ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バルトアンデルス


ヨミ: バルトアンデルス
掲示板をミル!
9カキコ!

バルトアンデルス (Baldanders) とは、変幻自在に姿を変えていくとされる架の生命体である。バルトアンデルスとはドイツ語読みであり、英語バルダンダースバルダンダーズ、バルダンデルスと表記される場合もある。


概要


16世紀にドイツ作家ハンスザックスギリシア神話プローテウス(海神。捕まえようとすると、その姿を動物木などへとどんどんと変化させて逃れると言われる)から着想を得て創作したものと言われる。

17世紀のドイツ小説阿呆物語』にも登場しており、その中では最初にゲルマン神話をかたどった石像の姿で登場し、その後見る見るうちに動物or植物生物or生物、人工物or自然物、食物or排物など様々な姿に変化し、主人公と対話する。

その『阿呆物語』では口絵にも登場している。文章で説明すると、「の尾を生やし、右足は鉤で左足は蹄、両からはが生えている上半身裸の男。山羊のようなをつけておりが長い。には帯している。仮面を踏みつけている。手に持った本を開いて中身を見せつけながらドヤ顔をしている」といった感じである。

→「お前の説明ではさっぱりわからん!」という人へ
ごめんね・・・「阿呆物語」をキーワードにしてGoogle画像検索[外部]すれば画像が出てくる。

その後、近代となってからホルヘ・ルイス・ボルヘスマルガリータ・ゲレロの共著による『幻獣辞典』で紹介されたことにより知名度が増した。なお「幻獣」と言っても『阿呆物語』の中では高度な知性をうかがわせる会話をしており、というよりは着想元であるプロテーウスのように多神教における魔神のような存在のようだ。


関連作品


バルトアンデルス(あるいはバルダンダースバルダンダーズ、バルダンデルス)という名前のなにかが登場する創作物。


最終更新日: 13/09/09 22:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ