ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バベルの塔


ヨミ: バベルノトウ
掲示板をミル!
48カキコ!

もしかして… →宇宙エレベータ

バベルの塔とは…

  1. 旧約聖書の「創世記」に登場するである。非常に高いものになる予定だったが、の介入により建設は中断させられ、完成することはなかった、とされる。16世紀の画、ピーテルブリューゲルの絵でも知られる。
  2. 横山光輝原作漫画、「バビル2世」で登場する、高性コンピュータの管理する要塞のような施設。主人公たちの拠点。アニメ版では「バビルの」になっている。
  3. コナミ音楽ゲームpop'n music」に収録されている楽曲。 → BabeL(BEMANI)
  4. ナムコからファミコン向けに発売されたアクションパズルゲーム。後に別ハードにも移植された。本稿で解説。
  5. 銀魂に登場するアイテム汚れたバベルの塔

バベルの塔 1階

「バベルの塔」は、1986年ナムコから発売されたファミリーコンピュータゲーム


概要


[画像を見る]

主人公インディーボーグナインを操作して、ゴールまでたどりつくのが的。ゴール中にあったり、落とし穴や越えられない段差があるので、独特なL字ブロックを動かして階段や足場をうまく作っていくことになる。限に復活する敵がいたりと、少々だがアクション要素もあり。

64ステージ。純ブロックを動かす順番に頭を使うステージだけでなく、落ちてくるブロックを回避するステージや、パワーがギリギリのステージなど、様々な趣向を凝らしている。難易度の高いステージもあり、時々クリアが面倒なステージもあるが、ファミコン明期の傑作アクションパズルである(ゲームカタログにも名作の評価)。

エンディングにあるコマンドタイトル画面で入すると、さらに難しい裏の64ステージプレイ

シリーズ化はされてないが、リメイク版がプレイステーション(「ナムコアンソロジー1」に収録)やゲームボーイ(「ナムコギャラリーVOL.3」に収録)でプレイ。また、BGMが「太鼓の達人」や「ファミソン8bit☆アイドルマスター」にアレンジされて収録されている。


オリジナル「バベルの塔」


バベルの塔は表64面、裏64面の全128ステージであり、表、裏とも15面までは最初から自由に遊べるが、16面からはいずれもパスワードの入が必要になる(チャンピオンシップロードランナーと同じようなもの)。なお、当作品ではステージのことをフロアと呼ぶが、この記事では敢えてステージと記述する。ステージ構造は横15マス✕縦28マスXY軸とも0.5マスがあり、石と水晶玉に限り設置可)、下に針山がある。


理不尽なるビッグパスワード


8面おきにステージというのがある。最初からゴールがあるだけという簡単以前のステージだが、ここでゴールする前に特定コマンドを入することで画が表示される。

コマンドヒントはどこにもない。例えば、最初の壁ステージのフロア8での壁画出現方法は「コントローラー右上を押し続ける」である。このフロア8くらいであれば、画の存在を知っていれば、適当にやってれば出るかもしれないが、後半はもっと難しいものもある。もちろんステージの意味に気付けなかったプレイヤーはそれまでである。

また当時の攻略本(双葉社刊)だと

FLOOR 8
戦士たちの間

なる騎士は、右を傷つけた。
上方より落つのおの。
それはたましいの叫びよ。
きつつきの矢のあいずにしたがい、とけいの針は右に回る。

このように、ローラコント呪文とかいうかえってわかりにくいヒントが出されており(というか答えを知ってても解読困難)、正式なやり方は書かれていなかった(ちなみに、この暗号の解読方法は、フロア数にしたがって飛ばして読めばよい。フロア8の場合、8文字飛びに「右上おしつずける」…フロア48なら4字飛び8字飛びの順番であるが、読めない人が多かった)。

特に裏64面のビッグパスワード表示方法は悪さを極めていた(残機を1人にしてから、Bを連続で28回押すとかいう理不尽極まりないものだった)。

画は最終ステージの「ビッグパスワード」の答えとなっており、出てきた順番に並べないとエンディングに到達できない。
間違えると風船割れて残機に関係なく即ゲームオーバーになる。

まあ、コンティニューリスクいし、全部の壁画を出さなくても4、5面もわかっていれば後は総当りでも何とかなるのであるが。

なお、アンソロジー版ではこの不可解なビッグパスワード解読のための古文書が各フロアにちりばめられるようになり、それを手に入れることで食い状態のヒントを解読できるようになる(ただし、場所によっては水晶玉以上に難しい場所にある)。


ナムコアンソロジーのリメイク版


ナムコアンソロジーのVolume1にはこのバベルの塔のリメイク版が収録されている。そしてフロアも一部刷新されており、表バベル、裏バベル、そして背景が凝った新バベルの計192ステージが楽しめる(オリジナルバージョンも操作性そのままに収録)。

ただ、裏バベルと新バベルの前半はまだしも、新バベル後半は、正直クソゲークラス面倒くさい面が多いだけの蛇足である。あと、操作性がかなり異なっており、大きく違う点は以下の通り。

あと、このナムコアンソロジーにはエディットが搭載されており、解禁条件は一回でもリメイク版をプレイすることという親切設計。エディット非公式ソフトX68000版にも搭載されていたが、公式となるとこれが一。一部ファンサイトではこのリメイク版を使ったステージ開しているところもあるので、興味がある人はやってみるといいだろう(ただ、どこも相当難しいが)。

関連動画


■sm19520[ニコ動]

■sm554972[ニコ動]
■sm11709510[ニコ動]

関連商品

■azB000068H2K
■azB0049T9T0U

関連項目


最終更新日: 20/07/20 16:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ