ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バンディット


ヨミ: バンディット
掲示板をミル!
4カキコ!

バンディット(Bandit)
とは、英語山賊や盗賊を意味する

バンディットとは、スズキが製造しているネイキッドタイプオートバイシリーズ名である。バンディットとは、英語山賊を意味するである。排気量は250,400,600,650,750,1200,1250ccと多種多様である。番が「GSF」のため、GSFシリーズとも呼ばれる。


250


バンディット2501989年発売。エンジンGSX-R250シリーズのものを一部手を加えたうえで搭載。
ハンドルバーハンドル仕様とセパレートハンドル仕様の2つが選べた。 
1995年には可変バルブタイミング機構が搭載された「V」仕様が発売された。 


400


バンディット400は1989年発売。体構造は250と共有しており、400cc版のみ最初から可変バルブタイミング機構を搭載、フロントブレーキダブルディスク化されており、限定生産(Vリミテッド、VZ)にはメーカー標準でロケットカウルが付いていた。


600・650


バンディット600は海外専売モデル2004年には650ccに排気量が拡大された。


750


GSF750は1995年発売。スズキ伝統の直4油冷エンジンを搭載。教習車仕様も存在したがあまり売れなかったという。


1200・1250


GSF12001995年発売。海外ではバンディット1200の名称で発売。なお番に「S」が付くとハーフカウル搭載モデルとなる。一部は白バイとしても採用された実績あり。2006年9月、排ガス規制の強化の煽りを受けて1200cc版は生産終了となる。
そして2007年1250ccとして復活。燃料供給装置が燃料噴射装置(インジェクション)に変更されたほかトランスミッションが5速から6速に変更。
2010年4月には「F」仕様が発売。海外で発売されているGSX1250FAと同一仕様であり、フルカウスポーツアラーとなっている。(日本では法規制で正規でハヤブサが売れないから苦の策として代用となるバンディット1250Fを売り始めた、という説があるとかないとか…)


関連動画



■sm909952[ニコ動]

■sm10008802[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 15/07/27 07:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ