ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バーサークフューラー


ヨミ: バーサークフューラー
掲示板をミル!
73カキコ!
ゾイド > バーサークフューラー

バーサークフューラーとは、『ZOIDSシリーズに登場するティラノサウルス汎用戦闘ゾイドである。


機体解説


バーサークフューラー
BERSERK FUHRER
基本情報
EZ-49
所属 ガイロス帝国
ネオゼネバス帝国
モチーフ ティラノサウルス
スペック
全長 22.7m
全高 12.3m
全幅 不明
重量 127.0t
最高速 340.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

ガイロス帝国が開発したティラノサウルス汎用戦闘ゾイド
正確にはガイロス帝国内においてプロイツェンが擁するゼネバス閥がニクシー基地にて秘密裏に制作したもので、ベースこそ違うが、RZ-41ライガーゼロとほぼ同じ工程とコンセプトで作られている。

その素体には“ティラノサウルス全野生体ゾイド”のコアが使用され、基本性も“オーガノイドシステム搭載ゾイド”に十分匹敵するレベルに達しており、さらにライガーゼロと違ってや牙だけでなく長い尻尾も元より格闘兵装として備え、そしてティラノサウルスゾイド共通の荷電粒子砲も標準装備しているため素体での戦闘ライガーゼロを軽く上回ると言える。

当然、本機も完成させるには後付けで装甲や武器を取り付ける必要があるが、こちらもライガーゼロとは違ってタイプゼロの時点で豊富な武装が搭載されており、いちいち換装せずとも多的な戦闘をこなす事が出来る。

本機最大の特徴と言えるのが背部に装備されたバスタークローと呼ばれる武器である。
これはマグネッサーシステムを利用して高速で回転する3本のブレードが組み合わさったようなドリル状の武器で、その内側には高出ビームを内蔵し、さらにブレードを展開する事でEシールドジェネレーターにもなり、そして可動範囲の広いアームによりほぼ全方向をカバーできるほとんど隙のい万兵装となっている。

口腔内の荷電粒子砲の方も集束と拡散を切り替える事で威と有効範囲の調節が自在に可になっており、さらにバスタークローからのビームを極限まで増幅してから荷電粒子砲と共に一斉に放つ攻撃の威はこのクラスゾイドとしては最大級のものを誇っている。

他にも背部のハイニューバスラスターや脚部に搭載されたブースターなどにより機動と推進も高く、格闘、射撃、高速のどれにおいても極めてハイレベルゾイドに仕上がっており、計算上の総合的戦闘はあの魔装EZ‐34ジェノブレイカーをもぐとまで言われているが、それでいて論相応のテクニックと相性は要するもののジェノブレイカーよりだいぶ扱い易いゾイドであるともされている。

ライガーゼロと同じく“チェンジング・アーマー・システム(CAS”が採用されているが、元より完成度の高いゾイドであったためか、作られたCASは非常に少ない。

研究と開発こそガイロス帝国で行われたが、上記の通りゼネバス閥が来るべきガイロスへの反乱のために製作したゾイドであり、基本的にそのゼネバスが結成した“騎兵団”と彼らが創り上げたネオゼネバス帝国の占有ゾイドとなっており、ネオゼネバス帝国成立の前後には少数ながらも量産されて中央大陸侵攻作戦からその後の一部防衛戦に使用された。

しかし、ティラノサウルス全野生体ゾイドコアはまだガイロス側に残されていたようで、そのコアは後に共和軍に提供されてRZ-70凱龍輝ベースとなった。


主なCAS一覧


シュトゥルムフューラー

シュトゥルフューラー
 STURM FUHRER
基本情報
所属 ネオゼネバス帝国
モチーフ ティラノサウルス
スペック
全長 23.4m
全高 14.4m
重量 140.0t
最高速 450.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

バーサークフューラーに高速格闘戦用の“シュトゥルユニット”を装備させた形態。

頭部装甲もより頑強なものに変えられ、背部にはさらに大の高機動ブースター、前脚にはジェノブレイカー武装であったフリーラウンドシールドコンパクトにしたようなアクティブシールドとエクスブレイカーを装備しており、その最高時速は400Km/hにまで達し、時に敵機に接近して仕留める電撃戦を得意とするようになっている。

ただし、その分パイロットへの負担は非常にしいためあまり普及はしていない。

ヤクトフューラー

バーサークフューラーに重撃戦用の“ヤクユニット”を装備させた形態。
背部の大キャノンの他、その全身には内部に火器を仕込んだ装甲を装備する事でバーサークフューラーの火力強化を想定した形態と推測されるが、現在まで作られた事はなく設計案のみで終わっている。
ゲームの『ゾイドサーガシリーズなどには登場している。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2101年ロールアウト。本機のプロトタイプライガーゼロプロトタイプと共に西方大陸のニクシー基地にて研究が進められていた。しかし、ニクシー基地への共和軍進撃の際にライガーゼロプロトタイプは共和に奪われ、本機のみが暗黒大陸へと持ち帰られた。

その後、ヴォルフ・ムーロアの操る“騎兵”の指揮官機として完成し、同部隊を率いて共和軍を暗黒大陸へおびき寄せるため帝国軍本土防衛隊を先んじて壊滅に追いやっていった。

そして共和特殊部隊閃光師団”との交戦では僚機が妨電波で敵ゾイドの動きを封じている隙に一方的に撃破していったが、共和軍が支援に寄越したガンブラスターの攻撃で部隊は大打撃を負い、さらにかつてヴォルフがニクシー基地で交戦したレイ・グレックの野生体ゾイドであるライガーゼロの利点を生かした反撃に対してヴォルフもまたバーサークフューラーの野生本に任せた戦法を展開してしい戦闘を繰り広げた。

両機の戦いはヴォルフの臣が操る改造デスザウラーブラッディデーモンの乱入で中断され一度は撤退するが、そのブラッディデーモンの危機の際に舞い戻り、ブラッディデーモンのパイロットを救出した後にめて撤退した。

その後、プロイツェン暗黒大陸で共和軍と帝国軍を引き付けている間に騎兵団は中央大陸へ侵攻、このバーサークフューラーのバリエーション機であるシュトゥルフューラーも活躍し、遂に同部隊はヘリック共和国首都はおろか大陸全土を占領してネオゼネバス帝国を築きあげる事に成功する。

しかし、ライガーゼロと違ってこれ以降は具体的な活躍シーンい。

アニメ

ZOIDS新世紀/ZERO』と『ゾイドフューザーズ』に登場。

/ZERO』では悪の組織バックドラフト団の最終兵器にして同作のラスボスである。
その正体はライガーゼロと同じく“アルティメットX”と呼ばれる自己学習式成長ゾイドとされている。

物語後半でバックドラフト団の手によって地中より発掘され、天才的なゾイド操縦技術を持つベガ・オブスキュラという少年パイロットにして実戦配備される事となる。

初陣では素体状態のままでもチームブリッツの面々を圧倒する実を見せつけ、そしてロイヤルカップにはたった1機で参加、その凄まじい戦闘力で他のチームを次々と倒しては試合を引っ掻き回し、バックドラフト団がゾイドバトルを乗っ取るための布石を打つ。

その後においても内紛から寄越されたジェノザウラー3機の一斉攻撃も耐え切って殺したり、さらに落ちてくるジャッジ衛星荷電粒子砲で消し飛ばしたり、バラッドシャドーフォックスも一撃で破壊したりとそのを弄ぶかのように猛威を振るった。

ライガーゼロとの最終決戦でも豊富な武器と高い基本性で追い詰めるが、アルティメットXとして覚醒したライガーゼロには実戦経験という点で劣ったか次第に圧されるようになり、装甲や武器を尽く失ったうえにベガもまた戦いの衝撃で失してしまう。

それでもバーサークフューラーは止まる事なく暴走を続けるも、最後に荷電粒子砲を放とうとした所をライガーゼロを首に突き立てられ、なおかつ気が付いたベガが緊急脱出したため機を停止し、敗北した。

それと同じ頃にはゾイドバトル連盟の反撃が始まり、バックドラフト団の計画も失敗に終わっている。


フューザーズ』では主人公RDライバルであるブレードの最初の乗機。
本作では別にそれほど特殊な機あるゾイドというわけではない。

明らかになったZiユニゾンの可性が持て囃される中で、先んじてリュックバスターイーグルとの合体を発現してバスターフューラーとなり、RDライガーゼロよりも優位に立とうとしたが、RDライガーゼロもまたファイヤーフェニックスとのユニゾンを可としたため結局は互の状況となる。

それ以降も幾度とライガーゼロフェニックスと交戦するが、なかなかその意は果たす事は出来ず、さらに物語中盤で、ライガーゼロフェニックスマトリクスドラゴンとの戦闘中突如乱入してきたエナジーライガーの攻撃を受けてバスターイーグルもろとも再起不能の状態に陥ったため、遂には戦線を離脱する羽になってしまった。

その後、ブレード凱龍輝乗り換える事になる。


主な機体バリエーション


バーサークフューラー・シャドーエッジ/クアドラエッジ


次へ»
最終更新日: 18/01/20 23:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ