ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バンダイ・ハイパーミレニアム


ヨミ: ハイパーミレニアム

ヨーヨーヨーヨーの機種一覧バンダイハイパーヨーヨー > バンダイ・ハイパーミレニアム

ハイパーミレニアム(Hyper Millennium)とは、バンダイが発売するヨーヨーの名である。


概要


ツイートを取得できません
https://twitter.com/44_notice/status/794134730455203841[外部]

1997年発売。

ダンカン・プロフェッショナル」のOEM版「ハイパープロ」の良版として発売された。
そのため、ダンカンブランドとしてリリースされたが、製造元は中国であり(当時のダンカンは全製品米国製)、バンダイ内製のヨーヨーである。

プロフェッショナルと同じく、薄のボディを採用。
軸は金属固定軸だが、ナイロンコーティングが施されており、摩擦が少ない。
このコーティングは、使い続けるうちにはげたり割れたりしてしまうため、そのときが製品寿命である。

ダンカン固定軸機種は、ほどなくしてヨメガトランスアクセル機種が大人気となったため、ほとんどは忘れ去られるのだが、ミレニアムだけは長いこと製造が続けられていた。
これは、バンダイが持っていたためにダンカンを通さずに製造できた事と、「ループ・ザ・ループ耐久戦による需要があったためである。

ヨーヨー内側の、ループ時にストリングが当たる部分を「コントロールエッジ」というが、当時はこれが高い(中心から遠い)位置にあるほどヨーヨー反転しやすく、ループコントロールがしやすいとされていた。
ミレニアムのような薄ボディはコントロールエッジが最も高い機種であるため、ループ耐久に向いていた。スリープは必要ないため固定軸であることはそれほど問題にはならず、むしろ二重巻きにしてノンスリープ仕様にするために好都合ですらあった。
このような背景から、ループ耐久専用機として推奨されていた。

この傾向は90年代いっぱい、第1期ハイパーヨーヨーの最末期まで続いた。
ミレニアムイヤーの3年前に発売された本機は、第1期の終了年である2000年まで使われ続け、名実ともにハイパーミレニアム」となったのである。

その後は、ループ・ザ・ループ耐久自体が行われなくなり、フリースタイルは「ヨメガ・レイダー一色になった。
ボディ機種は「ヨメガ・レブリム」などが出たが、この頃になるとプレイヤー価値観も変わって「エッジが高すぎても使いづらい」となっていき、ルーピング機種はレイダー形状に集約されていく。


ハイパーヨーヨー1周年記念バージョン


第1期ハイパーヨーヨー1周年を記念した特別バージョン
次世代ワールドビーフェア限定販売。

ツイートを取得できません
https://twitter.com/ryuyakaneko/status/989826402999504896[外部]

派生機種


ミレニアムを使って、各種ノベルティヨーヨーが作られた。
「ハイパーミレニアム」の名は冠されず、「ハイパーヨーヨー」として販売された。
マイメロディたまごっちは「キャラクターヨーヨー」名義。


関連動画



関連商品


■azB00S5HWX50
■azB01GUNYLHI


関連項目



関連Twitter


ツイートを取得できません
https://twitter.com/Ken_46id/status/916900517757968384[外部]
ツイートを取得できません
https://twitter.com/Grindmachine09/status/988421395498516480[外部]
ツイートを取得できません
https://twitter.com/Grindmachine09/status/987341099810226176[外部]
ツイートを取得できません
https://twitter.com/Ken_46id/status/931473764981751810[外部]


最終更新日: 18/06/19 17:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ