ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


バーミンガム


ヨミ: バーミンガム
掲示板をミル!
22カキコ!

曖昧さ回避


バーミンガムとは以下のものを

  1. バーミンガム-イギリス都市ロンドンに次いで2番の人口を誇っている。
  2. バーミンガム-イギリスの艦船。近代以降は3艘が工している。
  3. バーミンガム-アニメ機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場する架の艦艇。本記事で解説。

概要


地球連邦軍所属。改造艦であるドゴス・ギアについても本記事で解説する。


艦種と名称


戦艦または宇宙戦艦連邦軍の戦艦としては集大成的な艦船であり、分類についての議論はない。

名称の由来は上述の都市名または旧世紀の艦船名から。連邦戦艦名としては典的な傾向であるが、ネームシップのみの建艦となったためシリーズ上の意図は不明である。


建艦までの経緯


一年戦争はその後の宇宙世紀の軍備について多大な教訓をもたらしたが、勝者となった連邦軍では生かされることはなく、MS搭載を持たないマゼラン級(MSを付与されたマゼラン後期との関連は不明)やサラミス級(0083。搭載があったとする説もある)を再工させる。理由については、MS戦を重視してきたレビル中将以下の人材が相次いで戦死し旧来の保守(艦隊戦)が軍政の導権を握ったこと、MS専用艦はその搭載機を含めて多大な費用がかかり戦後軍縮要請がそれを許さなかったことなどが挙げられている。

また、異説として単純に砲術MSを分担するドクトリンが取られたとする説もある。いずれにせよ、このような復古的な艦隊運用思想のもとで建艦が進められたのが本級である。


性能


全長・横幅・重量などについては不明である。ただ、観艦式映像やのちのドゴス・ギアを見る限りでは他の連邦軍艦艇を大幅に上回っており、概ね400メートルから500メートルほどの全長を誇っているのではないかと推測される。

エンジンは熱核ロケット1基、大2基、中2基、小2基。メインエンジンに補助エンジンを付ける点ではのちのサラミス級(Z時代)に近いが、これよりも規模が大きい。配置は船体後部に直接組み込む連邦軍の伝統を踏襲しているものの、数の多さからスマートには収まらず横長でハーモニカ状になっている。のちに流となるムサイ独立エンジン配置への過渡期にあるような印を受ける配置である。

武装はが2連装メガ粒子砲が5基。大のものが単装1基。副が単装8基である。言うまでもなく同時代では最高準の火力であり、のちのネェル・アーガマに匹敵する火力を保持している。

レーザーで連装12基。戦艦としては標準的だが、レーザーであるため相対的な火力では一年戦争期のものより優位である。ただし、これは本級だけの特徴ではなく、同時期工のペガサスアルオンにも同様の装備が施されている。0083年前後は対レーザー化が盛んであったようだ。

ミサイルランチャーは12連装が2基。宇宙世紀の艦艇の中では多いが、さすがに兵装とするには問題があり旧来の戦艦と同数に留まっている。

本級は艦隊旗艦としての役割もめられたため、通常の艦の他にも官用の艦が設けられている。それに伴い、当然に居住性は高かったものと推測される。

これら一連の高性さと引き換えに、MS搭載全にオミットされている。

全体的な船形はマゼランの拡であり、のちのラー・カイラムにも通じる外観をしている。しかし、両級とべると前述のエンジン部の影もあり、正面から見た場合やや横長でべったい印を受ける。


実戦と評価


連邦は本級の工をもってアースノイドの反乱分子をけん制できると考えたようだ。しかし、ネームシップであるバーミンガムは工後の0083年、晴れてコンペイトウ(旧ソロモン)で行われた観艦式に参加したが、ここでデラーズ・フリートによる核攻撃を受け他の艦艇と共に爆沈してしまう。この事件は連邦軍上層部に衝撃を与え、MS体の時代が到来したことをめて認めざるを得ない状況に追い込んだとされる。

一年戦争と同事件においてなすすべなく沈んだマゼラン級と並び、連邦の旧態依然とした大艦巨砲主義徴となってしまった本級だが、いくつかの擁護もある。例えば、前述の分担ドクトリン説によれば、一年戦争期は必ずしもMSだけが活躍した訳ではなく艦隊戦も頻発していたこと、要塞戦には艦砲射撃が有効であったことなどからそれほど不合理ではないとする。また、本来の役割は艦隊旗艦であるため、大規模艦隊戦を前提にするなら必ずしもMSの搭載は必須ではないと言う意見もある(これと対照的な設計だったのがグワジン)。その拠に、連邦は同時期にアレキサンドリア重巡洋艦完成させており、この二艦でタッグを組むことが予定されていたのではないかと言う。

ただ、デラーズ・フリートが少数でも多大な戦果を挙げたように、もはや大規模艦隊戦を前提にすること自体に問題があったとも考えられる。そう言った意味で誤りは大艦巨砲主義的な装備ではなく、ドクトリンそのものにあったと言えなくはない。つまり、教訓を視したのではなく、将来の戦闘を予測できなかったのである。


ドゴス・ギア級


いずれにせよバーミンガムは欠陥艦と言うレッテルられ、一番艦が工しただけで建艦はストップデラーズ紛争を決起に結成されたティターンズは積極的にこの事件の教訓を取り入れ、MSに優れるアレキサンドリア重巡洋艦を優先的に配備させることに成功する。一方、マゼランを中心にした戦艦群はもはや第一線級とは見なされずに退役が始まり、サラミスMSを大幅に拡したサラミス級として再工する。

このまま歴史に埋もれると思われていたバーミンガム級だったが、皮なことにティターンズの艦隊旗艦として再起することが決定され、再び歴史の表舞台に立つことになった(ドゴス・ギア級)。

バーミンガムとの良点としては、MS搭載の付与がある。カタパルトも増設され、計14基と史上でも稀に見るほどの発進を備えた。この増設カタパルトの影により、外観は双胴艦となっている。

武装も大幅に強化され、長身の単装メガ粒子砲が3基、連装副(と言っても通常の戦艦より大)2基に装されている。

また、防御宇宙世紀の艦艇の中ではかなり優れており、メガ粒子砲の直撃にも耐えている。これはバーミンガムも同様(核攻撃に耐えられないのはやむを得ないことであり、観艦式襲撃事件ではペガサス級のグレイファントムも沈んでいる)であったとする説もあり、本級の設計の優秀さを物語っている。


姉妹艦



後継艦


歴代艦艇の中でも存在期間そのものが短く不遇であったバーミンガムではあるが、ドゴス・ギアを含めれば較的長く建艦史に影を与えたと言える。

また、直系とは言い難いがラー・カイラムには船、特に艦の構造にその面影を見出すことができる。


その他よもやま



関連動画



■sm17783248[ニコ動]

■sm5566891[ニコ動]


関連商品


■azB0088VQCBY


関連コミュニティ


■co223


関連項目



最終更新日: 14/02/26 22:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ