として出場。魔女を睨みつけてクラッシュさせたり鬼太郎ウイスキーを投げつけて引火させたりと奮戦するが結果は3着に終った。その後結果に異を唱えるが、審判長の舌にびびってあっさり前言撤回するというヘタレっぷりを見せた。

鬼太郎のお化け旅行「ベアード」

隕石の中に隠されたロケット宇宙旅行をするためにイギリスを訪れ、隕石に近づく人間まいを起こさせていたら鬼太郎たちまでイギリスに来て邪魔をされる。っ二つにされても死ななず、鬼太郎ギタギタにしようとするが、催眠術を自分にかけてしまい自滅。袋に入れられて焼かれた。

ゲゲゲの鬼太郎「妖怪ロッキード」

またしても美女にやられて悪人になってしまった鬼太郎を元に戻すために目玉おやじに呼ばれて登場。鬼太郎を正気に戻した後、鬼太郎を乗せて魔女退治に向かった。一反木綿上位互換のような扱いである。
ベアード」に「(月の妖怪)」とルビが振られている。

鬼太郎国盗り物語「妖怪大相撲」

沖縄で開催された妖怪大相撲トーナメントに出場。手足を出してまわしを締めた姿は一見の価値あり。その的は鬼太郎を倒しムーから大を貰うことだった。1回戦では見上げ入催眠術で倒し、準決勝では触手心臓を刺しひひを鬼太郎と決勝戦で対戦し、十八番の催眠術で追い詰めるが鬼太郎の起死回生の一本背負いで敗れた。

 アニメ作品でのバックベアード

5期鬼太郎(07~09年放送)に登場した魔女ザンビア(アニメオリジナルキャラ)の妄想デレデレになったロリコンの様なシーンが存在する。なおメガマガジン2008年2月号の付属のピンナップポスター猫娘入浴をイヤらしいで見ているバックベアードの姿がある。東映さん何やってるんですか。もちろんロリコンのような設定は存在せず、いずれも下記に書かれた二次創作におけるバックベアードファンに対するファンサービス的なものであった。

6期鬼太郎(18年放送)では西洋妖怪編と言う括りで27話から登場。実体ではなく間の隙間から現れるといった独特な設定がある。歴代アニメで一番西洋妖怪ボスとしての威厳が大きいがこの話のキーヒロインである魔女アニエスにかなりご執心でその絡み方がロリコンっぽいと話題に。ただそれは6期鬼太郎独自の設定である「ブリガドーン計画」に必要な存在であるため狙っているのである。

二次創作におけるバックベアード

03年頃に突如ふたば☆ちゃんねる虹裏ロリ画像スレに現れて「このロリコンどもめ!」と言う台詞コラージュが大流行して、2chにまで飛び火し、AAまで作られた。ロリコンを叱りつけるキャラネットで広く定着している。また、ふたば☆ちゃんねるでの二次創作で「ベア子」というがいる設定が付加されている。「たまにはロリコンも良いよね!」のコラも存在する。ちなみに元の台詞は「わしの眼にはいかなるもかなわぬのだッ!」とカリスマ溢れる台詞である。

威厳のあるボス然としたバックベアードがギャップのある台詞を口にする、「ギャップ萌え」を前提とした扱いである。

このロリコンどもめ!」の台詞ベア子は、飽くまで二次創作設定の産物であり、ゲゲゲの鬼太郎ファンや純妖怪としてのバックベアードが好きな妖怪ファンには、二次設定及びその話題が好まれない場合もある。ロリコンネタベア子ネタを使う時は較的広汎に使われるものではあるが、「内輪ネタ」である事を意識するといいだろう。

二次創作設定ネタを逆手に取って原作ゲゲゲの鬼太郎』『墓場の鬼太郎』や水木しげる作品の妖怪世界を知らない人に布教する絶好の機会とも言えるので、この手の偽悪的なキャラクター変・キャラ崩壊ネタもそう悪いものではないとも言える…。

関連動画


■sm213830[ニコ動]

■sm238557[ニコ動]

■sm547105[ニコ動]
■sm2911209[ニコ動]

■sm7123764[ニコ動]
■sm7934259[ニコ動]
■sm3827069[ニコ動]

関連商品

■az4104525022
■azB001ENAJTO
■azB0136DMJI8

関連コミュニティ

■co1634

関連項目


最終更新日: 18/12/12 22:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ