ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バトルフィーバーJ


ヨミ: バトルフィーバージェイ
掲示板をミル!
61カキコ!

バトルフィーバーJとは、1979年から1980年に放映されたスーパー戦隊シリーズ第3作である。


概要がまた出やがった!


東映版『スパイダーマン』(スパイダーマッ)に続く東映マーベル・コミック社の業務提携作品で、スパイダーマンからいくつかの要素を引き継いでいる。90年代中期までは原作石ノ森章太郎である『秘密戦隊ゴレンジャー』と『ジャッカー電撃隊』がスーパー戦隊シリーズに含まれていなかったため、シリーズ第一作扱いであった。
世界各地のダンスを取り入れた戦法が特徴的である「バトルフィーバー隊」と秘密結社「エゴス」との戦いを描く。

シリーズ3作にして、ようやく巨大ロボバトルフィーバーロボ」が登場。
・唐割りを筆頭とする必殺技で数々の悪魔ロボットを葬ってきた。
(厳密にはこの作品では敵怪人巨大化せず、その怪人)である悪魔ロボットを呼び出してくる)
これが好評を博し、次回作以降もスーパー戦隊の戦として登場するのであった。
巨大ロボが登場した事でスーパー戦隊の基本的なフォーマットはより一層形成されたと言えるであろう。

ストーリーとしては、メンバー中2人が負傷いは戦死して交代するというハードな展開に。
官・倉間将軍は生身の状態でも怪人と渡り合える上に敵幹部とタイマンで勝利する強さを誇る。
歴代キャラの中でもチート的存在ではなかろうか。


バトルフィーバー隊


FBIの精鋭が集められた部隊。各員が世界ダンスの達人であり、それを取り入れた戦闘術で戦う。『バトルフィーバーJ』はあくまで番組タイトルであり、劇中では「バトルフィーバー」または「バトルフィーバー隊」と呼ばれる(一応「バトルフィーバーJ」と名乗ったこともある)。事件が起きないときは各員自由に過ごしており、パチンコやショッピングに出かけることもあった。
敵のの前で変身することもあったが、中盤までその正体は知られていなかった。

変身方法は「フィーバー!」と叫びその場で回転するというもの。強化バトルスーツ」は人体のを強化する働きがあり、防弾性にも優れる。「ジェットオン!」のかけ足の裏ジェットが作動し、バトルフィーバーロボへの搭乗に使われる。バトルスーツは通信機のバトルシーバーに収納・携帯されており、基地には予備も置かれている。

二つのと鼻、唇のある人の顔を模したアメコミチックマスクが特徴的で、胸には各々のモチーフとなった国旗デザインされている(本来の形ではないが)。またゴレンジャージャッカーと続いたマントに替わりマフラーを付けている。

伝 正夫/バトルジャパン
BF隊のリーダーアジアを代表する戦士である。文武ともに優れ職務に対してもであり、将軍からの信頼も厚い。

変身後のバトルジャパンマスクスーツ日の丸カラーで、マスクの形状も太陽や火の玉のようである。戦闘の際には空手カンフーを組み込んだカンフーダンスで戦う。共通装備のコマンドバットは双頭のに変形する。
志田 京介/バトルフランス
ヨーロッパを代表する戦士フランス語を交えて話すキザな男で、女性に弱い。フェンシングフランスチャンピオンであり、その腕前は戦いにも活かされている。また美容師としての腕前も相当であり、本人く5年ほどパリの美容院で勉強したらしい。

バトルフランスマスクい(実際は限りなくに近い水色ゴーカイジャーでは白色になってる)スーツで、フラメンコを基にしたスパニッシュダンスで戦う。フラメンコスペインだろ」と言ってはいけない。得意のフェンシングで戦う際には、コマンドバットがエペに変形する。
白石 謙作/バトルコサック(初代)
ユーラシアを代表する戦士中央アジアで生まれた孤児で、将軍に拾われている。一見落ち着いているようで短気な所もあるが、根は優しい。
33話で強化携帯していなかったため、エゴスの弾に倒れてしまう。

バトルコサックスフィンクスロシア帽をイメージした頭部に橙色スーツが特徴的である。コサックダンスを活かした蹴り技の他、コマンドバットが変形した二本のサイで戦う。

演じる伊藤武史は『秘密戦隊ゴレンジャー』で明日香健二/ミドレンジャーを演じている。
/バトルコサック2代目
時代の謙作の先輩で、戦死した謙作の遺志を継ぎ2代目コサックとなった。の名手であり、その冷静な性格からBF隊のサブリーダー的存在となる。

変身後は、パワー体とした戦い方の初代コサックに対し、スピードを活かして戦う。
四郎/バトルケニア
アフリカを代表する戦士ケニアまれの野生児で、臭いで人間に化けたエゴス怪人を見破ることもあった。動物と会話ができ、よく基地に動物を連れ込む。当ページ内の見出しの「また出やがった!」は、エゴスの悪魔ロボが現れた際に彼がよく叫んだ台詞である。

バトルケニア地に黄色が入ったデザインで、マスクには動物や牙のような意がある。アフリカ原住民の舞を基にしたトロピカルダンスや、動物のようなアクションで戦う。コマンドバットムチに変形し、攻撃や移動手段に使われる。

演じる大葉健二は翌年の『電子戦隊デンジマン』にも青梅大五郎/デンジブルー役として出演し、二年連続で戦隊メンバーを演じた。
また、2012年1月21日開予定の『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』にレジェンド戦士として登場し、同じく大葉氏の演じる一条/ギャバン青梅大五郎/デンジブルーと共演することが明らかにされている。
ダイアン・マーチン/ミスアメリカ(初代)
アメリカオセアニアを代表する戦士。元はFBIの捜官で、1話でエゴスを追っている所を誤ってBF隊に捕まってしまう。その後正式にBF隊に加入した。その事件の際、共同で捜に当たっていたFBI官の父親がエゴスに暗殺されている。
24話でがエゴスに狙われ、自身も正体が知られると同時に敵の攻撃に倒れてしまう。その後ミスアメリカマリアに引き継ぎ、と共にアメリカに帰する。

ミスアメリカブロンドヘアーにハイレグのようなスーツと、他の4人以上に異色のデザインとなっている。ディスコダンスの軽妙なステップでエゴスと戦う。コマンドバットは数本のナイフに変形し、手裏剣として用いる。
 
ダイアン吹き替えを担当した小牧リサは、『秘密戦隊ゴレンジャー』でペギー松山/モモレンジャーを演じている。
マリア/ミスアメリカ2代目
ダイアンからミスアメリカを引き継いだ元FBI官。FBI時代はダイアンから導を受けていた。身体手裏剣の腕前はダイアンに劣らず、また変装が得意である。劇中で19歳と判明している。

変身後はダイアン同様にディスコダンスナイフで戦う。

BF隊の戦力


装備

バトルシーバー
隊員の腕に装着されている小通信機。内部には強化バトルスーツが収納されている。
コマンドバット
棒状の共通武器で、各々が得意な武器へと変形させる。
 「スクラムだ!」のかけ中に投げられたコマンドバット合体必殺技ペンフォーが放たれる。初期はロケットに変形し、15話以降は大ブーメランに変形する。
バトルショット5
先端にナイフが装備された拳銃ナイフは発射可で、弾丸が発射される口はナイフの下にある円筒である。

メカニック

ビッグベイザー
海底に存在するBF隊の秘密基地。独自航行を備えている。内部には居住区や格納庫が存在し、バトルフィーバーロボもここで建造された。
バトルフィーバーカー
最高速度:400km/h
BF隊の専用で、ジャパンが搭乗する。普段は連絡員のケイコが勤めているレンタカーショップに置いてある。主任くツケで乗り回しているらしい。
スリーマシーン
最高速度:350km/h
フランスコサックケニアの乗る高性バイク。「フィーバーマシン」とも呼ばれる。
バトルシャーク
全長/150m:重量:8000t、最高速度:マッハ5
水素エンジンにより水中水上中を航行可な万戦闘艦。バトルフィーバーロボ及びその武器の輸送がな役割だが、あらゆる最新兵器を搭載しているため戦闘も十分可オートコントロールによって人で発進するが、基地で待機していたメンバーや連絡員が搭乗することもある。マニュアル操作の場合はバトルフィーバーロボのコクピットから操作される。
バトルフィーバーロボ
全長:58m、重量:3000t、出:500hp/t
将軍が設計・開発した巨大ロボットで、BF隊の切り札。1話ではまだ建造中であり、5話で完成・実戦投入された。バトルシャークによって戦地まで輸送される。ボディはISO製で、巨体ながら機敏に動くことが可。またマッハ10で飛行することができ、初陣ではバトルシャークから発進後に中戦を行っている。な武器は両足に装備された二本の短・ソードフィーバーと、巨大な日本刀・電。他にも数多くの武器がバトルシャークより射出される。両腕にはチェーンが収納されており、敵の拘束などに使われる。必殺技はソードフィーバーを投げつける「クロスフィーバー」、15話以降は電による「割り」を使用する。
鎧武者のようなデザインが特徴的な、スーパー戦隊シリーズ初の巨大ロボ。また、変形・合体機構を持たない数少ない戦隊ロボでもある(他には『カクレンジャー』のファイターや『タイムレンジャー』のプロバイダスなど)。『轟轟戦隊ボウケンジャー』の1号ロボダイボウケンと縁があり、同番組のミニコーナーや『199ヒーロー決戦』で共に技を繰り出している。

国防省関係者


倉間 将軍
の最高幹部にしてバトルフィーバー隊の最高官。エゴスの怪人や幹部と同等に渡り合ったり、バトルシャークバトルフィーバーロボを開発するなど、武道や技術の面でも優れたを持つ。
中原 ケイコ
BF隊の連絡員。基地内で通信業務やバトルシャークの発進準備を行う。ミドリと共にバトルシャーク及びバトルフィーバーロボに乗ったこともあった。表向きはレンタカーショップに勤めていたが、後にスナック「ケニヤ」で働くようになる。
青葉 ミドリ
BF隊の連絡員。普段はレコード店に勤めている。変装が得意。
上野 トモ
ミドリに代わって配属された連絡員。中原姉弟のマンションの隣室に住んでいる。
太郎
将軍が作ったロボット九官BF隊のお付役で、甲高いで彼らを叱責する。

その他の関係者



次へ»
最終更新日: 13/09/28 21:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ