ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バトルガールハイスクール


ヨミ: バトルガールハイスクール
掲示板をミル!
102カキコ!
«前へ
みき (高1、CV洲崎綾)
いわゆる主人公ポジションで、守たちのムードメーカー。どんな時でも笑顔で解決。
普段は香の仲良し三人組で行動している。
ややうっかり者だが、守全体で見ればまともな部類の性格。ただし料理の腕は壊滅的で、多くの登場人物を死の淵に追いやっている。
若葉 (高1、CV佐倉綾音)
フットサル部所属、女子にモテモテのスポーツ少女ボーイッシュな見たに反して可愛いもの好き。自宅が柔道場で、巴投げが得意技である。
みき、香と行動を共にしているが、他が他だけに貧乏くじを引かされる頻度がとても高い。その憤はに行く模様。
(高1、CV雨宮天)
医者フルート演奏が得意、どんな時でも他人をいたわる心の持ち。しっかり者として周囲からも頼りにされているが、決して璧な人格者という訳ではなく、時に取り乱したりムキになったりと弱さや脆さが見え隠れする。
実は天然なのか、時折ズレ気味の言動を見せる他、異次元胃袋を持ち、大人が数人がかりでも食べきれない量の料理気でらげる。みきの料理を「美味しい」と評する一の人物。
天野望 (高2、CV東山奈央)
自他共に認めるファッションリーダーで、将来は母親と同じデザイナー志望。
明るい茶髪テニス部所属と一見イケイケに見えるが、実は男性が苦手。他人の世話を焼くのが大好きで、自分の気持ちは後回しにするタイプでもある。意外にも、体モンスターとタメをる程の運動神経を持つが、一方で学業成績の方は非常に残念だったりする。
向井ゆり (高2、CV上坂すみれ)
曲がった事が大嫌いな風紀委員148cmという中学生組すら下回る身長を誇るが、それを摘するどころか「小さい」という言葉を口に出しただけでキレる。
剣道部所属。飼い犬の名前はセイギとマコト風紀委員ギャルという関係性からか、望とは何かと衝突しがちで、しかし最後は必ず仲直りする親友同士である。
常磐くるみ (高2、CV早見沙織)
常盤くるみ
植物とお話が出来る」としてやまない不思議系女子科学部所属で、たまに白衣を着用した姿を見る事ができる。しかしながら、触れるだけで電子機器を破壊するほどの機械音痴でもある。
初見がいく所はおおよそでも同じだと思うが、でかい。そして3Dモデル仕様上ゆっさゆっさ揺れる。人気投票ではリリース前から不動の一位、もはや王者の格すら漂わせている。
粒咲あんこ (高3、CV内山夕実)
[画像を見る]
入りの引きこもり激辛ラーメンが好物で餡子は嫌い。ゲーセンクイーンだったり、ブログ女王だったりと、その筋では伝説級の人物である。そののせいで、会話パートでやたらと隣の人物に被る。
基本的には極度のめんどくさがりで、のトーンもローテンションだが、ゲーム要素が絡んだりブログネタの匂いを嗅ぎつけたりすると突然やる気を起こす場合がある。実は身長を取るとくるみ蓮華ぐほどの巨乳なのだが、背なのか普段はいまいち立たない。
芹沢蓮華 (高3、CV南條愛乃)
[画像を見る]
可愛い女の子をこっそり見守る事を至上の喜びとする淑女被害に遭うのは明日葉である。ほろ苦い過去を持つためか、男女を問わず人物の洞察に長けるが、それを感じさせない飄々とした性格。
見ただけならお色気溢れるお姉さんで、実際に守屈プロポーションを維持しているが、本人いわくあくまで「淑女の嗜み」との事。しかしたまにキッチリ先生を誘惑するために有効活用してくるので、何と言うかズルい。
明日 (高3/ExtraCV田村睦心)
守のリーダー格。長い黒髪トレードマークの生な性格。実リーダーシップを兼ね備えるその姿は、仲間からも憧れの的となっている。
その一方、実はオバケが苦手、融通の利かなさを蓮華によくからかわれる、生が高じてたまに大ボケかますなど、地味に弱点が多い。好物のお蕎麦に関する事でも、たまに止めが利かなくなる場合がある。
中1から守をしているため、とは1年だけ在学期間が被っていて、彼女たちを先輩と呼ぶ事がある。中1時代の姿は第3部Extraカードとしても使用可
サド (中1、CV悠木碧)
少女。イロウスの出す瘴気の中でも活動できるなど、人類と異なる身体構造を持つが、地球に来る以前の記憶がないため詳しい出自は依然不明。その経緯から孤独を極度に恐れ、優しく接する相手には強く依存してしまう。
一時は地球にやってくる守たちを敵視していたが、色々あってヶ峰の生徒となる。その際にひと着あったとは最終的に親友となり、二人の思い出の品であるたいやきを好むようになる。プレイヤーの事を「おにいちゃん」と呼び慕うようになるが、そのには相変わらずヤンデレの陰が差しており、今後も色々な意味でが離せないキャラと言えるだろう。
(中1、CV久野美咲)
おじいちゃん口調で喋り、一人称は「わし」。自分が本当に中学一年生なのか、たまに自信がなくなるらしい。幼少の頃からおじいちゃん子として育ったためであり、今でも祖の事は「じぃじ」と呼んで慕っている。
スローペースな動きからは想像がつかないが、実はかなりの天才肌。初めて見るダンスステップも一日あればマスターできる。将棋部所属で、そちらの実もかなりのものだが、部員は一人で、ろくに活動していないようである。
ひなた (中1、CV五十嵐裕美)
ソフトボール部の元気っ子。止まってると死んじゃうの?と言わんばかりにとにかくうるさい
中一というにも理があるレベルで言動が幼いが、反対のとは案外いいコンビである模様。
大家族の末っ子で、ハングリーに溢れる一方で甘え上手。運動神経のほか、嗅覚駄に人間離れしている。
千導院 (中2、CV木戸衣吹)
金髪縦ロールにですわ口調という、一見するとテンプレそのまんまのお嬢様キャラ。しかし単なるボンボンではなく、古くから守と関係の深い千導院嬢として、守としての意識は非常に高い。自身の世間知らずを自覚し、絶えず見識を深める事を怠らない努の面もあるが、往々にしてそれがブッ飛んだ方向に発揮されるのはご嬌である。
絵画にピアノ演奏ポエムにと、芸術関係ではかなりの多才。最近は庶民の暮らしに興味が絶えないらしい。
綿木ミシェル (中2、CV加藤英美里)
通称むみぃフランスハーフだがフランス語は喋れず、代わりに「むみぃ」というの鳴きで鳴く。類のぬいぐるみ好きで、本人もぬいぐるみのような恰好をしている。かわいい爛漫な面ばかりが強調されるが、望と並び裁縫の腕前は確か。
一人称は「ミミ」で、他人にもそう呼ぶ事をめている。
朝比奈心美 (中3、CV原田ひとみ)
ちょっと内気な女の子文部所属でロマンチストな反面、怖い話は大の苦手。しかし決める所は決める芯の強さも持ち合わせる。
そしてロリ巨乳担当。ニコ生ぱっつんぱっつん体操着姿を披露させられたり、アニマルコスプレ編ではホルスタインコスプレをさせられるなど、運営自重の気配が全くない。
うらら (中3、CV内田真礼)
アイドル赤髪ツインテールトップアイドルライブには良く行くが、楽しむ事そっちのけで研究に勤しんでいる。
一見するとその場のノリ重視のミーハーで、本人もそれを否定しないが、芯の部分では決して自分を譲らない頑固者でもある。そのため先生に対してはデレデレだが、自身がライバルと認めた相手(心美、花音、ChuuuuLipリーダーとしてのミシェルなど)には強ツンデレと化す。
みきてぃー先輩(みき)、あずっち先輩明日葉)、かえかえ()など、他人に微妙なあだ名を付けるのが好き(?)。

教職員、学園関係者


プレイヤーキャラクター(先生)
プレイヤー分身となる、ヶ峰女学院の新任教師。彼が赴任する所からストーリーは始まる。名前はプレイヤーが設定し、台詞上では「××先生」と表記されるが、ボイスでは単に「先生」と呼ばれる。生徒とはあくまで一線を引いたお付き合いを心掛けているが、割と頻繁に籠絡や泣き落としを食らい、ポケットマネーを散らしている。
女性しかいないはずのヶ峰学園にあって、男性である彼がなぜに選ばれたのかは、ラブコメお約束大きなとされる。
アイドルガールアフタースクール(アドガ)のパラレルストーリーでは、高校教師を退職して上した新米マネージャーという設定になる。
コミカライズ版のアドガおよびノベライズ版には登場しない。そしてアニメでは……
先生 (アニメver) (CV杉田智和)
アニメ版でも存在を削られるだろうという、大方の予想に反して登場してしまった駄にイケボ先生アプリ版より若干シニカルな言葉遣いで、生徒たちを苗字で呼ぶなど設定が一部異なっている。こちらの世界観では、守たちを『なでなで』する事はしていないようだが、テレビCMではその事を残念がっている。
八雲 (ExtraCV日高のり子)
クラスの前任で、チュートリアルの後はプレイヤーとともに守たちの揮をとる。導方針は厳格で、生徒には慕われながらも恐れられている。
5年前の守のリーダーであり、年齢を逆算するとまだ20代前半と思われるが、とある裏シナリオでは親から持ち込まれる縁談に辟易したり、自分へのご褒美として一人でささやかな贅沢を味わったりと、干物化へのを一直線に突き進んでいるようである。
アドガでは、とある芸雑誌の記者という扱い。
御剣 (ExtraCV福原綾香)
衣や武器の開発を担当する教員。気分次第では特訓の面倒を見る事もある。趣味武術の鍛錬と発明。八雲先生とは対照的に大雑把な性格だが、実は学生時代から同期の間柄で、二の友人でもある。現役時代は歴代最強守であった。
その腕は間違いなく有能なのだが、発明品の暴走で山のようなチャーハンをこしらえたり、無茶ぶりな特訓を強行した挙句に生徒を命の危険にしたりと問題も多く、生徒プレイヤーからの評価の浮き沈みがしい。
アドガでは、なでプロオフィスの階下にあるラーメン屋の店
(ExtraCV千本木彩花)
およびと同世代の元・守。 色々とった所の多い他の二人とべると、良くも悪くも常人並みだが、面倒見がよく前向きな性格であった。三人合わせて歴代最強の世代と呼ばれるものの、茉莉自身は他より一段実が劣っていて、衣を覚醒させる事ができず、その事がコンプレックスとなっていた。
3部回想ストーリーで登場し、当時の姿がExtraカードとして操作可キャラとなっている。一方で現在の消息に関しては、彼女を知る者の口は重く、その身上に何かがあった事をわせる。
牡丹 (CV小澤亜李)
ヶ峰女学院の理事長。味方サイドから見てもの多い人物で、調等のため学園を留守にする事も多い。大正時代女学生のような和装をしている。
外見はどの守よりも幼く(恐らく小学生位)、少なくともその容姿に5年は変化がいらしい。と違って正正銘のロリババア

奏乃宮女学院


二部より登場。
ヶ峰女学園のような対イロウス組織がある訳ではなく、普通お嬢様学校のはずだったのだが……

煌上花音 (高2、CV本渡楓)
勝気なショートツインテ義で自分にも他人にも厳しい。特に初対面で突然ずっこけて胸を揉むというToLoveるトラブルを起こした先生は既に人間扱いの範疇に入っておらず、口を開けば罵倒の言葉が出てくる。だがチョロイン
(高2、CV下地紫野)
おっとりとした性格で、先走ろうとする花音をたしなめるポジション大家族の長女で事は万、日頃の節約も欠かさないという完璧超人だが、人が死ぬ系のミステリ小説やスプラッタ映画など趣味若干エグい。先生く、怒らせると花音より怖い。
(ExtraCV伊藤静)
生徒にちゃん付けで呼ばれる系の先生花音穂の対イロウ戦闘サポートを行う、奏宮女学院の教師として登場。同時に芸活動のマネージャーのような仕事も行うなど、気さくなノリに似合わず有能
その後、後述するエリカ幼馴染だった事が明らかになる。高校時代は優等生かつクラス人気者で、将来のパン屋。後に守として覚醒するが……

人類の敵対者


ヴィーナ (CV大西沙織)
サドネと同種族と思われる女性サドネと異なり、何らかの思惑を持って守と対立し、人類排除のため暗躍している。神奈川県海老名市とは関係ない。
アルル (CV田中あいみ)
淫獣マスコットのような何か。性格はゲスで、普段はかわい子ぶっているが、奮するとヤクザ映画の言葉遣いが混ざる。某ゲス淫獣の先輩べると、ストレートにゲスな分まだ可げがあるかもしれない。
アイドルガールアフタースクールのパラレル設定では、なんと本物のパートナーマスコットに抜される。ゲスな性格はほぼそのままながら、全体的に脳味噌の足りないマネージャーアイドルたちに翻弄されつつ、事務所の経営に四苦八苦する苦労人設定が付いた。
イリス (CV???)
ヴィーナアルルボスにあたる人物。2部より登場するが、顔が隠された立ち絵で、の人物として描かれる。

並行世界


現在地球とは違う歴史を辿った、可性の世界

サキ (高1、CV高橋李依)
第4部より登場、季節外れの転校生。本来、ヶ峰女学園以外に守は在学していないはずだが、ミサキは転校々に他の守を圧倒する実を見せつけ、一同を面食らわせた。当初は仲間に心を開かず、守たちのやり方を「甘すぎる」と一蹴していたが、その後色々あって和解。ただしメンバーの一人として染んだ後も、先生に対しては一貫して辛辣である。蓋を開けてみれば重な常識人であり、全に信用できるツッコミキャラは4部にして初めて登場した事になる。
f*fの隠れファンで、カレーにはうるさい。その正体は並行世界におけるみきのみく
エリカ (ExtraCV大西沙織)
第5部より登場。記憶喪失状態でヶ峰女学園に現れた、物の柔らかな女性。だが、守たちは驚愕する事になる。その姿はかつての敵、エヴィーナそのものだったからである。
その後られた過去編によると、当時はギャル然とした見たで、素行不良ながら陰では守をして努する少女だった。高校時代はサバサバした性格だったが記憶喪失時はお淑やかなお姉さん、素に戻るとドギツいサディストと、キャラの変遷がしい。Extraキャラとしては、メインカードにより高校生verと現在verの両方を使用可

その他


ピューちゃん
「観測者」「きイロウス」などと呼ばれる存在。ゲル種のイロウスのような外見を持つが、イロウスとは異なる種族らしい。何の前触れもなくコロニーに出現し、直後に地球ワープするなど未知のを持つ。その的等も不明だが、理事長とは旧知の仲のようである。
過去イベントストーリーにおいて、香のフルートを失敬して勝手に吹くという暴挙に出たため、一部のプレイヤーからの敵にされている。
ロイの人
奪還授業の最中に発見した洋館の。「オバケさん」とも呼ばれる。館にあった西洋甲冑に憑依している。オバケが苦手な一部の守たちを震撼させながらも、彼女らの協を得て本懐を遂げ成仏するが、その後も突然戻ってきたり気ままに過ごしている。
なお西洋甲冑の立ち絵は、彼以外にも千導院の備品など使い回しで登場する。
ひつじぬいぐるみ (CV:不明)
あんこに登場した「ぬいぐるみ」の住人。
しかし本当は……
英雄の像
の別荘の大浴場に飾られていた、半人半の姿をしたキモイ像。
かつてその地を救った英雄の姿を模した物で、因縁の魔女の封印が解かれるのに連動して動き出した。
仮面の評議会
天才ハッカーAZUKI(正体は言わずもがな)の姿を追う集団。
AZUKIの正体を暴くため非な手段(自称)を用いて守たちに迫るが、色々あって守達からは「よくわからないけどなぜか親切なおっさん達」と認識されている。
の支配人
の裏社会を仕切る男。不細工なの姿をしている。
人体改造洗脳、人身売買と、わりと落にならない悪行を働いていたが、守に成敗される。
カボチャ
ハロウィンで現世帰りしたヨロイの人が、冥界滞在時に出会ったという亡霊仲間
ジャックオーランタンを被ったような出で立ち。ハロウィン以外の時期はどうしているんだろうか……

アイドルグループと楽曲について


18人の少女たちはバトルストーリーに加え、アイドルとしてのメディア展開が行われている。
本編中および、スピンオフ企画アドガにおいて、それぞれ設定が存在し、ユニットメンバー衣装等が異なる。


星守アイドルプロジェクト


本編では「文化祭アイドルやりたい」といううらら蓮華希望から「アイドルプロジェクト」が持ち上がった。
文化祭では「プレイヤーによる投票一位になったグループのみ」という条件が付けられたりしたが、別のイベント等の機会を使って結局全グループアイドルデビューした。
デザイナー志望の望による衣装デザインなども手伝って、かなり本格的なステージを任されるに至り、守たちの活動のプロモーションも兼ね全世界テレビ放送されて人気を博す。

Chuuuuu♡Lip

文化祭チーム投票ではチームイエロー。言いだしっぺの意地を見せてチーム投票勝利
しかし良く見ると裏方志望3名にソロ志望1名という、他チームべても明らかフリーダム面子ったチームであり、その辺の温度差を乗り越えてステージに立つまでの過程が一つの見どころにもなった。

Sirius

文化祭チーム投票ではチームブルー地球奪還成功のセレモニーにおいて、「奪還の立役者として何かやれ」と実家から無茶振りを受けた明日葉が、形式上の発起人。
明日葉自身、本来アイドルとは縁のないような遇だったり、5年前に地球を奪われた負いがあったりと、多くのがあったが、メンバー勇気づけられステージに立つ。

Tiara

文化祭チーム投票ではチームレッド地球に戻り、落ち着きを取り戻しつつある人々のため、「山面に咲く」という幻想的なロケーションの下でPV撮影が行われた。
投票時はサドネが未加入であったため参加が危ぶまれたが、他メンバー満場一致彼女を加え、6人チームとなった。

f*f(フォルティシモ)


次へ»
最終更新日: 19/05/31 19:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ